サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

革命キューバの民族誌 非常な日常を生きる人びと

革命キューバの民族誌 非常な日常を生きる人びと みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/06/26 23:49

投稿元:ブクログ

田沼幸子『革命キューバの民族誌 非常な日常を生きる人びと』人文書院、読了。夢と希望になった59年の革命。カウンターの象徴としてのゲバラ。教育医療の無償化等々……キューバをめぐるイコンは多くあるがその実はいかに。本書は普通の人々との出会いから書き起こす「キューバのいまを生きる人びとの民俗誌」。

革命の成果は積極的に査定された観が否めないが、革命は既にに破綻している。著者はキューバ社会の破綻を批判するのではなく、人類学的アプローチで。キューバの人々がどのような言葉遣いで自分たちの社会を説明しているのかに注目する。

「私が好きなキューバの人たちが、黙るか仲間内でしか話すしかなかったことを、もっと多くの人に知ってほしいのです。それによって、いまのキューバで嫌いなところが変わっていくかもしれませんから」。歴史の一ページに残らない生きる「日」をすくい上げる。

革命の理念は日常生活にどのような規範をもたらしたのか。革命家モデルと私生活の現実、ソ連なきあとのダブルスタンダードの生活、そしてひとびとが国内外で痛痒する矛盾と矛盾との格闘等々。等身大のキューバの今を描き出す。

1 件中 1 件~ 1 件を表示