サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

いちえふ 2 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)(モーニングKC)

いちえふ 2 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

理解が深まる

2015/09/27 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほんとにほんと - この投稿者のレビュー一覧を見る

現場の様子がよくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ここまでの現実があるのか!

2015/11/16 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GAKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなのが、マンガで読めるなんて、すばらしい!!!
ここまで描いていしまって大丈夫なのだろうかと、心配してしまう。
だが、もっと知りたい。もっと読みたい。次巻が、楽しみ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

現実です

2015/05/27 09:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

そこにあるのは想像を超えた現実。中で何が行われてどのようになっているのかが克明に記されている漫画ルポ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事実と脱原発への流れは反しない

2015/05/10 14:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サンチャイルド - この投稿者のレビュー一覧を見る

事故を起こした東京電力福島第一原発内での収束作業はいかなるものなのか、興味があったので前巻に引き続き購入しました。

著者らが勤務し、本書に記されているような厳重な監視体制が維持出来ている環境の中では、作業者の安全は比較的保たれているように感じますが、野に放たれてしまい管理が出来なくなった放射性物質については触れられていないのが気になります。

そのような野良放射性物質を出来るだけ避けようと日々努力している、特に小さいお子さんをお持ちのママパパジジババの皆さんと対立するのではなく、共に安全なくらしを求める流れになればいいのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/08 23:12

投稿元:ブクログ

借りたもの。
福島第一原発の廃炉作業は少しずつであるが確かに進んでいた。
廃炉に向けての具体的な作業の一部(解体とか)が描写され、大変な環境(放射能だけでなく防護服着た状態とか、低賃金とか…)で作業されている事が垣間見れる。

1巻では(どうしても)主に放射能対策ばかりに目がいってしまっていたので、「今」を知るためにこうした描写があるのが大切だと思った。
現場での風景の変化――瓦礫の撤去、解体だけでなく女性職員が現場に入るようになったこと等、悪い方向に行っている訳では無いのかもしれない。

作者の“楽しむ”姿勢が心強い。
地元のB級グルメや、パチンコだけでなくバーで演歌演奏したりと地元の人達との交流が描かれる。
休耕田のコスモス畑に遭遇するエピソードは、自然の力強さにも癒やされたのだろうと想像する。

コミックを出したことでの周りの反応だけでなく、各種マスコミから受けた取材のエピソードには、興味深いものがある。
現場でさえもあらぬウワサが立ったり、週刊誌などマスコミでさえも極論や尾ひれの付いたウワサが実しやかに報道される現実は、震災から3年(2014年)経っても変わらないようだ……
勿論、何が真実なのか、現場に私たちはメディアを通してしか知れないのだが……このコミックを通しても然り。

2015/04/24 21:57

投稿元:ブクログ

東日本大震災後の福島第一原発で事後処理に当たる作業員実録コミックである。
「いちえふ」とは「1F」のことであり、「1」は第一、「F」は福島を指す。現地作業員や地元住民はこの通称で呼ぶという。

「現場感覚」が信条の作品である。
仕事の性質上(機密上というのもあるのだろうが、作者にとってはそれよりも職場や同僚に対する「仁義」の部分が大きいようだ)、明かされない箇所、触れられない内容は当然含む。そうでありつつ、本作を支えるのは、現場を見て、そこで働いてきた人でなければ描けない「実感」である。

作業員の多くは、スーパーマンというわけでも高尚な理想を掲げているわけでもなく、ある意味、「普通」の人たちである。仕事が終われば娯楽も求めるし、そりゃ給料だって悪いよりよい方がよい。
「普通」の感覚を持ちつつも、そこで働く人々に共通しているのは、この作業を誰かがやらなければならないという思いであり、そこには当然、「矜恃」がある。
メディアを通してみると、あるいは「虐げられた労働者」であったり、あるいは「強靱なヒーロー」だったり、「わかりやすい」「絵になる」像に落とし込まれがちだが、実態は作者曰く「普通のオッサン」なのだという。
大仰な言い方をすると作者に苦笑されそうではあるが、だがしかし、その「普通さ」の尊さを思う。

何層にも重ねられた下請け階層構造も、なかなか複雑である。あるときはA社が4次下請けでB社が6次でも、また別の現場では立場は逆転しているかもしれない。持ちつ持たれつで作業員を融通しつつ頭数を揃えているのが実態のようだ。そうした中で抜け駆けをしようとすれば、コミュニティからはじかれてしまう可能性もある。それでもよりよい待遇を求めて、個々の作業員の画策もあったりするわけである。
一般に、線量が高く危険な仕事であれば給料はよいが、被曝上限があるため、長期には働けない。逆に線量が低い職場なら長く働けるが給料は安めである。それぞれの事情に合わせ、自分にあった職場を探すことになる。

作者はいちえふで働く一方、特技を生かしてボランティアに行ったり、友人を増やしたりする。この下り、非常におもしろい。マンガを描けるに留まらず、芸のある人、人好きのする人なんだな、と思わせる。
また、「今なら時効だから言うけど」的なこぼれ話がまた興味深い。
その他、家探しの意外な苦労、東電担当者が同席するTBMKY(ツールボックスミーティング・危険予知:工具箱に座るイメージで行う、危険対策ミーティング)、コミックスが話題となったことによる海外・国内メディアの取材など、読みやすいが、濃い内容が満載である。

*3巻は今冬頃出版予定とのこと。

2015/04/04 22:32

投稿元:ブクログ

いちえふで実際に仕事をしている人ならではの語りであり、貴重な作品だと思う。
第一巻で、いちえふで働く人達の休憩所で仕事をしていた作者は念願かなって高線量被曝の危険のある場所で仕事をすることとなる。
自ら望んだこととはいえ、初めてその職場へ向かう日に、防護のためのマスクバンドをきつく締めすぎてしまい苦労するエピソードが書かれている。高線量の現場に入れて嬉しいなどと言いながら心と体はそれへの恐れを表しているのだ(第9話)。
高線量の現場は給料がいいといっても年間の被曝量が一定に達すればその年はもうそこで働くことはできない。決して割のいい仕事ではない(p.89)
ひとつへぇ、と思ったのが、作者が高線量の職場での勤務を終えて内部被ばく量の検査(WBC)を受けるのだが、それは職場に入る時よりも一定期間職場で働いた後の方が低かったというのだ。それに対し、「東電が数字を操作しているのでは」という疑惑があり、解明のため作者は自費で病院での検査を受け何の問題もないことを確かめる。更に、その後首都圏で過ごした後、また働くために福島に戻ってきて内部被ばく量の検査を受けた時は以前より更に高い値が出たというのだ(p.174)。
作者はこれに関して「この程度は誤差の範囲ということだろう」と書いていて私もそうなの?と思ったが、「WBC 被曝」で検索すると「ホールボディカウンターは内部被曝の危険を隠すためのインチキ測定」などのような記事も出てきたりして、素人にはわかりにくいことではある。
福島で実際に暮らしている方もおられるのだし、無用の不安を煽るようなことはしたくないが、このあたりのことについては私自身はもっと勉強する必要がありそうだ。「被曝の影響をことさら大げさに言いたてる人達」は脱原発をめざす人達からも非難されているが、「ことさら軽く見せている」人はいないのだろうか。
いずれにせよ、廃炉に向けて、作者のように、危険な場所での作業をしてくださる人は必要なわけで、できるだけ安全な作業環境が確保されることを願う。
続編は2015年冬発売予定とのこと。期待している。

2015/08/02 23:19

投稿元:ブクログ

花泉図書館。

1巻目は鳴り物入りで出版されたのでそれなりに読みごたえはあったが、それを受けて(かどうかは著者本人が一番わかっているだろうが)かどうかはわからんが、この第二巻目は著者のプライベートな部分(はっきりいってギター弾き語りでライブをやったとか、どうでもいい)押しで、さっぱり「ふくいちで働く」という事が一旦置いておかれたように読めた。
まぁ、それを言ったら著者の書きたいことと読者(ワタシ)が求めている事に開きが生じただけで、こちらとしてみればただ単に読まなきゃいいだけなんだよね。
ワタシには、なんだか1巻目で祭り上げられて気を良くした著者が調子に乗っちゃった(覆面だったのがばれ始めたのもあって)ようにしか見れなかった。
これが元々2巻目はこういう感じでいきましょう、と打ち合わせ済みだったとしても、ここで持ってこられると、なんか、つまんない、って感じ。
でも~。3巻目出たら読んじゃうんだろな(笑)。

2015/05/26 19:23

投稿元:ブクログ

異常が日常になり、多重下請け構造や廃炉技術の継承などの根本的な問題を放置・先送りにしたまま、目の前の作業は続く。たった2万円の日当で除染作業を行う現場と、東電や上流会社を「お客さん」と呼ぶ、意識の断絶。現場の眼である本書を読む限り、東電に当事者意識はまるで感じられない。復興作業はフロンティアスピリッツを感じるのかもしれないが、そういった男気、心意気に自分も含めておんぶにだっこだ。

2015/02/24 10:05

投稿元:ブクログ

原発ルポというより、原発を職場に選んだ男たちの物語、という感じになってきていて大変良いです。センセーショナルな方向より、このままじっくりじんわり味のある内容で行って欲しい。

2015/05/17 21:59

投稿元:ブクログ

フクイチの作業体験記、第二巻。
少しづつ進んでいく復興、その一方でまるで進まないところも。
そういった部分を丁寧に描いている。
従事者しか描けない濃厚なディテールでいっぱい。
福島のおいしい牛乳もたくさん出てきてうれしい限り。べこの乳、いいよね。

2016/01/26 20:43

投稿元:ブクログ

高線量な場所での仕事内容もさることながら、いちえふ内での転職事情、住宅やレンタカーを借りる際の拒否なども興味深くあっという間に読み終わりました。
作者の身バレネタや地元の方との交流なんかも垣間見られ、賛否はあるのかもしれませんが本当にありのままを語られているように思えました。

2015/09/23 21:06

投稿元:ブクログ

過酷なお仕事ありがとうございます。不安定な雇用の中で、危険なお仕事をしている人がいるということを私たちは知らなくてはいけないと思います。原子力発電所を稼働させて良いのか、火力発電に頼って地球環境を悪くしているなんていうことも言われるし、もう一度、みんなで省エネしてみませんか?と提案したい。お金を払えば電力は買えるけれど、それと引き換えにはできないほどのものを失っていないだろうか。人にも問いつつ、自分のことも戒めなくては。

2015/08/04 12:42

投稿元:ブクログ

雑誌「pen」の漫画特集で気になって購入。気になった点は、絵が古臭いのと、字が多くて読むのが疲れること。前者はそれが味だって言われればそれまでだし、後者はルポの特性上やむを得ないことだとは思うけど。内容としては、現場で実際に働いた人ならではの視点が垣間見れて良かった。外部の人がいくら理論を並べたててみても、実際の現場とはどうしても相容れないところって、どういう現場にもありますもんね。

2015/05/31 18:45

投稿元:ブクログ

福島第一原発で廃炉作業を行う作業員の日常を描いたコミックの第二巻。
あの原発事故から3年が過ぎた2014年。より線量の高い現場での作業に従事する主人公の日々が、3年という時間の経過で変わった原発周辺の状況(瓦礫の撤去や国道6号線の開通など)とともに描かれている。
3年という時間の経過とまだまだここまでという現状、そして、限られた年間線量の制限の中で行われる日々の廃炉作業のなんとも途方のない感じから、復興・復旧や廃炉への道のりの果てしなさが伝わってくる。

自分の世代では完了しない、いつ終わるともしれない状況に途方に暮れそうになる。でも、作者は、少しずつではあるにせよ確実に変わっていく状況に希望を見出していて、読む者は少し救われる。

17 件中 1 件~ 15 件を表示