サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 2,521件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/09/04
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/168p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791130-0
文庫

紙の本

コンビニ人間 (文春文庫)

著者 村田沙耶香 (著)

【芥川賞(155(2016上半期))】36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がや...

もっと見る

コンビニ人間 (文春文庫)

税込 660 6pt

コンビニ人間

税込 631 5pt

コンビニ人間

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【芥川賞(155(2016上半期))】36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

「普通」とは何か?
現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。
日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。

「いらっしゃいませー!!」
お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。

ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。

累計160万部突破&39カ国語に翻訳(2023年7月現在)。
米国〈ニューヨーカー〉誌のベストブック2018に選ばれるなど、
世界各国で読まれている話題作。

解説・中村文則【商品解説】

コンビニのバイトが18年目の古倉恵子。夢の中でもレジを打ち誰よりも大きくお客様に声をかける…現代の実存を軽やかに問う話題作。【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2,521件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

普通って何だ?

2018/09/25 09:16

20人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

私のように、コンビニを冷蔵庫替わりとして利用してしまう依存のしかたもあるが、この作品は、逆に「店員」としてコンビニに依存してしまう女性の物語。

作者の村田沙耶香氏も、長年コンビニでバイトをしている(今も続いている?)らしく、そのためか、店内の描写が生き生きとしていて、素晴らしい。

主人公・恵子は、他人の感情などがうまく読み取れない、いわゆる発達障害?(アスペルガー?)の傾向があるようだ。
だから、マニュアルで行動を徹底されるコンビニが、とても居心地よく感じるのだろう。
周りの友達や妹からは、「どうして結婚しないの」とか「なんで、その歳でバイトなの」とか聞かれるが、何故それがいけないことなのか分からない。

恵子目線で描かれる世界は、我々が「普通」だと思っている方が不思議に感じられてしまう。
でも、読んでいるうちに、だんだんと私も恵子に同調し始め(白羽にはイライラしてしまうが・・・)、「普通の人」が気持ち悪く感じられてくる、、、のが面白い。

何が「普通」なの?「まとも」って、どういうこと?
「最近の新人はマニュアル人間だ」なんて言われることもある世の中への痛烈な批判のようにも思えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世間の感覚や道徳のプレッシャー

2018/11/03 11:32

9人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sika - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて多くの人が抱いてきたであろう違和感を見事に表現していると思います。普段は何も疑問に思っていなかったことでもこの主人公のように突き詰めると世の中の見え方がガラッと変わってしまい、生きにくい世の中になるのだと思いました。たいていの人はそこまで突き詰めずに流しているので引っかからずに生きていけるのかな。現代社会の生きにくさを見事に表現しているのではないかと思います。多様性が叫ばれる現代ですが、やはりまだまだいろんなことに対して許容範囲が狭いのではないかと考えさせられました。ぜひ、多くの人に読んでもらい、いろんなことを考え、気づき、感じてもらいたいです。ほんとにおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読める面白さ

2020/06/05 20:33

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンビニ店員ってこうゆう人達なんだぁ…とただただ感心してしまう。いつも笑顔で元気よく挨拶してくれる店員さんも実はこの主人公のように単にストイックを超えた人なのかも…と思ってしまった。「コンビニ人間」という標題にも納得の一冊!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私に似た主人公

2021/11/24 13:23

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mk - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中で、私のことかなと思う箇所がたくさんありました。普通でなけれは、ちゃんとしなければ、と思いながら生きてきたんだなと。
意外だったのは、コンビニで働くということが、そんなにも下に見られるようなことなのだということです。私もコンビニで働いていたので悲しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。

2018/10/11 08:26

7人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アナグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

白羽の態度。
コンビニの店員達が主人公と白羽が付き合ったことを知った後のやり取り。
主人公の周りの人間の豹変ぶりが怖い。
読み進めていくと、気分が悪くなることも度々あった。


「気持ちが悪い。お前なんか、人間じゃない」
この言葉の”人間”とはいったい何なのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすい

2022/01/31 16:38

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんあん - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段からあまり本は読む方ではないが、難しい表現などもなくすんなり読めた。
最後は結婚してまわりの人間と溶け込めるのかな、などと思ってもいたが…
これはハッピーエンド?それともバッドエンド?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コンビニ人間

2021/06/16 11:52

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の主人公がモラルの欠けたキャラクターとして設定されているることによって、筆者の主張は非先鋭化されている。しかし、コンビニ店員のように資本主義の末端で働く人に個性は求められていない。代わりは誰でもできる。という主張が本書には隠されているようだ。
社会ではそのような個性を必要としない人材を多くの会社が必要としているのにも関わらず、コミュニティの中では、人それぞれが個性を持って生きることを望ましいと考えられ、それぞれの生き方を評価される。
でもそうした個性を持ちつつも、みんなが「普通の生き方」を強いられているという矛盾が見出せる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芥川賞受賞作の中で特に好きな一冊

2022/12/31 10:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yy - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞受賞作は幾つか読みましたが、私は本書が一番好きです。著者の村田沙耶香さんのインタビューを見ていると、独特の感性をお持ちで興味深いなと思っていたので、本書を読み、その感性が詰まった一冊だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがに傑作

2022/11/17 12:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンゴスチン - この投稿者のレビュー一覧を見る

短くてとても読み易い。すぐ読める。
主人公はある種、才能の塊のように私には読めた。
世の中にはいろんな考え方の人間がいるんだよなぁと、何とも当たり前で且つ忘れがちなことを再認識。
個性や生きがいについて考えた。
読了後の思考が止まらない。よく考えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普段なかなか小説を読まない人にも

2022/03/13 10:46

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるか - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から気になってはいたものの未読のままでした。
芥川賞を取ったのももう5年以上も前だったんですね。
おすすめされる機会が重なったので遅ればせながら手に取りました。
良かった。。もっと早く読みたかった!

批判する考え方に結局囚われている、
人より優位に立っていたい、
自分の中にもある人間の弱さを感じました。

世の中の多くの人がこの本を「良い」と思っているなら、傍から見れば明るくて幸せそうに見えるあの人も自分とそんなに変わらないのかも、なんて思わせてくれる一冊でした。
読みやすい文量なのもまた良い。
普段なかなか小説を読まない人にもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リズミカルな文章!!

2021/05/15 17:31

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コンビニエンスストアは、音で満ちている」
冒頭のこの文章にまず惹きつけられました。後世に残る名文!と私は思いましたが、いかがでしょうか。内容のユニークさはもちろんなのですが、やはり作者のこの文章力が作品を一気に読ませてしまう強さをお持ちで。うらやましいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この表紙何? ときによくわからない表紙をつけるイメージあるけどほんと何。

2024/02/12 05:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L療法 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長めの短編、コンビニに適応してしまう人の話と思って読み始めたが、現実に適応し切ってない人の話だ。

主人公は長いこと、擬態で過ごしてきた。
コンビニ店員として暮らすことに特化して、さも社会で生きてるふりをする。

主役の出来の悪い片割れのような男が出てくることで、ゆっくり進んでいた崩壊は加速を得る。

SFではないので、世界が変貌したり社会が姿を変えることはなく。
舞台劇のように、立ち位置が移動していく。

一人視点は、割とストレート。

主役のように、馴染めずに生きてる人間としては、うまくやってきたのに、世間はバカなことするなと思ってしまう。

身体的限界を迎えるまで、資本主義の枠組みで、主役はうまくやれていたはずだ。


この本は、現実とやらの不気味さを描くものであり、主役の不気味さを描くものではない。

相互に浸透し折り重なって紡がれる現実。
そこに尾を引く野蛮さ、縄文的な何か。

世界は変えようにもぐにゃぐにゃと受け止める。

無力な個人の話。

ところで排除される存在は、危険なのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正常である事とは何か

2023/10/22 22:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:狂ったチワワ - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞受賞作品の中で、入門編としては完璧である。
誰もが心のどこかで考えている事を、主人公は考えており
ストーリーとしてもおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もしかしたら

2022/12/29 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR1110 - この投稿者のレビュー一覧を見る

噂に違わず面白かったです。物の考え方や感じ方が普通とは違う主人公。幼少期から奇怪な言動で周りから白い目で見られていた。大学生の時にコンビニ店員というマニュアルに沿って生きることに出会いなんとか社会の一員として生きていた。だがそれも36歳まで継続して未婚のままアルバイトをしていることに周りから疑問を抱かれることも少なくない。そんな時そのコンビニに婚活目的で入って来た男性によって主人公の生き方に転機が訪れる。この物語は全くの人事とは思えず、一歩間違えば自分もその普通ではない方になってしまうのではと恐怖を感じながら読了しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

コンビニ人間を読んだ感想

2021/03/15 02:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jin - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の高い洞察力から得られた描写が面白く、2時間程度で一気に読める作品だ。
主人公のコンビニで生き生きと働いている姿や合理的な考え方に好感が持てる。人は多かれ少なかれ周囲の人や環境に影響を受けていて、普通の人間を意識している主人公がそれを敏感に感じとっている場面が印象に残った。
自分が満足していても社会は許してくれないのだなと感じた。
すぐに読み終えることができるので、忙しい人にも是非読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。