サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
大正時代のワイルド受容 佐々木隆 著 688-693
犬養木堂の篆刻観 小西憲一 著 10-13
動員学徒の勤労日記 矢野貫一 著 14-23
評伝恒藤恭 10 関口安義 著 24-35
見ること・聴くこと 上田穂積 著 36-45
志賀直哉の「個」を巡る考察 呉谷充利 著 669-687
志賀直哉の『網走まで』の道程 赤羽学 著 46-51
居場所なき(犯罪)行為(者)を語る二つの方法 伊藤佐枝 著 52-58
志賀直哉「クローディアスの日記」 浜田志保子 著 662-668
志賀直哉『大津順吉』論 山口直孝 著 59-67
〈書き手〉の時間・顕在化する「今」 渡部茂樹 著 68-71
『暗夜行路』における原風景とその関連テーマ 宮越勉 著 72-85
継起と受難 細谷博 著 86-92
『暗夜行路』「第二」を読む 清水康次 著 93-104
小説家・時任謙作の起源 上田穂積 著 105-114
時任謙作の人間像をめぐる考察 宮越勉 著 115-128
有島武郎・〈虚構〉の準備過程・再考 2 栗田広美 著 129-136
有島武郎『運命の訴へ』について 福田準之輔 著 137-147
文学における姿勢をめぐって 梁継国 著 648-661
加藤勘助 望月謙二 著 148-161
府立三中時代の芥川竜之介 関口安義 著 162-173
芥川竜之介と「第二回高原夏期大学」 吉岡由紀彦 著 173-182
芥川竜之介のスタンス 高橋竜夫 著 183-186
「鼻」におけるベルクソン哲学の陰影 高橋竜夫 著 187-193
芥川竜之介の「回想」 国末泰平 著 194-198
『蜘蛛の糸』から『杜子春』へ 松本寧至 著 199-205
『玄鶴山房』考 羅勝会 著 206-213
再説芥川竜之介『歯車』考 菊地弘 著 214-219
「糸女覚え書」の構図 勝倉寿一 著 220-225
芥川竜之介『馬の脚』ノート 阿部寿行 著 226-232
芥川竜之介『開化の良人』論 足立直子 著 233-241
芥川竜之介『奇怪な再会』への一視点 岡田豊 著 242-256
「少年」箚記 佐々木雅発 著 257-262
芥川竜之介「南京の基督」試論 水洞幸夫 著 263-268
「沈黙」ノート 笹瀬王子 著 269-274
徳田(近松)秋江『人の影』のころ 山本昌一 著 275-281
徳富蘆花におけるワーズワースの受容 吉田正信 著 282-288
徳富蘆花『思出の記』 布川純子 著 289-295
近代文学資料-吉田絃二郎 安藤勝志 著 296-320
菊池寛・文学精神史概説 片山宏行 著 321-324
菊池寛とショー 小木曽雅文 著 631-647
久米正雄「地蔵教由来」 中村友 著 325-331
宇野浩二の批評性 谷彰 著 332-340
宇野浩二〈諏訪もの〉の一源流 蔀際子 著 341-345
昭和の御馳走・内田百間『御馳走帖』・谷崎潤一郎「細雪」 真銅正宏 著 346-365
石黒達昌論 和田勉 著 366-372
野上弥生子『真珠』論 渡辺ルリ 著 373-379
小林多喜二と太宰治の接点はあったか 松沢信祐 著 380-388
〈正名〉のモラル 石川巧 著 389-394
横光利一「美しき裏切(クライスト作)」の典拠と周辺 島村健司 著 395-402
横光利一の「唯物論」と表現 杣谷英紀 著 403-412
横光利一『紋章』論 木村友彦 著 413-418
横光利一試論 日置俊次 著 419-431
観念からの脱却 木村友彦 著 432-436
川端康成「伊豆の踊子」論 勝呂奏 著 437-444
川端康成「竹の声桃の花」(掌の小説)論 森晴雄 著 445-450
温泉文学と観音信仰 橋詰静子 著 451-457
牧野信一「夜見の巻」論 副田賢二 著 458-464
中河与一〈偶然論〉に関する一考察 川上真人 著 465-475
岸田国士「牛山ホテル」の方言について 斎藤平 著 476-484
梶井基次郎「Kの昇天-或はKの溺死」の構造と戦略 大塚常樹 著 485-490
嘉村礒多作品研究 渡邉まさひこ 著 491-497
『牡丹のある家』論 小林美恵子 著 498-505
林芙美子『巴里日記』と『自筆日記』をめぐって 3 今川英子 著 506-512
井伏文体の胎動 中村明 著 513-520
井伏鱒二「青ケ島大概記」の諷刺性 勝倉寿一 著 521-525
「遙拝隊長」論 小菅健一 著 526-534
堀辰雄における西欧文学 3 竹内清己 著 535-545
堀辰雄「十月」覚書 門屋光昭 著 546-553
石川淳「普賢」論 中 山口俊雄 著 554-568
石川淳『白頭吟』について 松尾瞭 著 569-573
「武漢作戦」による石川達三の〈名誉恢復〉 白石喜彦 著 574-586
北条民雄の可能性 川津誠 著 587-596
中島敦・習作「蕨・竹・老人」論 藤村猛 著 597-601
中島敦・習作「下田の女」論 藤村猛 著 602-609
中島敦・習作「ある生活」論 藤村猛 著 610-615
『山月記』の言説分析の試み 長谷川達哉 著 616-630