サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

日本の伝統文化しきたり事典

日本の伝統文化しきたり事典 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/09/25 14:17

投稿元:ブクログ

著者:中村義裕(1962-)演出家・演劇評論家、日本文化研究。
内容:私家版事典という印象。解説文は平易だが、本題の部分はしっかり調べてあり便利。
ただし、俗説が滲んでいる箇所も(ごく一部に)あります。話の枕の部分やオチの部分などで、脈絡なく「日本人は美的感覚が優れている」などの根拠の曖昧なことをはさんでいたり、ということです。全く気にならないですけどね。

例:
“科学万能とも言える時代にあって、多くの恩恵を受ける代わりに、それ以上の心の豊かさを失っている今の我々にこそ、こうした「物語」が必要とされているのかもしれない。”(p.485)


【目次】
はじめに 003
目次  [004-014]
 食文化  015
 侍  051
 風俗  087
 日本語  171
 思想  203
 芸能・芸道  271
 文学  429
 美術  499
 建築  549
主要参考文献 [565-567]
事項索引 [568-584]
人名索引 [585-591]

※ 項目数のメモ
一 14
二 12
三 32
四 13
五 28
六 54
七 26
八 18
九 06

【メモ】
 山本常朝(1659-1719)の語録をまとめたのが『葉隠』(1716頃成立)
 やくざと芸能興業は(ある面では)扶助関係にあった。なお、著者の中村義裕は、「やくざ(制外者)」≠「暴力団(組織的暴力集団。やくざより金銭調達が近代的)」とそれぞれ規定している(p.66)。まあ、江戸時代のヤクザの言及が中心なので、この辺の記述はおまけだろう。
 明治時代に「演劇改良運動」が起きる。1872年には内容を勧善懲悪ものにするように政府から指導があった。
 歌舞伎役者は士農工商の範疇外だった。
 能は武士階級の式楽(=嗜み)として保護されていたため、明治時代まで歌舞伎役者とは比較にならないほど能役者の地位は高かった。(足利義満が世阿弥を寵愛したと書かれているが、室町以後江戸以前の時代には《この項では》とくに言及していないので、扱いは変わらなかったと解していいのかもしれない。実際、「能」の項目にも、足利義満の言及がある。)

1 件中 1 件~ 1 件を表示