サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 酒井 隆史の紙の本一覧

“酒井 隆史”の紙の本一覧

1965年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程満期退学。大阪府立大学人間社会学部准教授。専攻は社会思想史、社会学。著書に「自由論」「暴力の哲学」など。

“酒井 隆史”に関連する紙の本を19件掲載しています。119 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

国家をもたぬよう社会は努めてきた クラストルは語る

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,860
  • 出版社:洛北出版
  • 発売日:2021/10/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 「国家なき社会」は、なぜ「国家なき社会」なのか。それは、その社会が「国家に抗する社会」だからである−。人類学者ピエール・クラストルへのインタビューを通し、彼の著作が人文社会科学全般にもたらしたインパクトを紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

    はじめてのクラストル――
     「国家なき社会」は、なぜ「国家なき社会」なのか。
     それは、その社会が「国家に抗...

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

  • 評価3.9レビュー:78件
  • 税込価格:4,070
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2020/07/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 【紀伊國屋じんぶん大賞(2021)】なぜ社会の役に立つ仕事ほど低賃金なのか。私たちの世界をむしばむブルシット・ジョブ(クソどうでもいい仕事)の実態と弊害とメカニズムを、証言・人文知等を駆使しながら解明、理論化。仕事のほんとうの「価値」を再考する。【「TRC MARC」の商品解説】

    やりがいを感じないまま働く。ムダで無意味な仕事が増えていく。人の役に立つ仕事だけど給料が低い——...

負債論 貨幣と暴力の5000年

  • 評価4.5レビュー:11件
  • 税込価格:6,600
  • 出版社:以文社
  • 発売日:2016/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代人の首をしめあげる負債の秘密を、古今東西にわたる人文知の総結集をとおして貨幣と暴力の5000年史という壮大な展望のもとに解き明かす。資本主義と文明総体の危機に警鐘を鳴らしつつ、21世紀の幕開けを示す書。【「TRC MARC」の商品解説】

    『負債論』は21世紀の『資本論』か?
    現代人の首をしめあげる負債の秘密を、貨幣と暴力の5000年史の壮大な展望のもとに解き明かす...

自由論 現在性の系譜学 完全版 (河出文庫)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2019/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • わたしたちは本当に自由なのか? 1980年代から現在まで、ネオリベラリズムの生成過程を、規律社会から管理社会へと移行する権力の編成として描き出しながら、フーコー以降の政治社会論を更新する。補論を加えて文庫化。〔初版:青土社 2001年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    私たちは、いま本当に自由なのか? 新自由主義の生成過程とその核心部を鮮やかに描いた名著を、文庫化にあたり...

談 Speak,Talk,and Think no.121(2021) 〈特集〉複合危機とポスト資本主義

  • 税込価格:880
  • 出版社:たばこ総合研究センター
  • 発売日:2021/07/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 地球環境危機や経済危機、社会的危機などのさまざまな危機が同時多発的に発生していることを指す「複合危機」。その原因の一つを資本主義の危機や限界に求め、ポスト資本主義について議論する。【「TRC MARC」の商品解説】

    特集 複合危機とポスト資本主義

    地球温暖化を中心とした地球環境危機と急激に増大する世界の人口に対応できないエネルギー、水や食糧などの不足...

ブルシット・ジョブの謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増えるか (講談社現代新書)

  • 税込価格:1,012
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2021/12/15
  • 近日発売:予約可
  • 誰も見ない書類をひたすら作成するだけの仕事、無意味な仕事を増やすだけの上司、偉い人の虚栄心を満たすためだけの秘書、嘘を嘘で塗り固めた広告、価値がないとわかっている商品を広める広報……私たちはなぜ「クソどうでもいい仕事(ブルシット・ジョブ)」に苦しみ続けるのか? なぜブルシット・ジョブは増え続けるのか? なぜブルシット・ジョブは高給で、社会的価値の高い仕事ほど報酬が低いのか? 世界的ベストセラー、デ...

暴力の哲学 (河出文庫)

  • 評価3.8レビュー:7件
  • 税込価格:1,056
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2016/01/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 暴力は生と政治にどうかかわるのか。ファノン、ベンヤミンなどの暴力論とガンディー、ブラック・パンサーなどの実践を総括しながら、暴力と非暴力を根底から考察し、それらをこえる反暴力をラディカルに構想する。〔2004年刊を大幅改訂の上、増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    人はなぜ暴力を憎みながらもそれに魅せられるのか。歴史的な暴力論を検証しながら、この時代の暴力を考える、いまこ...

官僚制のユートピア テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則

  • 評価4.5レビュー:5件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:以文社
  • 発売日:2017/12/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 人類が夢見た「空飛ぶ自動車」をめぐる科学技術は、人間の内面を規制する「マネジメント=官僚制」を生み出した! 新自由主義が自明のものとなった今日、それもまた空気と化している−。無意識の現代性に切り込む文明批評。【「TRC MARC」の商品解説】

     本書の分析対象は、「規制緩和」と総称される現代社会そのものである。翻訳のうえで「ルール」を官僚制としたのは、全く同じことは私企業では...

ミシェル・フーコー (シリーズ現代思想ガイドブック)

  • 評価2.0レビュー:3件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2006.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 「言葉と物」「監獄の誕生」「性の歴史」などで20世紀後半の知的革命を導いた巨大な思想家フーコー。知の生産における権力の作用、狂気、主体性などをめぐる、豊かで複雑な思考を理解するための案内書。【「TRC MARC」の商品解説】

通天閣 新・日本資本主義発達史

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2011/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 【サントリー学芸賞(第34回)】将棋の王様・阪田三吉の軌跡と大阪の空間性、新世界の荒廃と飛田遊廓、ジャンジャン町の隆盛…。通天閣の見える場所で、人々は彷徨い、遊び、闘い、そして何を生んだか? 圧倒的密度で描く、大阪ディープサウス秘史。【「TRC MARC」の商品解説】

政治的なものについて 闘技的民主主義と多元主義的グローバル秩序の構築 (ラディカル・デモクラシー)

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:明石書店
  • 発行年月:2008.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 右翼ポピュリズムの台頭やテロリズムの続発からもあきらかなように、政治的な敵対性は激化の一途をたどっている。「政治的なもの」の欠乏に抗して、多元主義的民主主義の可能性を探究する、論理的思考の到達点。【「TRC MARC」の商品解説】

ディオニュソスの労働 国家形態批判

  • 評価5.0
  • 税込価格:6,380
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2008.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 30年強の長きにわたるネグリ思想の一大集積。「帝国」や「マルチチュード」において展開される基本的な問題設定と論点のほぼすべてを提示した、さまざまな次元での「革命」をめぐる真摯な思考のオーケストレーション。【「TRC MARC」の商品解説】

非対称化する世界 『〈帝国〉』の射程

  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:以文社
  • 発行年月:2005.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 20世紀末から21世紀にかけての世紀転換期におけるトータルな世界認識の転換への関心が高まりつつある。世界認識の転換という視点から、03年刊「帝国」で提起された問題の位置づけと展開を試みる論集。【「TRC MARC」の商品解説】

自由論 現在性の系譜学

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2001/07/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 私たちはいま、ほんとうに自由なのか。「自由」の名の下にはびこる「人権侵害」という「人間性」の剝奪、それに対する沈黙や称賛、「能力」による階級格差を促進させるエリートたちの姿を指摘、警鐘を投げかける。【「TRC MARC」の商品解説】

スラムの惑星 都市貧困のグローバル化

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:明石書店
  • 発行年月:2010.5
  • 発送可能日:要確認
  • スラムという、都市と地方の境界が曖昧になったところに成り立つ領域の急激な拡大が、これからの人類にとって根本的な問題となる。ネオリベラリズムが産み出した構造的な社会問題を、都市論の代表的論客が読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

金融恐慌からコモンズへ 資本主義の現在的批判のために VOL extra

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:以文社
  • 発行年月:2009.11
  • 発送可能日:要確認
  • アメリカで活動する集団「ミッドナイト・ノーツ・コレクティブ」による、金融資本主義分析と来るべき「コモンズ」を基礎にした世界への展望。金融化の世界戦略を問題化し、そこから脱出するための道筋を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

  • 評価3.9レビュー:8件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2004.5
  • 発送可能日:要確認
  • 「暴力はいけません」? 人はなぜ暴力を嫌悪しながら、暴力に魅せられるのか。この時代の危機とあらゆる暴力論を検証しつつ「反暴力」を構想する。「自由論」の著者による繊細にして苛烈な力篇。【「TRC MARC」の商品解説】

否定的なもののもとへの滞留 カント、ヘーゲル、イデオロギー批判 (批評空間叢書)

  • 税込価格:4,400
  • 出版社:太田出版
  • 発行年月:1998.4
  • 発送可能日:要確認
  • デカルト、カント、ヘーゲルの哲学をラカン精神分析の否定性の視点から徹底的に形式化するとともに、著者自身が直面した東欧における政治的経験を、明晰なナショナリズム、イデオロギー分析として提示する。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 19 件中 1 件~ 19 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。