サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

織田信長(ちくま新書)

織田信長 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

信長像

2015/11/14 17:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KU - この投稿者のレビュー一覧を見る

織田信長は、数ある戦国武将の中でも一番人気がある武将でしょう。「革命児・信長」像に迫る一冊といえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

信長は革命児にあらず!(信長の実像に迫る)

2015/03/15 09:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです。本書の内容には大満足です。
 従来の信長像を打ち破る衝撃的な内容が、全編に亘って展開し、論証されています。以下の通り、本書の内容が簡単にまとめられていました。
 「信長は将軍、天皇や朝廷を自明の権威として尊重している。「天下布武」を宣言したものの、その内容は全国制覇を宣言したものとはいえないどころか、将軍・幕府を否定したものとさえいえない。毛利や武田との抗争も、全国平定の一環とみることはできない。そして宗教については特に在来の宗教権威を否定することはないし、新たに到来したキリスト教に特別の好意をもったとはいえない。これまで信長について言われてきた「革新性」と全国制覇の「野望」は疑わしい(194ページ)」
 「伝統の遵守ではなく破壊こそが進歩を生むとの観念は現代人に馴染み深いが、近代科学以前に生まれた信長の行動を考える場合には、必ずしも適切ではない(203ページ)」
 「諸大名との合議や協調・共存をめざす信長の姿は、たとえ従来の常識的イメージを裏切るものであろうと、当時の人々にとっては何ら違和感のあるものではなかった(208ページ)」

 私自身、戦国時代に現代的思考(=その時代の発想を超えた思考)ができる人間なんているわけがないと思っていました。そして現実離れした超人的な信長像に、長年辟易していました。しかし最近になって、ようやく真実の信長像を描く本が、自称歴史家ではなく、第一線の研究者の方々から続々出版され始めました。やっと、流れが変わってきたのだと安堵しています。
 超人的でリアリティを感じない「天才信長」よりも、当時の常識で思考・行動する血肉の通った信長が成長していく姿の方に、私は魅力を感じます。小説や大河ドラマ等でも、こうした「真実の信長」の姿を描いてほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/26 11:03

投稿元:ブクログ

2012年池上信長論を受けて、信長の行動原理を再検証。ゼミでの研究成果と明記してあるだけあって、最新研究のレビューともなっている。
 そして、信長の行動がいかに「普通であるか」を説明するという流れはもはや研究者のスタンダードな潮流なのだという事も良くわかる本。
 とはいえ、だからこそ信長の「アリの一穴」と秀吉以降の中世-近世の断絶が見えやすくなっているとも言える。

2015/08/15 19:27

投稿元:ブクログ

改革者なイメージがある織田信長であるが、違う角度から見た時実は常識人だった。という仮説を作り上げている。
これまでの専制君主的な信長に魅力を持っていると少々不満がある内容。
しかし、歴史に残る功績を残した信長が常識人出会った事は面白くないかもしれないが、そちらの方があり得る。現代社会でもイノベーションを起こす人は常識人であり保守的な人の方が多い。

2015/11/11 09:21

投稿元:ブクログ

天才でも革命的政治家でもない信長像を掘り下げる。天皇や将軍や世評に気を遣いまくったからこそ支持者も多かったと思えば不思議な話でもないがメディアでの信長像を植え付けられているので違和感を感じる。
畿内を天下と見る考えも当時からしてみれば妥当だが今川義元を倒して東に向かわず京都を目指したところは戦略家として卓越してたのではなかろうか。

2014/12/12 14:22

投稿元:ブクログ

信長は従来語られてきたような(自らが天皇に取って代わる野望を抱いた)稀代の異端児ではなく、天皇、室町将軍家を重視した、当時における常識をわきまえた武将であった。
その旗印である「天下布武」の天下とは京都を含む近畿5国のことで、天下布武とは武力をもって近畿5国を平定した信長の治世の下、天皇家、将軍家に祭祀、政を執り行って頂くことであり、決して武力を以って全国制覇することを意味しない。
毛利攻めも武田勝頼との長篠の戦も、国境の勢力争いに過ぎなかった。
比叡山焼討ち、キリスト教庇護、本願寺との対立等あるが、信長は宗教に対して特段の思い入れがあるわけではなかった。

マルクス・唯物弁証法的史観を背景として、アウトへ―ベンの象徴としての信長が語られてきたということか。
本書と流れを同じくする書籍も複数出版されているとのことで、今後は歴史の解釈が修正されるかも知れない。

2014/11/24 15:45

投稿元:ブクログ

 織田信長は、革命家とか天才とかのイメージが世間にはあるが、実際はそうではないことを古文書から解読し説明した本である。
 大学教授で専門家の筆者は、豊富な文書類をいつどのような状況で書かれたかを示しながら、織田信長は足利将軍や天皇を敬い、庶民の世評を気にする常識的で有能な政治家であると世評とは逆さとも言える評価をする。
 とくに天下布武が野心の表れとの世評に対し、天下は日本全国ではなく畿内を示しているとの指摘や、分国拡大は国境紛争の結果に過ぎないとか、いろいろと目新しく感じた。
 ただ、前にも述べたとか後で記すようになどと、行ったり来たりするところが、ややくどいというかもう少し整理して書いてほしかったところだ。
 しかし、古文書が新たに発掘されたわけでもなさそうなのに、なぜ解釈がこうも違ってくるのか、いつまでも研究されているのかが不思議に思える。すべての関連資料を総合した決定版は、無理な願いなのだろうか。
 

7 件中 1 件~ 7 件を表示