サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

部屋を活かせば頭が良くなる

部屋を活かせば頭が良くなる みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

部屋を片付ける気になる本

2015/02/02 21:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しいたけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで自宅を片付ける気になり、できる範囲で実施してみました。家の玄関から靴があふれていたので、その分の靴を捨てたら玄関がすっきりして毎日家をでるのが楽しくなりました。しかしながら、一人暮らしの家を前提にしているように感じられ、家族生活にはそぐわない点もあるように感じます。それでも、物をへらすことによって、空間を広げることが大事であることを教えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/22 21:29

投稿元:ブクログ

掃除機がらくらくかけられる部屋を作ることが、最初の目標だと分かった。
モノは部屋の3割。空間は7割。
使わない物は捨てる。
実践してみようと思います。

2016/02/13 12:38

投稿元:ブクログ

結論は15分で掃除できる状態に常にできる人は、頭が良い。情報の整理が常にできている人は、すぐアウトプットできる。頭を良くしたかったら、まずは部屋を片付けて葬儀ができる道を作れ!
一つ一つは目新しくないが、理に適っているので、納得。
掃除は、埃取り、掃除機をかけたら真新しい雑巾を惜しげなく使って濡れた雑巾で拭き掃除して、乾拭き。
道具は足りないくらいがちょうど頭を使うから良い。不要な掃除道具は捨てる。
収納は、クローゼットや本棚も3割空けておく。
本棚は今読んでいる本以外は、人に見せるものだけ。扉付きにしまってはダメ。

2014/11/28 20:14

投稿元:ブクログ

 「自分を変えること」ではなく、「部屋を変えること」と書かれている。いくら自分探しの旅に出たところで見事な汚部屋では、いいことが浮かんでこない。気分はゆううつになるし、やる気もなくなり悪循環の連続になる。
 
 そんな負の連鎖を断ち切るには、「ヘヤカツ」で、部屋をきれいにして環境を整えて頭を活性化しようというコンセプトのもとで書かれた今回の本。

 来週になったらもう12月だ。1年がもう少しで終わってしまう。そんな時だからこそ部屋を片付けてすっきりした状態で新年を迎えたいもの。

 結構、部屋の中を見回すと余分なものがあちらこちらに散乱している。その上、行く手を阻んでいる場合もあれば、隅に洋服や本などをどさっと固めておいてしまっているといった具合に、相当詰まっている。

 必要以上にものを抱え込むと精神衛生上よくない。この本には、様々な観点から部屋を片付けることで頭がすっきりするということが述べられている。師走に勢いを借りて掃除をしてきれいさっぱりした状態で新年を迎えたい人には参考になる1冊です。

 早くやっておかないと「これでも一生懸命やって来たんです。それなのに、ウワーン、ウワーン」と号泣する羽目になる可能性があるので注意しないとなあと思う今日この頃です。

2015/01/04 12:14

投稿元:ブクログ

非常に役に立つ本というか「私はこういうことを言って欲しかったのだ」と思い知った本である。
極度の捨てられないため込み派散らかし魔の自分に嫌気がさし、片づけの魔法を読んだ。とても感動し物を手放して1年前少し片づいた部屋を手に入れた。が、完遂したわけではなかったし、まだ手放す決心のつかない物は多かった。何とかしたい気持ちはあってもその時の私にはそれが限界で、満足してしまった。ただ、完全に片づかなかった部屋は1年経って当たり前のように散らかった。
もう一段階私の背を押してくれる何かを、私の頭の中をクリアにしてくれる本を欲した。そんな中で出会ったのが前著「部屋を活かせば人生が変わる」とこの本である。
前著も私には参考になった。しかし背を押される感は少なかった。物足りない。そして2冊目にこの本を開いた。
前著をバージョンアップする形でもあるこの本は、確かに私の心に響いた。私は混濁した思考を改善したくて今までもがいていたのだ。
頭の中と部屋は確かにリンクしているとおもう。

2016/12/31 18:01

投稿元:ブクログ

2016年最後の1冊。
納得できる記述もあれば、そうでないものも。根拠がわからない点も、都市部で生活している人しか実行できないような内容もありました。
片付けの本というよりは、自己啓発の本。活用できる部分も多いので、読んで損は無かったです。

2017/01/24 08:19

投稿元:ブクログ

整理を維持するための工夫として面白かったのが、部屋の四隅を常に開けておくというものでした。部屋の四隅に掃除の線を通すことで、常に綺麗な状態を保てるということです。
実践してみると、たしかに掃除機がかけやすく、コンセント付近+角っこ、でたまりがちだったホコリを一掃できるようになり、キレイ度が上がりました。

7 件中 1 件~ 7 件を表示