サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/05/21 17:26

投稿元:ブクログ

主人公きよは赤穂藩主の正室亜久里の侍女。
そのきよの視点から描いたもう一つの忠臣蔵が本書。
前半は初恋に燃え立つ少女、中盤は主である亜久里のため目となり耳となり藩士の動向を伝えるものとして、そして後段では討ち入り後の志士子息の助命と赤穂藩再興に働く。
嫁入りのための腰掛程度に考えていた大名家の侍女という仕事が、初恋の人の母の言葉により主のために忠臣として働くことを教えられる。
最終段の大胆な仮説には驚きを禁じ得ない。

2016/11/03 20:10

投稿元:ブクログ

ドラマ化されるという帯を見て、書店で購入。
実在する女性の話なのですね。
全く知らなかった話で、一気に読めました。
忠義に勝るものはない時代。
一本気な人々ばかりですが、ひとりひとりの思いは少しずつ違って、どれも共感ができました。

2016/10/25 12:52

投稿元:ブクログ

ドラマの初回を見て購入。歴史に詳しくなく、主人公のきよが誰になるのか分からずに読んでいたので、楽しく読めた。
前半は歴史小説ではなく、恋愛小説を読んでいるかのようで、読んでいてドキドキするような描写が良かった。

3 件中 1 件~ 3 件を表示