サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/08/25 13:47

投稿元:ブクログ

某メルマガで執筆者の書評を読み、興味を持ってみたりした訳ですが。

書評の筆者は「西鶴・芭蕉・近松、あるいは蕪村・秋成・馬琴・一茶・南北。。。今も昔も、江戸文学の定番と言えばこのあたりだろう。しかし、こういう優れた「作家」の「作品」だけが「古典」なのだろうか。」と問題定義をして、それら文学の定番を「偏食」と言い換え、江戸文学には「小説・詩(俳諧)・演劇といった近代の「文学」ジャンルには納まりきらない作品が、「文学」以上に多くある。そこを切り落としてしまったら、江戸文学の実態は半分だけしか見えない」のではないかと。んでもって、「従来の定番以外に「古典」たるべき作品を「選び直」」したという。

うーん。確かに、江戸時代の文学というと、近松とか馬琴とか松尾とか、西鶴、京伝…(ついでに風俗は杉浦日向子w)と、教科書選出レベルのものしか出てこんかったわ(何(苦笑

1 件中 1 件~ 1 件を表示