サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

日本語複文構文の研究

日本語複文構文の研究

  • 益岡 隆志(編)/ 大島 資生(編)/ 橋本 修(編)/ 堀江 薫(編)/ 前田 直子(編)/ 丸山 岳彦(編)
作品 著者 ページ
連用修飾節・連体修飾節構造に関する研究の動向と課題 前田直子 著 3−24
接続助詞的な「のが」の節の文 天野みどり 著 25−54
いわゆる主要部内在型関係節の形式と意味と語用論 坪本篤朗 著 55−84
連体修飾節における底名詞の性質と名詞性接続成分 松木正恵 著 85−127
現代日本語における「〜とも」の意味・用法 前田直子 著 129−142
主節の名詞句と関係づけられる従属節のタイプ 江口正 著 143−167
時を表す名詞を主名詞とする名詞修飾表現について 高橋美奈子 著 169−196
外の関係の連体修飾節におけるテンスについて 大島資生 著 197−211
文法史に関する複文研究の動向と課題 橋本修 著 215−227
上代・中古資料における非制限的連体修飾節の用法バリエーション 橋本修 著 229−248
上代・中古語の推量表現の表現原理 井島正博 著 249−278
条件表現とモダリティ表現の接点 高山善行 著 279−297
名詞の形式化・文法化と複文構成 宮地朝子 著 299−322
例示並列形式としてのトカの史的変遷 岩田美穂 著 323−346
従属節において意志・推量形式が減少したのはなぜか 福嶋健伸 著 347−382
コーパス言語学・語用論の観点から見た日本語複文研究の動向と課題 丸山岳彦 著 385−398
現代日本語の連用節とモダリティ形式の分布 丸山岳彦 著 399−425
副詞「せっかく」による構文と意味の統制 蓮沼昭子 著 427−467
日本語の等位的節接続構造 長辻幸 著 469−493
日本語の語用特性と複文の単文化 加藤重広 著 495−520
日本語の中立形接続とテ形接続の競合と共存 益岡隆志 著 521−542
言語類型論・対照言語学の観点から見た日本語複文研究の動向と課題 堀江薫 著 545−558
日本語の名詞修飾節構文 松本善子 著 559−590
中国語の連体修飾節の構造と意味 下地早智子 著 591−615
バントゥ諸語における名詞修飾節の形式と意味 米田信子 著 617−643
従属句の階層を再考する 大堀壽夫 著 645−672
主節と従属節の相互機能拡張現象と通言語的非対称性 堀江薫 著 673−694
韓国語の引用修飾節の主節化 金廷珉 著 695−717