サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

青の母 1 (ACTION COMICS)(アクションコミックス)

青の母 1 (ACTION COMICS) みんなのレビュー

  • 茂木 清香
  • 税込価格:6706pt
  • 出版社:双葉社
  • 発売日:2014/08/20
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/12/25 09:08

投稿元:ブクログ

怖いというよりも不気味なホラー漫画。

母子心中の生き残りで、人が死ぬ時の音が聞こえる絲子。感情を表に出さず人形のようになってしまった少女の心を少しずつほどいていった少年冬弥。そして二人は結婚するために冬弥の実家のある山奥の村へと移り住んだ。幸せなはずの祝言の日、その場に化け物が現れた。

人間にそっくりな人形も不気味だけど、それ以上に村人が容姿も性格も不気味。
祝言で人形供養とか怖いにもほどがある。

「青の母」と「ドブメ」、絲子の間になにか関係がありそう。山の中にすんでいたすずめちゃんとフクロウ兄さんの存在はどう関わってくるのか。
不気味な絵面に気を取られがちだけど、絲子の感情の流れがしっかり描かれているのでしっかり感情移入して読める。

2014/08/21 23:51

投稿元:ブクログ

よくある村ものかなぁというと、
『よくあるのか! ないな!』と、自分でツッコミを入れたくなる。
こんなのが日常茶飯事なら、実家に帰ったら同じようなことが起こるわ! とか思いましたが、日本もまだまだ闇というか、知られていない村や島のしきたりなんかがありますし……。一概に言えないですかねぇ。
まぁ、こんな日常は嫌ですが……。
と話が若干ズレましたが、このお話はまだ一巻ですので、
物語は謎に満ちています(謎しかない
ただわかるのは、救いがないような気もする。

主人公が仮に人間に戻れなくても夫が死ぬまで看病できれば、あながちハッピーエンドといえなくもないですが……人間から人形へと魂がうつせることを考えてみると、逆もできそうな気がします。
どういう条件が必要なのかにもよりそうですね。あっさり戻れるなら、戻って終わっちゃいますし、なんといっても村まるごと敵、そして逃げ道は封鎖されているとなると結構つらい。
そしてあの母親の存在を見る限り、青の母の失敗作なんじゃないかと思う。
意思表示とかないことから、推測するとそんな人間に見えますね。
肉体だけの倉庫みたいな場所に、主人公が最後たどり着いてますからね……。

2015/10/18 21:08

投稿元:ブクログ

山深い閉鎖的な村、古い因習、怪しげな人形、美しい花嫁…ときたら、横溝正史的ミステリーホラー? しかし結婚式の突然の化け物乱入で一気にグロホラーテイストに…。
人形の肢体がエロいとか、鎌を持った老婆に襲われるとか、女の業がぶくぶくと妖化したような化け物とか、良いですね!期待しますよ⁈

2015/03/07 08:46

投稿元:ブクログ

LINEマンガの無料版で途中まで読んで気になったので購入。

幼い頃の悪夢を振り切り、水籠村で結婚式を挙げることになった絲子。そこで見たのは、自分そっくりに作られた「人形」だった。
人形はなぜ作られたのか?村人が話す、青の母とは何なのか?
村の忌まわしき因習に引き摺られ、絲子は再び悪夢の世界へ…。
人間と人形が交錯する村で、悲運に抗いし女性の物語。

2015/12/08 15:56

投稿元:ブクログ

電子書籍にての読了。全体的な雰囲気はpupaよりは良いものの漫画としての面白さに欠けるなーと感じました。

5 件中 1 件~ 5 件を表示