サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
平安後期物語論 葛綿正一 著 9-31
富士山と竹取物語 稲葉光彦 著 33-37
伊勢物語の贈答歌 高木和子 著 39-51
『伊勢物語』古注釈における業平と伊勢 木戸久二子 著 53-57
語彙史研究を利用した古文教育 郡千寿子 著 699-702
伊勢物語「筒井つの」考 内田美由紀 著 59-62
パロディとしての『伊勢物語』六十三段 太田美知子 著 63-68
「大和物語」の話末表現形式について 古家強 著 69-75
平中物語第二段の和歌 青木賜鶴子 著 77-80
『うつほ物語』における慰霊・鎮魂 佐藤厚子 著 81-90
『うつほ物語』〈絵解〉小考 伊藤禎子 著 91-101
『うつほ物語』「絵解」資料 伊藤禎子 著 103-112
『落窪物語』における邸第の伝領 廣田收 著 113-134
源氏物語に見る物語の繰り返しの意味 三苫浩輔 著 135-143
源氏物語の巻名と歌語 清水婦久子 著 145-150
源氏物語作中歌攷 2 椎橋真由美 著 151-167
夢から遠い女君六条御息所の「もののけ」 久慈きみ代 著 169-181
『源氏物語』論 村山太郎 著 183-187
『源氏物語』「天翔る」攷 坂本智美 著 189-195
『源氏物語』の移り香 畠山瑞樹 著 197-207
『源氏物語』論 村山太郎 著 209-214
『源氏物語』第二・第三世代の菊 遠藤寿一 著 215-221
『源氏物語』における「長恨歌伝」の研究 「桐壼」巻篇其の3 袴田光康 著 223-235
中山家本源氏物語の表現 中村一夫 著 237-245
〈翻刻〉蓬左文庫本『源氏物語』「朝顔巻」の本文について 岡野道夫 著 247-257
〈翻刻〉蓬左文庫本『源氏物語』「橋姫巻」の本文について 翻刻篇 岡野道夫 著 259-271
『源氏一部之簡要』所収の「源氏物語」巻名和歌について 吉岡貴子 著 273-282
翻刻『源氏物語古註』 40 御法 熊本守雄 著 283-288
源氏物語もう一つの読み方 北原美紗子 著 289-300
語彙と語構成からみた源氏物語 神谷かをる ほか著 301-311
源氏物語の「うちわらふ」 白井清子 著 313-320
『源氏物語』における「おほどか」の負のイメージについての考察 中山幸子 著 321-332
源氏物語語彙雑考 3 「なつかしげなり」「まつはす」「我になる」 室城秀之 著 333-337
二重否定表現「ぬことなし」をめぐって 西田隆政 著 694-698
〈翻刻〉四国大学附属図書館蔵『源氏物語』薄雲巻 余田充 著 339-344
玉鬘物語の始発 徳岡涼 著 345-352
玉鬘物語試論 星野敏康 著 353-360
浮舟入水の後 加納重文 著 361-371
源氏の女の自己主張 中島美代子 著 373-382
〈大宮〉考 土居奈生子 著 383-393
藤壼の夢の感覚 有田祐子 著 395-401
藤壺における「おほかた」考 山崎和子 著 403-409
藤壺の「醒めぬ夢」 山崎和子 著 411-416
源氏物語の出離志向 3 光源氏・祈りの旅 沢田正子 著 417-426
「しどけなき」光源氏の美質 大津直子 著 427-440
若紫巻の光源氏と唐物 河添房江 著 441-445
玉藻の喩と紫の上 太田美知子 著 447-451
新手枕での、光に対する紫の抵抗 望月郁子 著 453-461
紫の上と末摘花 野中和孝 著 463-472
スキガマシキアダ人 望月郁子 著 473-481
明石君の〈けはひ〉 竹内正彦 著 483-493
朝顔姫君論 高橋七浦子 著 495-501
少女巻の槿の君試論 北畑絹代 著 503-508
朝顔・少女の巻の定位 茅場康雄 著 509-514
『源氏物語』宿木巻における朝顔の贈答歌 磯部一美 著 515-519
『源氏物語』における蛍宮の役割 石川倫子 著 521-530
雲居雁の変貌 平林優子 著 531-541
落葉宮の結婚に関する一考察 上田満寿美 著 543-547
落葉宮と夕霧の関わり 上田満寿美 著 549-553
『源氏物語』冷泉朝の養女入内 倉田実 著 555-564
薫の聖性 吉田雅雄 著 565-575
総角巻の引歌表現「かく袖ひつる」考 堤和博 著 577-587
『源氏物語』宇治十帖の端役 福永佳子 著 589-595
特異修辞と表現方法 保科恵 著 597-609
意味論の基本図式としての文 野林靖彦 著 681-692
『堤中納言物語』「ほどほどの懸想」論 陣野英則 著 611-616
〈男の物語〉から〈女の物語〉へ 丁莉 著 617-620
三十人の女房-落窪の君の御前を中心に 山本令子 著 621-628
宿曜の予言の内容を光は何時知ったか 望月郁子 著 629-639
檀の木の下で 村井利彦 著 641-645
源氏物語爪印 村井利彦 著 647-673
〈流離する貴種〉の系譜 星山健 著 675-680