サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

中国の民話。絵がとても良い!たまらん!

2016/10/04 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪物に子牛を食べられたおばあさんの所に、サルカニ合戦のように助っ人が集まって、かたき討ちをしてくれます。
助っ人達は七人?もいて、怪物退治というよりピタゴラスイッチみたい。
しかも最初に名乗り出るのが卵に雑巾に蛙って…気持ちは嬉しいけど…君らはいいよって言いたくなる。

ネタバレ。


子牛も丸飲みにされたっていうわりに牙が刺さって血が描かれていて大丈夫!?って思ってたら…


大丈夫じゃなかった。

かたきを討っても子牛は帰って来なかったよ…。
僕が現代のご都合主義に毒されてたんだね。

さすが中国。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/01 01:40

投稿元:ブクログ

中国の昔話。

むかしむかし、ある村に恐ろしい妖怪がいました。村はずれに一人で暮らしていたおばあさんの所に妖怪が押し入ってきた。今日は子牛を食べた妖怪が、明日はおばあさんを食べると言う。おばあさんが「どなたか、たすけておくれ」と泣き泣き歩いていると、たまご・ぞうきん・かえる・こん棒・火ばさみ・牛のふん・石のローラーがおばあさんを助けてくれるという。


読み進めると、なんだかさるかに合戦のような展開。
世界中に似たような話がある不思議ですな。

2 件中 1 件~ 2 件を表示