サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

まず、ルールを破れ すぐれたマネジャーはここが違う

まず、ルールを破れ すぐれたマネジャーはここが違う みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.0

評価内訳

49 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

マネージメントされる方にもお勧めです。

2000/11/07 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルからマネージャのための本だと思われる方が大半であると思われます。
 しかし、マネージメントされる側の立場で読んだ方がためになる一冊だと思います。マネージャを一歩も二歩もリードできるような考え方が身につくことは間違いありません。
 組織のドラスティックな改革が日々行われる社会、会社に暮らすビジネスマンにとって、何を拠り所に生きていくか?
 答えは、非常に簡単です。自分の才能を活かしていくということです。才能と聞くと何か神秘的な能力をイメージするかも知れませんが、別の簡単な言葉で言うと「習慣的な行動パターン」ということです。どうやって自分の才能を見つけるかが非常に難しいのでしょうが、常に自分に問い掛ける、客観的に見つめてみるなどの具体的な方法は本書にて学ぶことができます。
 まさしく、今のような時代に生きるビジネスマンに必読の良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マネジャーとして組織を動かすときに考えておくべきことが分かり,勇気がわく本

2000/12/28 12:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 治彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本全体の景気は,未だ確実な回復の道筋が見えているわけではないが,個々の企業の業績を見ていくと,明暗がハッキリし始めている。多くの企業がリストラをし,必要な従業員に絞り込んでいる。しかし,人材は集めるだけでなく厳選されたメンバーを組織化しなければならない。それを,最前線で行うのがマネジャーである。マネジャーが優秀でなければ,人材は活かされず企業の将来も明るくない。
 今までもマネジャー向けの本が出版されてきた。成功したマネジャーが自らの成功談を綴ったものなどだ。しかし,それらが必ずしもすべての組織で有効だとは言えない。
 ギャラップ調査ときけば,世界中で最も信頼性が高い世論調査の会社のひとつだと多くの人が認識する。しかし,実際はギャラップ社は一般に知られているような世論調査をするだけでなく,大企業へのコンサルテーションサービスがその中心なのである。この本はギャラップ社が全米のマネジャー8万人と従業員100万人に対して行った調査に基づいて書かれたものである。したがって,ある有名マネジャーや経営者が,自らの成功経験を元にして書いた「私はこうして成功した」というものとは違う。もっと多くの事例を分析,比較し,普遍的な答えを導こうとしているからだ。
 そして,この書は成功している。
 どうやって,自らの会社の状況を把握すればいいか?マネジャーは人事における決断において,どう考えるべきなのか?ということについて,多くの説得力のある提案をしている。自分の与えられた職場を計る大切な物差しとして「12の質問を使うテスト」を提案する。次に業績をあげていくために,マネジャーが知っておくべき4つのカギを提案する。それは,才能に恵まれた人材を選び出す,目標とする成果をはっきり示す,部下の強みを徹底的に活かす,部下の強みが生きる場所を探り当てる,といった具合だ。文章は平易で,リズムもあって読みやすい。
 この本に書かれていることは,ひとつも奇異なことなどはない。しかし,読んでいるうちに,すべてにうなずいて,前々から自分もそう考えていたんだと思っている自分に気がつくだろう。本当にいい本とは,そういうものだ。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/31 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/26 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/02 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/22 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/01 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/17 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/14 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/20 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/29 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/23 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/21 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

49 件中 1 件~ 15 件を表示