サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

左京区恋月橋渡ル(小学館文庫)

左京区恋月橋渡ル みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

理系男子の初恋

2015/11/14 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacktack! - この投稿者のレビュー一覧を見る

「七夕通東入ル」の姉妹編ということで、甘酸っぱくも爽やかなハッピーエンドを予想していましたが、意外な結末でした。京都なら本当にこういうことが起こるかもしれないと思わせるシチュエーションでした。まだ姉妹編が出るということなので、つきの作品では山根君、幸せになっていてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姉妹篇、やっぱり胸きゅん。

2015/07/04 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうど読み終わったのは4月10日、2015年の葵祭の斎王代が何方になったのかの紹介があった日でした。
今年の斎王代は京都で電子部品製造会社を起業されている会長さんのお嬢さんで、ご本人は客室乗務員をされているらしい。
そう、この作品は前作というか姉妹篇に登場していた山根くんの初恋のお話。
その相手が実は、その年の斎王代でありとんでもないお嬢様というか、大事に育てられ過ぎていて幼い頃から普通の子供が遊ぶブランコや自転車にも乗ったことがないという設定。
今年の斎王代は飛行機に乗る位だからそこは大丈夫かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/15 17:47

投稿元:ブクログ

『左京区七夕通東入ル』の姉妹編。
時間軸としては前作の続き。花ちゃんのやり過ぎっぷりも変わらない。

京大理系男子、山根君の初恋ストーリー。
鴨川河川敷の風景から一人花火に移行したり、大雨の中の糾の森の描写はすごく素敵。
京都を歩いている感覚がきちんとありながら、ただ、どうしても山根君と美月さんの行方を見守るには辛いものがある。
ううう、と私まで唸ってしまうなー。

このシリーズ、なんと第3弾に続くそうな。
次は誰が主人公なんだろう、とワクワクしている。

2017/01/20 22:18

投稿元:ブクログ

書き出し枕草子だね!
好きな子からの、現時点でいちばんの言葉(思い出をありがとう、のリピート!)と、好きかつ伝統の重みのある送り火の重なり合い、最高だね。

2016/05/22 11:42

投稿元:ブクログ

題材が少し難しかったです。前編はすごくよかったんですが…。
読み終わるまで放置してる期間が長すぎたので、集中して読めなかったのもいけなかったかも。京都についての事前知識があればもっと楽しく読めただろうな。

2016/05/31 18:50

投稿元:ブクログ

あまずっぱ~い(*´∇`*)神社で会った美女に恋をした院生の山根くん♪友人のアドバイスの元、不器用なりに恋を成就させようと頑張る姿が眩しい(*≧∀≦*)山根くんみたいな純粋な青年にこそ幸せになって欲しかったけれど、残念な結果に…(T-T)でも初めて好きになった人が良い人で良かったね山根くん(*´ー`*)

2015/07/16 16:26

投稿元:ブクログ

再読2回目。
さわやか恋愛、第2弾。切ない片想いだけど、男の子の成長物語。わたしは山根がいちばん好きなキャラなので、素直に楽しめた。

2016/07/02 00:38

投稿元:ブクログ

一風変わった学生寮に住み、研究漬けの生活を送っていた山根が突如、恋に目覚めた。
雨の日の神社で知り合った彼女はお嬢様で性格も良く、山根はどんどん好きになるけれど・・

山根と友達が住んでいる寮がちょっと変わっていて、楽しそうな感じ。みんなちょっとクセがあるものの、悪人は出てこなくてさわやかな青春恋物語。

2015/03/19 16:15

投稿元:ブクログ

工学部大学院生 理系男子の淡い初恋の物語。

「人間も元素の集合体ですから、
組み合わせ次第でなにかが起きるのは、
ある意味、自然なのかもしれません」

恋をしたときの
しあわせな気持ちや緊張感、
あーいいなと思いました。

せつないけど、まるくおさまる
後味すっきりでした。

2016/04/27 17:38

投稿元:ブクログ

左京区シリーズ第2弾。
1作目より好きかもしれない。
山根くんよ幸せになっておくれ。
全力で応援したくなる恋愛小説。

2015/03/18 14:45

投稿元:ブクログ

この物語は、京都でなければ描けない。

葵祭の斎王代に抱いた山根のはかなく切ない恋心も、歴史ある学生寮の取り壊し計画とその阻止のエピソードも、壮大な送り火も、賀茂川の花火も、この作品にはすべてがなくてはならないものになっている。

積み重ねた歳月に磨かれることでしか生まれない光沢を纏う古都の美しさと気高さが、学問に埋もれる生き方を選ぶしかなく、そうすることでしか輝けない山根をやんわりと拒み、その背中を押す。

このはんなり加減は、京都そのものだ。

ラストシーンはこの切ない恋の終わりを飾るにふさわしく、山根にとっての何よりの救いだったと思う。

古都の恋の終焉には、送り火がよく似合う。
過ぎ去るものへの挽歌に、合掌。

11 件中 1 件~ 11 件を表示