サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 光成 準治の紙の本一覧

“光成 準治”の紙の本一覧

1963年大阪府生まれ。九州大学大学院比較社会文化学府博士課程修了。博士(比較社会文化)。同大学大学院比較社会文化研究院特別研究者。著書に「関ケ原前夜」「小早川隆景・秀秋」など。

“光成 準治”に関連する紙の本を9件掲載しています。19 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

天下人の誕生と戦国の終焉 (列島の戦国史)

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:吉川弘文館
  • 発売日:2020/11/30
  • 近日発売:予約可
  • 17世紀初頭、豊臣氏を滅亡させた徳川氏が権力の頂点に立つ。秀吉の天下一統から大坂の陣、徳川政権確立までの政局をたどり、兵農分離の実像や芸能・美術など、社会と文化にもふれながら「天下人」の時代を見渡す。【商品解説】

小早川隆景・秀秋 消え候わんとて、光増すと申す (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • 発売日:2019/03/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 毛利元就の三男に生まれ、国衆小早川家を継承し、豊臣政権の中枢にまで上り詰めた隆景。天下人秀吉の養子から隆景の養子となり、関ケ原合戦での「裏切り」で汚名を残した秀秋。疾風の如く変転した小早川家二代の実像を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

    小早川隆景(1533?97)・秀秋(1582?1602) 戦国・織豊期の大名。
    毛利元就の三男に生まれ、国衆小早川家を継承し、豊...

本能寺前夜 西国をめぐる攻防 (角川選書)(角川選書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

本能寺前夜 西国をめぐる攻防 (角川選書)

  • 評価4.3レビュー:2件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2020/02/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 西国経略において競合していた軍事指揮官の秀吉と光秀は、最大の敵・毛利氏との決戦と、天下一統とが近づくにつれて、立場に齟齬を生じさせる−。本能寺の変の背景を、合戦を軸に西国大名の関係に着目し検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

    信長との合戦を繰り広げ、将軍の権威を利用して西国諸大名との連携を試みた毛利氏。一方、毛利氏の勢力拡大に反発する大名・領主層を抱き込む包囲網を目論...

九州の関ケ原 (シリーズ・実像に迫る)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:戎光祥出版
  • 取扱開始日:2018/12/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 黒田如水と連携し、領土拡大を図る加藤清正。情勢を見極めた鍋島直茂は、立花宗茂に襲いかかる−。関ケ原の戦い前後の九州地域において展開された軍事紛争の実像を、おもに同時代史料を用いて描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

関ケ原前夜 西軍大名たちの戦い (角川ソフィア文庫)(角川ソフィア文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

関ケ原前夜 西軍大名たちの戦い (角川ソフィア文庫)

  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:1,188
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2018/03/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 太閤秀吉という支柱を失った後、関ケ原に至るまで、豊臣政権内部で何が起こっていたのか。毛利輝元ら西軍の外様大名に光をあて、ドラマでは描けない関ケ原前夜の政治情勢・権力闘争の実態に迫る。〔日本放送出版協会 2009年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    太閤秀吉の死去から、関ヶ原合戦にいたるまで、豊臣政権のなかでは何が起きていたのか? 凡庸な人物で、単なる被害者と評...

吉川広家 (シリーズ・織豊大名の研究)

  • 税込価格:7,150
  • 出版社:戎光祥出版
  • 取扱開始日:2016/11/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 毛利元就の孫で、関ケ原合戦時の家康との講和交渉で知られる吉川広家。豊臣期における吉川家家中の権力構造、本宗家・統一政権との関係、広家が普請・整備した城郭・城下町について論じ、広家の実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

毛利輝元 西国の儀任せ置かるの由候 (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 税込価格:4,180
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • 発売日:2016/05/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 中国地方を制覇し、豊臣政権では五大老の一人となり、関ケ原の戦いで西軍の総大将格となった毛利輝元。劣等感に悩み、時代に翻弄されつつも、明治維新に繫がる萩藩の礎を築いた生涯を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

関ケ原前夜 西軍大名たちの戦い (NHKブックス)

  • 評価4.2レビュー:9件
  • 税込価格:1,276
  • 出版社:日本放送出版協会
  • 発行年月:2009.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 太閤秀吉という支柱を失った後、関ケ原に至るまで、豊臣政権内部で何が起こっていたのか。毛利輝元ら西軍の外様大名に光をあて、ドラマでは描けない関ケ原前夜の政治情勢・権力闘争の実態に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

中・近世移行期大名領国の研究 (歴史科学叢書)

  • 税込価格:11,000
  • 出版社:校倉書房
  • 発行年月:2007.5
  • 発送可能日:購入できません
  • 総合資料学的分析を用いることにより、中・近世移行期大名・領主層の空間構造の実態を明らかにするとともに、地域社会の構造や村落統治の変容過程について考察。毛利氏の領国支配や権力構造の特質などについても分析する。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 9 件中 1 件~ 9 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。