サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
彼に漂ふ悲しさ 広津和郎 著 3-4
久米さんの死 今日出海 著 5-6
梅の忌 真杉静枝 著 7-8
久米君の死の前後 谷崎潤一郎 著 9-11
若き日の久米正雄 佐藤春夫 著 12-14
久米正雄の恋愛 小島政二郎 著 15-17
或る言葉 大仏次郎 著 18-19
懐しき思ひ出 里見弴 著 20-22
久米君と俳句 久保田万太郎 著 23-26
書きかけの手紙 永井竜男 著 27-28
ピエロの服のボタン 宮田重雄 著 29-32
詩人晩翠 斎藤勇 著 43-46
土井晩翠の思い出 中野好夫 著 39-40
晩翠の墨戯 小池堅治 著 38
土井晩翠とホメーロス 高津春繁 著 36-37
晩翠先生と二高 伊田友作 著 35
東北大学講師時代 中島慶治 著 35
晩翠先生 三岡弘道 著 34
土井晩翠の詩業 服部嘉香 著 33-42
斎藤君の思ひ出 佐佐木信綱 著 47-48
巨巌を仰ぐ 尾上柴舟 著 49-50
斎藤茂吉の死を悲しむ 吉井勇 著 51-52
茂吉哀悼 土岐善麿 著 53-54
斎藤さんの闘志 松村英一 著 55-57
弔歌 太田水穂 著 58
心友茂吉 川田順 著 59-60
人間的な文学者 木俣修 著 61
垣なき茂吉 前川佐美雄 著 62-63
幸福な終焉 四賀光子 著 64
斎藤茂吉先生 高安国世 著 64
若き日の茂吉 小泉苳三 著 65
思ひ出の一つ 谷鼎 著 65
茂吉翁を悼みて 吉野鉦二 著 66
田舎の人 服部直人 著 67
仏法僧と慈悲心鳥 山下陸奥 著 67
追憶の一節 岡野直七郎 著 68
翁草 福田栄一 著 68
斎藤茂吉氏について 渡辺順三 著 69
葬儀に参列し得て 山下秀之助 著 70
思い出 窪田章一郎 著 71
茂吉哀悼 加藤将之 著 72
斎藤先生の追憶 松田常憲 著 72
昭和二十四年五月十四日の記 宮柊二 著 73-74
茂吉と青年記者 若月彰 著 75-77
アララギ歌会にて LP 著 78
とぼけて居るようで大人の風 武者小路実篤 著 79
土の香ひの高いエロティスム 辰野隆 著 80
悼斎藤茂吉 虚子 著 81-83
火事 小宮豊隆 著 84-85
茂吉大人の子煩悩 川田順 著 86
苦労と勉強 安倍能成 著 87-88
茂吉大人を偲ぶ 新村出 著 89-90
蚤と茂吉 川田順 著 91
座談会の追憶 水原秋桜子 著 92-93
斎藤先生の思ひ出 青木義作 著 94-95
蓮の花 小林勇 著 96-98
思出で話 池上浩山人 著 99-100
斎藤先生を偲びて 河野多麻 著 101
斎藤茂吉先生 鈴木一念 著 102
追憶二三 広野三郎 著 103-104
先生の絵 加藤淘綾 著 105-106
茂吉先生の一面 飯岡幸吉 著 107-108
断片 藤原哲夫 著 109-110
身心快楽 高柳得宝 著 111-112
童馬山房の一日 小林克郎 著 113-114
斎藤茂吉先生と長崎アララギ歌会のことなど 今宮武雄 著 115
思ひ出す事ども 原敏夫 著 116-117
引上げ頃のこと 板垣家子夫 著 118-119
斎藤先生の思ひ出 宇賀田為吉 著 120-121
上ノ山滞在吟のとき 高橋重男 著 122
火曜日 波多野虎雄 著 123-124
思ひ出二三 水上よし 著 125-126
「歩道」をめぐる思出 佐藤佐太郎 著 127-130
追憶記 芝沼美重 著 131
斎藤茂吉先生のこと 猪浦敏夫 著 132-133
代田の一日 山内照夫 著 134
或る感想 長沢一作 著 135-136
茂吉先生私記 山本成雄 著 137-139
兄の少年時代其他 高橋四郎兵衛 著 140-143
少年時の兄・金瓶疎開当時のこと 斎藤なを 著 144
中学時代の茂吉さん 内田祥三 著 145
中学時代の茂吉君、その他 吹田順助 著 145-148
一高生時代の茂吉 高野六郎 著 149
一高時代の茂吉 前田多門 著 150
大学時代の茂吉 村山達三 著 151-152
大学時代の茂吉・診察記 佐々廉平 著 153
巣鴨医局時代 下田光造 著 154-155
巣鴨医局時代の茂吉 斎藤玉男 著 156
長崎時代の茂吉先生 渡辺庫輔 著 157-159
渡欧前後 斎藤平義智 著 160-161
渡欧同行の記 神尾友修 著 162-163
伯林時代の茂吉 前田茂三郎 著 164
ウィーン時代の斎藤君 西川義英 著 165
ウィーン時代の茂吉さん 久保喜代二 著 166
ミュンヘン時代の斎藤さん 西村資治 著 167-168
科学者としての茂吉 内村祐之 著 169-174
青山脳病院焼失再建当時の茂吉 青木義作 著 175-176
病院長時代 守谷誠二郎 著 177-178
大石田に於ける斎藤君の事など 坂口康蔵 著 179
大石田在住時の茂吉先生 二藤部兵右衛門 著 180-181
看護の思ひ出 高橋千代 著 182-183
斎藤茂太 著 184-185
斎藤茂吉先生剖検所見概要 平福一郎 著 186-188
斎藤君をしのぶ 佐佐木信綱 著 189
斎藤君の追懐 安倍能成 著 189-190
茂吉の芸術と科学 小宮豊隆 著 191
茂吉翁を憶ふ 新村出 著 192
斎藤茂吉の人麿研究 山田孝雄 著 193
斎藤君をしのぶ 正宗敦夫 著 194-196
斎藤茂吉の散文 宇野浩二 著 197-205
茂吉先生と葉書 安藤貞亮 著 206
私の斎藤さん 金山平三 著 207-208
斎藤先生 木村荘八 著 209-210
茂吉翁寸感 中川一政 著 211
長崎風景と斎藤先生の肖像画 鈴木信太郎 著 212
礼儀深さ 釈迢空 著 213-214
川田順 著 215
「もきち」か「しげよし」か 斎藤昌三 著 216-217
洋画展に於ける記憶 水原秋桜子 著 218
茂吉より享けたもの 山口誓子 著 219
「短歌に於ける四三調の結句」と「短歌小言」 なかのしげはる 著 220-222
二つの鰻の会 河野与一 著 223
幸田文 著 224-225
茂吉先生の一面 小堀杏奴 著 22
茂吉先生のいはゆる「妄批」 河野多麻 著 227-228
東京裁判と斎藤先生 池松文雄 著 229
追憶二つ三つ 岡山巌 著 230-231
昭和十四年四月二十七日 橋本徳寿 著 232
原始人的暗さ 森本治吉 著 233-235
斎藤さんの思い出 西尾実 著 236-237
斎藤茂吉先生のおもひで 宮地数千木 著 238-239
その夜の先生と朗詠 門馬勝弥 著 240
先生の思ひ出二三 久保田不二子 著 241-242
最後の憲吉墓参他 中村シツ子 著 243
斎藤先生の思出 土田きみ子 著 244-245
富士見静養の斎藤先生 小池晴豊 著 246-247
追悼歌 1 土屋文明 ほか著 248-252
最初の記憶 土屋文明 著 253-254
茂吉と郷里 結城哀草果 著 255
斎藤先生と吾々 竹尾忠吉 著 256-257
斎藤先生の印象 高田浪吉 著 258
安居会に於ける茂吉先生 鹿児島寿蔵 著 259-260
先生の思ひ出 辻村直 著 261
追憶 広野三郎 著 262-263
先生の画に就いて 加藤淘綾 著 264
未刊に終つた山家集 岡田真 著 265-266
斎藤先生と岡先生と 杉田嘉次 著 267
斎藤先生 高安やす子 著 268
強羅山荘の斎藤先生 大内豊子 著 269
ただ一度だけきびしかつた先生 佐藤正憲 著 270
斎藤先生と私 木村靄村 著 271
茂吉先生と梧竹翁の書 佐久良子 著 272
茂吉先生を憶ふ 阿良正次 著 273
恩師茂吉先生 高柳得宝 著 274-275
代田時代の交渉 田中和子 著 276
代田の頃の先生 堀内通孝 著 277
彰考館文庫を訪ふ 藤森朋夫 著 278-279
松沢本院に於ける茂吉 鈴木一念 著 280-281
「ともしび」時代の斎藤先生 山口茂吉 著 282-283
食物 佐藤佐太郎 著 284-286
明治大正短歌史概観その他 柴生田稔 著 287-289
追悼歌 2 土屋文明 選 290-296
上ノ山の斎藤先生 小松三郎 著 297-298
大石田の斎藤先生 板垣家子夫 著 299-300
先生と蕨など 寺沢亮 著 301
空間の筆意 白木裕 著 302-303
斎藤先生の外遊短歌 犬丸秀雄 著 304
思ひ出 今宮武雄 著 305-306
藤浪・つゆじも 中村良子 著 307-308
斎藤先生の思ひ出 黒江太郎 著 309
人間たちを見てゐる 吉田漱 著 310
回想 越後昌二 著 310-311
慈しみと怒り 青木辰雄 著 312
新宿での半日 石川ふさ 著 313
第七回安居会と斎藤先生 山田良春 著 314-315
茂吉の「あはれ」と「かなしび」 飯岡幸吉 著 316
追慕記 杉鮫太郎 著 317
長崎時代の追憶二三 夏山茂樹 著 318-319
噫斎藤先生 泉幸吉 著 320
所感 小暮政次 著 321
「遠遊」と「遍歴」の位置 落合京太郎 著 322-324
斎藤茂吉と万葉集 五味保義 著 325-328
書翰 阿部次郎 著 329
開くと閉じると 吹田順助 著 329-330
赤いつめたい手 小林勇 著 331-334
茂吉が私の娘に歌はせた自作歌二首 村山道雄 著 335
茂吉先生の死面 新海竹蔵 著 336
茂吉先生と岡本さん 河野与一 著 337-338
哀悼歌 結城哀草果 著 339
山形と父と私 斎藤茂太 著 340-342
書斎 斎藤西洋 著 343-344
蔵王山歌碑建立について 高橋四郎兵衛 著 345-346
斎藤先生の闘魂 青木義作 著 347
思ひ出すまま 斎藤平義智 著 348-349
梧竹流 守谷誠二郎 著 350-351
伯父様の思出 斎藤和子 著 352-353
茂吉の思ひ出 守谷ひで子 著 354
文化勲章祝賀会当日のメモより 鈴木啓蔵 著 354-355
追悼歌 結城哀草果 ほか著 356-358
茂吉の思ひ出 斎藤豊太 著 359-360
生獅子 山口与助 著 361
「ともしび」の頃 大道寺吉次 著 362-363
空襲下の別れ 橘馨 著 364-365
叱らる 板垣家子夫 著 366-367
敬仰記 黒江太郎 著 368-370
斎藤茂吉先生と酒田 斎藤邦明 著 371-372
追憶記 横尾健三郎 著 373-374
斎藤茂吉先生を憶ふ 高島祥光 著 375
茂吉先生と聴診器 江口二三男 著 376
茂吉の俳句其他 三島ふさ 著 377
斎藤茂吉氏の事ども 伊沢信平 著 378-380
夏の追憶 松坂二郎 著 381
追憶二つ 結城哀草果 著 382-384