サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

蒲公英草紙

蒲公英草紙 みんなのレビュー

  • 恩田 陸 (著)
  • 税込価格:1,51214pt
  • 出版社:集英社
  • 発行年月:2005.6
  • 発送可能日:購入できません

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー170件

みんなの評価3.9

評価内訳

167 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

家の教えを守った少女の悲話、そして「常野」の力が持つ意味

2008/10/29 11:46

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは、泣かせる本だった。実を言うと、いよいよクライマックスというところで、ちょっと気になった場面があって、一旦は気持ちが落ち着いてしまった。それにも関わらす、気がつけば涙。ふいに目から涙がこぼれた。

 本書は、不思議な力を持つ「常野」の一族の人々や歴史を表した短編集「光の帝国」の続編、いや関連本と言った方が良いかもしれない。主人公というか、語り手は宮城県の山村に住む少女の峰子で、彼女は「常野」の者ではない。
 今は年を取って娘と孫と一緒に東京に住んでいる峰子が、少女時代を述懐する形で物語が綴られている。「蒲公英草紙」は、峰子が自分の日記に付けた名前だ。家の窓から見える丘に群れ咲くタンポポが、峰子の故郷の原風景なのだ。

 物語の時代は、「新しい世紀を迎える」とあるから明治の中ごろか。峰子は、村の名前になっているほどの名家「槙村」の末娘の聡子のお話し相手としてお屋敷に上がる。そこには、様々な人が出入りし、中には長期に渡って逗留している人もいる。東京で洋画を学んだ画家、傷心の仏師、なんの役に立っているのかわからない発明家など。
 そんな槙村の家を「常野」の春田の親子4人が訪れる。短編集「光の帝国」の「大きな引き出し」で登場した、人の記憶や思いを丸ごと「しまう」能力を持つあの一族だ。もちろん彼らの能力は、物語で重要な役割を担う。
 彼らの力は今回も、大きく世の中を救ったり導いたりすることはないけれども、普通の人々の心を救うために使われる。「その力はこういう使い方をするのか」と、私は「常野」の力が持つ意味を得心した。

 本書は、峰子の視点で槙村の人々を描き、「常に村のために」という「槙村の教え」を守った槙村家の悲話だ。そこに感動の、もっと言えば涙腺を刺激するツボがある。これだけでも本書の紹介として十分なのだが、蛇足と知りつつ、もう少し広い目で見て感じたことをいくつか述べる。

 槙村は、水害に会いやすい土地らしい。現在でもそうだが、100年前ではなおのこと、自然災害の前には人々は無力だ。大きな水害に合うと、村が1つ壊滅してしまう。この時代はこんなにも人々の生活が危ういものだったのだ。未来を見ることのできる「遠目」の能力は、こんな時代には至宝とも言えるだろう。
 しかし、その能力を以てしても時代のうねりには抗えない。語っている峰子の「今」は太平洋戦争の終戦の日なのだが、20世紀の前半分がどのような時代であったのかは知っての通り、戦乱の時代だ。「常野」の人々にはその予見はあったはずだが、どうしようもなかったのだ。
 いや、そんな「時代のうねり」などという大げさなものを持ち出さなくても、「常野」の力が及ばないことがある。本書の悲劇もその1つだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壮大な少女小説

2016/11/11 06:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物がとても魅力的。というのは恩田さんならではかと思います。
少女が、少女の・・・というフレーズがとてもピッタリなこのお話し。少女小説としても読めるのではないかと思うのでした。
ちなみにこの本の装丁がイメージをよりよく喚起してくれます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/09 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/08 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/13 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/11 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/12 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/04 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/03 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/13 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/04 13:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/15 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

167 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。