サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

大岡昇平

大岡昇平 (群像日本の作家)

  • 金井 美恵子(ほか著)
作品 著者 ページ
大岡さんのこと 金井美恵子 著 5-12
鎮魂歌としての認識 平岡篤頼 著 13-21
大岡昇平・死者の多面的な証言 大江健三郎 著 22-26
大岡昇平の手 亀井秀雄 著 27-38
運命と歴史 中野孝次 著 39-49
小説は観念を描きうるか 野口武彦 著 50-56
収容所としての戦中・戦後 磯田光一 著 57-66
文壇人物論 中島健蔵 著 67-70
友情と考証 三島由紀夫 著 71-73
失語と沈黙のあいだ 石原吉郎 著 74-77
富士山麓の夏 武田百合子 著 78-80
父のこのごろ 長田鞆絵 著 81-83
大岡さんのこと 渋沢竜彦 著 84-86
文芸時評 平野謙 著 87-88
文芸時評 山本健吉 著 89-91
武蔵野夫人 小林秀雄 著 92-96
ストイシズムの文学 福田恒存 著 97-105
野火 吉田健一 著 106-110
大岡昇平論 寺田透 著 111-120
二人の知性作家 中村光夫 著 121-127
大岡昇平「俘虜記」 河上徹太郎 著 128-129
二つの同時代史 埴谷雄高 対談 130-139
俘虜記   140-147
大岡昇平文学紀行 榊原和夫 著 148-155
武蔵野夫人 前田愛 著 158-163
戦争と神 三好行雄 著 164-171
陰画としての神 佐藤泰正 著 172-179
『花影』の位置 中村真一郎 著 180-188
起源の小説 清水徹 著 189-194
仮面の地誌学 種村季弘 著 195-198
レイテ戦記 鶴見俊輔 ほか鼎談 199-209
大岡昇平さんを悼む 安岡章太郎 著 210-212
大岡さんの文体について 吉田秀和 著 213-217
末期の眼と歩哨の眼 丸谷才一 著 218-225
大岡さんと中原、富永 中村稔 著 226-230
スタンダールの幸福 菅野昭正 著 231-238
大岡昇平のモーツァルト 高橋英夫 著 239-242
大岡昇平と比島戦線 池田純溢 著 243-249
母という歴史 絓秀実 著 250-258
絶対的あいまいさ 三浦雅士 著 259-265
ルイズ・ブルックスと一九二〇年代 山口昌男 著 266-268
俘虜記(抄)   272-278
武蔵野夫人(抄)   279-286
野火(抄)   287-291
花影(抄)   292-299
レイテ戦記(抄)   300-304
小説家夏目漱石(抄)   305-313
『俘虜記』『野火』『レイテ戦記』『少年』ほか 吉田【ヒロ】生 著 314-323