サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『小夜衣』の和歌表現 安道百合子 著 563−568
鉢かづきと観音信仰の普遍化 渡邉昭五 著 9−14
射日説話の日本的展開 筒井早苗 著 15−24
源翁伝と在地伝承 高島一美 著 25−29
『七天狗絵』略注 3 三角洋一 著 31−39
公文教育研究会蔵『七夕物語』の翻刻並びに解題 勝俣隆 著 41−49
『唐鏡』考 山田尚子 著 51−58
「頸ねぢきッて」という表現をめぐって 須藤敬 著 59−68
軍記『保元物語』の世界 橋口晋作 著 69−74
半井本『保元物語』に見る漢語二題 坂詰力治 著 75−81
古態本『平治物語』の世界とその関連 橋口晋作 著 83−89
『平家物語』は叙事詩か 日下力 著 91−96
平家家人三題 佐々木紀一 著 97−100
平家物語における赤井などについて 白石一美 著 101−106
『剣巻』永久強訴落首成立の背景 佐々木紀一 著 107−112
『平家物語』安徳天皇大嘗会延引記事の意義 平藤幸 著 113−119
教科書で『平家物語』はどう読まれてきたか 安野博之 著 121−126
清経入水 宮田尚 著 127−132
『平家物語』源頼朝礼讃記事異文考 信太周 著 133−143
征夷大将軍源義仲と入道前関白松殿基房 武久堅 著 145−156
義仲北陸篇七章の考察 武久堅 著 157−166
佐々木氏勲功伝承と『平家物語』 佐々木紀一 著 167−174
『平家物語』の中の佐竹氏記事について 佐々木紀一 著 175−182
〈翻刻〉駒澤大学図書館蔵九行本『平家物話』巻十一 櫻井陽子 著 183−208
天草版平家物語序説 玉懸洋子 著 554−562
『源平闘諍録』における醍醐天皇堕地獄説話 清水由美子 著 209−220
源平闘諍録全釈 早川厚一 著 221−226
仮名本『曽我物語』巻五「貞女が事」の典拠 渡瀬淳子 著 227−231
『太平記』における奥州への距離意識 石田洵 著 233−237
『太平記』北野通夜物語の構想 大坪亮介 著 239−246
『天正南部軍記』覚書 石田洵 著 247−253
『榻鴫暁筆』の「盤古王」説話研究ノート 小椋愛子 著 255−262
諏訪流の鷹術伝承 二本松泰子 著 263−271
下毛野氏の鷹術伝承 二本松泰子 著 273−277
『西行物語』の源流をめぐって 礪波美和子 著 279−287
『宝物集』における神について 追塩千尋 著 289−300
現世と来世の安穏 市川浩史 著 301−308
『愛染王紹隆記』考 吉田唯 著 309−317
「児のそら寝」考 須藤敬 著 319−327
金沢学院大学所蔵『春日鹿曼荼羅』の科学的研究 中村晋也 著 545−552
中世聖徳太子伝の一齣 松本昭彦 著 329−333
明恵上人伝記の研究 野村卓美 著 335−343
貞慶をめぐる二人の僧侶 野村卓美 著 345−354
方丈記「理にも過ぎたり」の解釈について 山村孝一 著 355−363
兼好と天台浄土教 齋藤彰 著 365−371
飛鳥井雅有『嵯峨の通ひ』の方法 河野有貴子 著 373−381
とはずがたり解題 奥田恵瑞 著 383−398
『とはずがたり』冒頭部、雪の曙の求愛の場の虚構について 佐藤茂樹 著 399−403
『とはずがたり』の御薬 辻本裕成 著 405−414
『とはずがたり』信濃善光寺参詣記事について 須田亮子 著 415−421
『とはずがたり』足摺岬記事の役割について 須田亮子 著 423−430
キリシタン版『どちりいな・きりしたん』における“在ます”をめぐって 漆崎正人 著 431−447
キリシタン版『どちりいな・きりしたん』における“御座ます”をめぐって 漆崎正人 著 449−457
『天草版伊曾保物語』における待遇表現の一問題 漆崎正人 著 459−466
『謡抄』における「不思議」の注釈をめぐって 小林千草 著 467−475
世阿弥と三郎元重 その1 三郎元重が観世大夫の地位を獲得した時期をめぐって 天野文雄 著 477−489
作者の死と物語 原田香織 著 491−501
能楽「葵上」と「野宮」における主人公の表現構造とその特長 齋藤澄子 著 503−512
謡曲『定家』の歌結び考 今井孝子 著 513−518
〈綾鼓〉研究の現在 西村聡 著 519−526
狂言「惣八」の形成 岩崎雅彦 著 527−531
大蔵虎明本〈河原太郎〉復元本文と国語史的考察 小林千草 著 533−544