サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/12/6~2022/1/12)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

建築の向こう側 From different fields みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ボーダーラインを超えて

2003/11/17 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書に先立って刊行された「この先の建築」に続く講演記録集第2弾
である。前書が、建築家の論議による建築の未来を模索する内容であ
ったのに対して、本書は、建築に、メディア、IT、映画、編集など
の仕事を通じて関わっている方々の、とても興味深い講演録である。
どちらも優劣付け難い面白さを有しているし、2冊両方を読む事によ
り、問題に関する視点の共有性及び相違が、明確に理解出来る事はい
うまでもないが、あえて、軍配を挙げるとすれば、本書の方が、建築
という事象を、新鮮な外部的視点から観ていることにおいて、より興
味深い発言が多いことも事実である。

松村秀一氏は、フラー、イームズ、プルーヴェという建築に深く関わ
りながらも、その枠内では到底捉え切れない才能を持ち、多彩な業績
を残した天才デザイナーたちについて、ユーモアをまじえながら、そ
の先見性と、彼らの思考が、再び21世紀において、革新性を持って
蘇りつつある現状について語っている。なかでも、プルーヴェによる
手仕事の見事さへの言及、そしてデザインすることと造ることの不可
分な関連性が、大量生産というグローバリズムのなかの加速される現
象に対して、再び、プルーヴェ的思考をベースとして、その意義が再
編成されて、有効な手段として立ち上がってくるであろうという記述
には、とても共感できた次第である。

カーサブルータスという、近年、建築をメディア上においてポピュラ
イズに成功した雑誌を手掛ける2人の編集者の話は、とても面白い。
世界の建築動向を、まさに月刊というリアルタイム(建築は周知の通
り、他のカルチャーとは異なり、月刊で世界の最新情報が、雑誌とし
て届けられるという事は、非常に早いというほかないのである)で編
集するという奮闘振りがうかがえて感心したのであるし、一般読者層
にも浸透しているという事実は素晴しいことではある。が、やはり長
期間に渡り、熟考を重ねた果てに建ち上がる建築という実体が、こう
もファッショナブルな視点のみで語られて良いのか否かの疑問は感じ
ざるを得ない。この雑誌には、批評的視点は持ち込まないというスタ
ンスを両氏は明言しているのであるから、フィールドの相違という事
は、勿論理解した上で、あえて多大な影響力を現在持っていると思わ
れるこのメディアの批評性の回避という方向性にはいささかの危惧を
感じた次第である。

押井守氏と種田陽平氏による、映画と都市、についての講演は、現在
その境界線が、すさまじい速度で溶解している架空と現実という2つ
の世界に関する思考の軌跡として、数々のアニメと実写を融合させた
傑作を手掛けてきたクリエーターの、極めてクールな現状認識に関す
る発言に満ちていて、飛躍が多いことをあえて理解しつつ読めば、本
書のなかでも、最もタイトルにふさわしい迫力が感じられる。この先
の建築、そして都市がどのような変貌を遂げていくのか? フィクショ
ナリーな視点と現実的な視点が、見事に融合した本書のなかでも卓抜
した記述といえる。

もはや、建築という事象は、単独では語れない時代に突入している。
ぜひ、本書においてその加速する現実を確認して頂きたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/17 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/09 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。