サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/04/24 16:02

投稿元:ブクログ

国際政治学者は現実を冷静に分析して議論を行うのが仕事。その点からみると各国の力関係が国際政治を左右していることは否定できない。軍事力とその脅しによって相手の行動を阻むことがないとはいえない。軍事力によって平和が実現することは実際にあるが問題はその先。抑止力が働かず、戦争がおこる可能性もある。
核に頼ることで、短期的に国際的安全が実現することがある。
今、核兵器が大きな意味を持っているのは軍事大国ではなくて、通常兵器で国防を達成できず、また大国との同盟をあてにできな国。
外務官僚は外交戦略を考えていない。日本の外交戦略を誰が考えて決めているのかわからない。外務省の仕事は基本的に案件処理。本来は現場からkじゃ超に上がったあたりkじゃら外交政策の構想を立てるということをしなければならないのだが、ずっと苦情処理のようなことばかりをやってきて、そのためのトレーニングを積んでいない。個々の案件に取り組む前に外交における基本方針について議論があるべきなのだが、そうした議論がないまま首相や閣僚が外務官僚が定めた具体的な会議の政策方針に縛られているというのが現実。

2014/10/26 12:03

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
領土や権益、歴史やナショナリズムをめぐって一触即発の火ダネがくすぶる東アジア。
その様相は、第一次世界大戦という大破局へと向かった時代を彷彿とさせる。
本書に収録された、各分野の第一人者達による危機的状況の的確な分析からは、新たな安定した地域的秩序を築くためのヒントが見えてくる!
朝日新聞社と集英社の協力により実現した連続講座「本と新聞の大学」第2期を書籍化。
本書は多様な「知」を有機的につなげることで生まれた白熱の講義録である。

[ 目次 ]
第1回 東北アジアと日本の将来を考える(姜尚中)
第2回 アジアの軍縮・軍備管理と日本(藤原帰一)
第3回 世界における歴史認識と日本(保阪正康)
第4回 世界経済と日本(金子勝)
第5回 「中国環境脅威論?」―隣人と向き合う(吉岡桂子)
第6回 メディア激変は民主主義の味方か敵か(一色清)

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2014/06/23 10:52

投稿元:ブクログ

▶ 【本と新聞の大学】第2期 一色清 ご挨拶 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=u-jUDJ7oHnM

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-720745-3

3 件中 1 件~ 3 件を表示