サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひややっこさんのレビュー一覧

ひややっこさんのレビュー一覧

投稿者:ひややっこ

180 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

まずは、あなたのコップを満たしましょう

こころにひびきました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

死や介護を目前に迎えた人間がどう考えて行動すればよいのか一つの指針を教えてくれています。著者のご主人ががんに対する積極的な治療をうけず、在宅で「枯れるように」亡くなった、その姿が描かれてます。看護師としてそして僧侶として生きる著者の生き方をみると、これから自分がどう考え行動すべきなのか、がんばりすぎず、自分にまつわる決定を人任せにせず・・といったことがすっと心に入ってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大家さんと僕

紙の本大家さんと僕

2018/07/07 15:18

よいかんじですよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

評判になった本を評判になってから読む、というのも気恥ずかしいもんですが、評判通りの作品です。大家さんとくらす日々をほのぼのとつづっておられますが、その内容と絵柄がベストマッチしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。

初!稲垣さん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たまたま見た報道ステーションにユニークな頭の女性が。なんだろう、誰なんだろうとびっくり。そして彼女のコメントの深さを優しさにすごい人なのではないかと、気になりあちこち検索。そして第一弾として本作にたどり着きました。
真摯さ、ユニークさ、そして真摯さ。心に届いてくるというのはやはり魂をかけて書かれているからなのですね。とても心惹かれる方です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

光の帝国

紙の本光の帝国

2016/11/06 11:24

常野物語

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この常野シリーズは好きですねえ。やはりツル先生の存在が秀逸で、彼がいてくれる、そのことが何とも言えないほどの安心感を与えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜中に犬に起こった奇妙な事件

紙の本夜中に犬に起こった奇妙な事件

2016/06/24 17:33

ハヤカワなのでミステリかと…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ユニークな設定なのは読み始めでわかりましたが、てっきりミステリなんだとばかり思って読んでいました。冒険小説といってもよいのかも。人の気持ちを理解できない、クリストファーと彼を大切に思う家族を含めた普通の人々。クリストファーは彼のままですが、大きく大きく生活の幅を広げていけるのだということが伝わってきました。適切なサポートは必要ですが。クリストファーの世界の感じ方が理解でき、自分の中の新しい窓が一つ開いたような気分になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サブマリン

紙の本サブマリン

2016/05/07 10:40

陣内さんお久です!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お年を重ねて、主任となっても陣内さんは変わらず。組織の中で生きているのに変わらずにいれるのはすごいです。永瀬さん優子さんを結婚されたんですね。良かった。やるせない少年犯罪を、時の流れを、それでも肯定的に描けるのがいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年の名はジルベール

紙の本少年の名はジルベール

2019/09/04 22:39

小説にしてもいいな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少女マンガを革命的に昇華させていった『花の24年組』とも呼ばれる偉大なる少女漫画家たち。萩尾望都を筆頭に竹宮恵子、大島由美子、山岸涼子・・・などなどいるわけで、当時の漫画を夢中になって読んでいた私には興味深い彼らのウチワネタが聞けるのだな、と本書を読み始めました。
そうしましたら、その当時の様子ももちろんですが、それ以上に竹宮さんが深く葛藤していた様子がそのまま描かれており、その素直な表現にびっくりしました。
萩尾さんはもう天才、漫画の神の子のような存在にデビュー当時からいて、それをすぐ近くで(一緒に暮らしていた!!)、ライバルとしていや近くにいるのに手が届かない存在として向き合わざるおえないストレス。その中で自分が本当に描きたいものを見出す作り出すまでの日々。『アマデウス』の映画の中でモーツアルトに嫉妬するサリエリのような。目の前に追いつくことができない絶対的ともいえる存在がいるというのはいかにつらいことか。それを本書でも考えさせられてしまいました。
竹宮さん、文章力というか本書の構成は見事です。一気に読ませるのはさすが百戦錬磨の人気漫画を描き続けてきたお方ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

副題は余計かな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごく良いエッセーで、読後がすきっとするような気がしました。茶道の意味とそれに対峙する作者の思いがとてもすっきりと描かれていました。これを読むとお茶を習いたくなります。濃密な時間がどれだけ豊かなものか、彼女にとっての大切さがとてもよく伝わってきました。
ただ副題は・・・ありがちな、ちょっとせっかくの作品を安くしちゃっている感じがしましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小澤征爾さんと、音楽について話をする

音楽おたく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

春樹さんは相当なジャズとクラッシック音楽のヲタクなんだと実感。文章もさすがで音楽に疎い私でも、リズムをかんじてしまいました。
小澤さんのこと、せいらさんのこと、そして大西順子さんのことCD買って聞いてみたいとおもわされております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上春樹、河合隼雄に会いにいく

似ている・・?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

河合さんの対談をいくつか読んだことがあるのですが、村上春樹さんとの対談では内容が深いとてもふかいと。2人とも井戸掘りの達人ですものね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上さんのところ

紙の本村上さんのところ

2019/01/13 10:14

電子書籍版も・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

電子書籍は一切読まないのですが、この本を読んだ後はコンプリート版である電子書籍読んでみたいと思いました。真剣なものも息が抜けたものもちょっと怒っているふうなやり取りも、読み終わっているとぼおわーんと自分の中にふんわり残っていきます。河合隼雄さんについての記述も繰り返し見られて、二人の対談は面白かったな、深みを凄味があったなと思い出しました。
電子書籍どうしよう・・悩みますわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流されるにもホドがある キミコ流行漂流記

流行・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

公子さんのファンとなり数年。どれを読んでもとても面白いです。そして本作は流行について語る、という設定となっています。いますが、流行についてはあまり・・・彼女の興味の方向がまったく違うからですね。それでも面白い、さすがの文章です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

晴れても雪でも

紙の本晴れても雪でも

2018/08/21 22:05

公子おそるべし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやあ文章のうまいこと
妄想の入り方も絶妙
こんな文章をわたしも書きたいものだとつくづく思うのでした。
雪とビールと束の間の夏と・・そしてあっという間に2年は経ってしまうのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3月のライオン 13 March comes in like a lion (YOUNG ANIMAL COMICS)

長い連載になっていますが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

登場するキャラクターの幅が広くてエピソード豊富なので、13巻目になってももたれることのなく勢いがあって面白いです。当初弱弱しい棋士の印象だった島田さんが何やら急にイケメンになって見えます。佐々木内蔵助風ですね。どうなるんでしょう三角関係・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

向田邦子の恋文

紙の本向田邦子の恋文

2017/10/01 10:47

以前、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

向田邦子さんのエッセーや小説を読んだことがあります。どれも凛として優しさと厳しさにあふれた忘れがたい作品です。ドラマも何度も。
それらの作品を同じように実人生においても凛として生きていたのだな、という向田さん。恋の話はドキドキします。妹の和子さんの文章も優しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

180 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。