サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/01/20 16:41

投稿元:ブクログ

自律神経を自分で調整する方法が書いてあります。

表題の“口をぱくぱく”という動作ですが、副交感神経を優位にするきっかけになります。

“ぱくぱく”して動く筋肉からの刺激(フィードバック)が、脳と身体をつなぐ神経ネットワークのひとつ“迷走神経”を通じて、自律神経のうちの副交感神経を優位にしていくのです。

交感神経は、外敵と戦ったり食料を獲得するため心身の活性を上げる役目を担っています。昼間の活動時に強く働く神経系であり「闘争&逃走」反応には欠かせません。

逆に副交感神経が優位になると、活動を弱めて個の心身を充実させる準備が整います。ストレスのかかっていた筋や精神の緊張は緩み、身体はキズの消炎や栄養補給・吸収、休息に最適化されていきます。

本書では、副交感神経を優位にするための方法として、“ぱくぱく”という動作で、人類がもともと魚類であったときのフィードバックシステムである迷走神経への働きかけをすることを紹介しています。その方法が丁寧に示されているので、本書に基づいて実践を続けて行くことができます。

また著者は「アナトミー・トレイン理論」にも触れています。

この理論は、筋肉と筋肉を包む筋筋膜が繋がっている縦方向のラインによって、同じライン上にある別の筋筋膜にも緩む効果が現れて不調が改善されるというものです。つまり顔の筋肉が緩めば、すぐそばのライン上の口や首の筋肉や、肩、背中、首のこりも解消されたり、下半身の筋肉にまで影響していくとのことです。

わたしは毎日“口ぱくぱく”を継続してうまく緩むことができていますので、この最新の理論を取り入れていくことは、長い目で見て有効だと感じています。

2015/12/29 22:40

投稿元:ブクログ

口をぱくぱくすることによって迷走神経が刺激されるというもの。
やってみたところ、即効性あり、かつどこでもできる。
西洋医学と東洋医学の両方を学んだ医師が書いているので、ふくらはぎを揉むだけとか今はやりの本とは違って信頼性がある。
患者思いの医師なんだなーというのがわかる。

2 件中 1 件~ 2 件を表示