サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 吉川弘文館の紙の本一覧

“吉川弘文館”の紙の本一覧

“吉川弘文館”に関連する紙の本を7,214件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

歴史手帳2022年版

  • 吉川弘文館編集部 (編)
  • 評価4.7レビュー:3件
  • 税込価格:1,320
  • 発売日:2021/10/18
  • 発送可能日:24時間
  • 日記と歴史百科がコンパクトな一冊にまとまり、歴史家・教師・作家・ジャーナリスト・学生など、毎年多くの方々に好評いただいています。【商品解説】

六波羅探題 京を治めた北条一門 (歴史文化ライブラリー)

  • 森 幸夫 (著)
  • 評価4.6レビュー:4件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2021/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 承久の乱後に京都に置かれ、西国統治に重要な役割を果たした六波羅探題。執権・連署に次ぐ重職の実態とは。朝廷や大寺社とも折衝しつつ機能を整えた変遷と、政治家としての力量が問われた探題北条氏の苦闘を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    承久の乱後に京都に置かれた鎌倉幕府の出先機関、六波羅探題。洛中の治安維持と裁判を担い悪党の鎮圧を任されるなど、西国統治に重要な役割を果たした。北...

呪いの都平安京 呪詛・呪術・陰陽師 (読みなおす日本史) 新刊

  • 繁田 信一 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2021/12/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 貴族たちの陰湿な望みをかなえるために暗躍する法師陰陽師。呪詛と呪術に生きた彼らとは、どのような人々だったのか。呪いあう貴族の怨念を読み解き、平安京の裏の姿を明らかにする。「呪禁師」に関する補論も収載。〔2006年刊の増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    貴族たちが抱く陰湿な望みをかなえるために、都に暗躍する法師陰陽師。呪いとまじないに生きた彼らは、どのような人々だったのか...

京都の中世史 1 摂関政治から院政へ

  • 美川 圭 (著)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2021/12/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 藤原氏が国政を掌握した摂関政治をへて、上皇による院政へ。都市域が拡大し、平安京が“京都”へ変貌する胎動期における、政務のしくみや運営方法・財源などを政治権力の転変とともに活写する。【「TRC MARC」の商品解説】

    藤原氏が国政を掌握した摂関政治をへて、上皇による院政が始まる。政務のしくみや運営方法・財源などを、政治権力の転変とともに活写。寺院造営や人口増加で都市域が拡大し、...

九州戦国城郭史 大名・国衆たちの築城記 (歴史文化ライブラリー) 新刊

  • 岡寺 良 (著)
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2021/12/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 毛利・秋月・大友・島津らの覇権をめぐる合戦や領国争い、秀吉による九州平定を、城館に焦点をしぼって描く。築城をめぐる彼らの目論見を読み解き、新たな九州戦国史像を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦国時代の九州では、どのような合戦が繰り広げられたのか。大友・島津ら大名間の覇権をめぐる合戦や秋月氏ら国衆の領国争い、秀吉の九州平定にいたる歴史を、政治・軍事拠点であった...

対決の東国史 2 北条氏と三浦氏 新刊

  • 高橋 秀樹 (著)
  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2021/12/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 有力御家人を次々と排斥した北条氏と、相模国最大の豪族で、北条氏の唯一のライバルだったという三浦氏。「吾妻鏡」の記述を相対化する視点から検証し、両氏の役割と関係に新見解を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

    有力御家人を次々と排斥した北条氏と、その唯一のライバル三浦氏、という通説は正しいのか。両者の武士団としての存在形態に留意し、『吾妻鏡』の記述を相対化する視点から検証...

東北の名城を歩く 北東北編続 青森・岩手・秋田

  • 飯村 均 (編)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2021/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 往時を偲ばせる空堀や土塁、曲輪の痕跡などが訪れる者を魅了する中世城館跡。青森・岩手・秋田の3県から精選した名城60を、最新の発掘成果に文献による裏付けを加えて、詳細・正確な解説と豊富な図版で紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

    津軽・南部・安東・佐竹氏ら、群雄が割拠した往時を偲ばせる空堀や土塁、曲)輪が訪れる者たちを魅了する。青森・岩手・秋田の三県から、名城60を選び、豊...

対決の東国史 3 足利氏と新田氏 新刊

  • 田中 大喜 (著)
  • 評価2.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2021/12/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 南北朝時代、対等な立場で覇権を争った足利氏と新田氏。しかし鎌倉期の両者には圧倒的な格差があった。対決に至るまでの政治過程と、南北朝内乱における両者の抗争の一部始終、足利氏の覇権確立後の関係を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    南北朝時代、対等な立場で覇権を争った足利氏と新田氏。しかし鎌倉期の両者には、圧倒的な経済・政治的格差があった。力の差がありながら、なぜ対決...

信濃国の南北朝内乱 悪党と八〇年のカオス (歴史文化ライブラリー)

  • 櫻井 彦 (著)
  • 評価3.0
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 約60年続いたとされる南北朝内乱だが、信濃国はさらに20年も長引いた。80年間の信濃国内の動向を全体的な政治史の流れのなかに位置づけるとともに、当地の地域集団に光をあて、内乱長期化の要因に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    一般に約60年続いたといわれる南北朝内乱だが、西国と東国の境界である信濃国は終息までさらに20年を費やした。自らの権益を主張するため幕府や領主へ武力...

武田信玄 オンデマンド版 (歴史文化ライブラリー)

  • 平山 優 (著)
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2021/11/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦国乱世を駆け抜けた甲斐の虎=武田信玄。信濃侵攻から川中島の戦い、西上作戦に至る軍事、棟別役や甲州法度などの内政、さらに家臣団編成まで、人間信玄のすべてを詳細かつ巧みに描く。〈風林火山〉の真実に迫る一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦国乱世を駆け抜けた甲斐の虎=武田信玄。その華々しい生涯の一方、信玄は、飢饉や災害という厳しい時代背景の中で、知力を尽くし領国経営にあたっ...

日本史人物〈あの時、何歳?〉事典 0歳から85歳まで、1,200人の事跡 新刊

  • 吉川弘文館編集部 (編)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2021/12/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本史上の人物が何歳の時に何をしていたのかが分かるユニークな事典。高校の日本史教科書に登場する人物など約1200人の主な履歴を、0歳から85歳まで1歳毎に収録する。物故一覧、人名索引も収載。【「TRC MARC」の商品解説】

    飛鳥時代から昭和まで、日本史上の人物約1200人が、何歳の時に何をしていたのかが分かるユニークな事典。0歳から85歳まで、年齢を見出しに人物の政治・経済...

イヌと縄文人 狩猟の相棒、神へのイケニエ (歴史文化ライブラリー)

  • 小宮 孟 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2021/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 今に続くイヌとヒトのつきあい。日本列島に渡来した縄文犬のルーツをたどり、埋葬されたイヌの出土状態から生活を復元。猟犬や神へのイケニエとしての役割を探り、イヌと縄文人の関係を解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

    人間にとって最も身近な動物、イヌ。縄文人とのつきあいは約8500年前にまでさかのぼる。日本列島に渡来した縄文犬のルーツをたどり、埋葬されたイヌの出土状態、骨や歯...

中世かわらけ物語 もっとも身近な日用品の考古学 (歴史文化ライブラリー) 新刊

  • 中井 淳史 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2021/12/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 中世に誰もが使用した器・かわらけ。それぞれに個性があり、中世社会を雄弁に語る。製法、用途、デザインの流行などを読み解き、地域や身分を超え、人々の暮らしに寄り添ってきた姿を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

    中世に誰もが使っていた日用品・かわらけ。遺跡から大量に出土するこの薄茶色の器は地味に見えるが、それぞれに個性があり中世社会を雄弁に語る遺物である。製法や工人、使用...

帝国主義国の軍隊と性 売春規制と軍用性的施設 新刊

  • 林 博史 (著)
  • 税込価格:4,180
  • 発売日:2021/12/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 帝国主義諸国の軍隊の性暴力・性的搾取の一形態としての軍用性的施設に対象を絞り、英国を中心にフランス・ドイツ・米国などの売春管理政策を比較・分析。世界史的視座から日本軍「慰安婦」制度の位置づけと特徴に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    19世紀から20世紀にかけて西欧の帝国主義国家は植民地拡大を進める中、兵士の管理や性病予防のために軍用性的施設を設置していった。英国の事例...

京都の中世史 4 南北朝内乱と京都

  • 山田 徹 (著)
  • 評価4.0
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2021/07/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 鎌倉幕府の滅亡後、建武政権の興亡、南北朝分立、観応の擾乱と、京都は深刻な状況が続く。全国の武士はなぜ都に駆けつけて争い、それは政治過程にどのような影響を与えたのか。足利義満の権力確立までの60年を通観する。【「TRC MARC」の商品解説】

    鎌倉幕府の滅亡後、建武政権の興亡、南北朝分立、観応の擾乱と、京都は深刻な状況が続く。全国の武士はなぜ都に駆けつけて争い、それは政治過程に...

中世後期の村落自治形成と権力

  • 熱田 順 (著)
  • 税込価格:12,100
  • 発売日:2021/11/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 中世後期から近世にかけて、どのように村落の「自治」が形成されたのか。その経緯と背景を、和泉・紀伊・丹波の村落を事例に、惣有地、「自治」、近世村落との関連、「日常」の4つの視角から再検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

    中世後期から近世にかけて、どのように村落の「自治」が形成され、幕藩体制下における社会の基礎単位としての村が登場するのか。その経緯と背景を、和泉・紀伊・丹...

海の武士団 水軍と海賊のあいだ (読みなおす日本史)

  • 黒嶋 敏 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2021/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 中世日本の浦々でナワバリを生活基盤とした海賊や水軍。彼らは武士の世でいかなる存在だったのか。武家政権に重用されるも、戦国乱世に巻き込まれ、やがて姿を消した〈海の勢力〉の具体像を描く。〔講談社 2013年刊の増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    中世日本の浦々には、海賊・水軍などと呼ばれナワバリを生活基盤とする〈海の勢力〉が存在した。彼らは武士の世でいかなる存在だったのか。...

京都の中世史 6 戦国乱世の都

  • 尾下 成敏 (著)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2021/08/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦国時代、室町幕府や細川京兆家は弱体化し、都の文化人は地方へ下った。一方、洛中洛外では新しい町が形成され、豊臣・徳川のもとで巨大都市化が進む。政治・都市・文化の様相を描き出し、乱世に翻弄された都の姿を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦国時代、室町幕府や細川京兆家は弱体化し、都の文化人は地方へ下った。一方、洛中洛外では新しい町(ちょう)が形成され、豊臣・徳川のもとで巨...

中世は核家族だったのか 民衆の暮らしと生き方 (歴史文化ライブラリー)

  • 西谷 正浩 (著)
  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2021/05/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 新しい家族システムとして日本的な家制度が出現した中世。親子・兄弟が別居する家族システムで、人々はいかに暮らし生き抜いたか。様々な角度から家族構造の大変動の背景を探り、民衆生活の変化に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本的な家制度が出現した中世。親子・兄弟が別居する家族システムで、人々はどのように暮らし、生き抜いたのか。鎌倉末期から室町・戦国期にかけての農業の変革、民...

変体漢文(新装版)

  • 峰岸 明 (著)
  • 税込価格:6,600
  • 発売日:2022/02/02
  • 近日発売:予約可
  • 中国語式表記法によりつつ、日本語的要素を採り入れて日本語文を書き記した変体漢文は、古記録(日記)や古文書(公文書・私文書)において常用された。『小右記』『御堂関白記』などを用例に挙げ、変体漢文を日本語史資料として用いるための方法論や表記・語彙・文法・文体を解説。日本語学の観点から変体漢文を初めて概説した、唯一といえる名著復刊。【商品解説】

対決の東国史 4 鎌倉公方と関東管領

  • 植田 真平 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2022/01/24
  • 近日発売:予約可
  • 南北朝・室町時代。君臣の間柄だった、鎌倉府の首長「鎌倉公方」足利氏と、それを支えた「関東管領」上杉氏は、東国の動向や京都とのかかわりが絡み“対決”の結末をたどる。自立へ向かう100年の東国史を解きほぐす。【「TRC MARC」の商品解説】

    南北朝・室町時代、鎌倉府の首長「鎌倉公方」足利氏と、それを支えた「関東管領」上杉氏。君臣の間柄だった両者は、東国の動向や京都とのかかわりが...

古代氏族の系図を読み解く (歴史文化ライブラリー)

  • 鈴木 正信 (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2022/01/21
  • 近日発売:予約可
  • 古代氏族と天皇家の繫がりを伝える「系譜」と、その内容を系譜によって視覚的に表現した「系図」。海部氏・因支氏・紀氏の系図を手がかりに、古代氏族の成立・展開の過程を描く。各系図の写真・翻刻を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    古代氏族がいつから天皇家に仕え、どのようなつながりがあるのかを伝える系譜と、その内容を系線によって視覚的に表現した系図。成立期の原本の状態を今に伝える...

リーダーたちの日清戦争 (歴史文化ライブラリー) 新刊

  • 佐々木 雄一 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2022/01/21
  • 発送可能日:24時間
  • 近代国家として初の本格的な対外戦争である「日清戦争」を、日本の指導者はどのように遂行したのか。開戦過程、諸外国との折衝、三国干渉と日本の対応などを解明し、東アジアの秩序を変えた戦争の全貌に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    近代国家として戦った初めての本格的な対外戦争=日清戦争。伊藤博文や陸奥宗光ら日本の指導者たちは、どのように戦争を遂行したのか。彼らの認識と行動に着目...

江戸城御殿の構造と儀礼の研究 空間に示される権威と秩序

  • 深井 雅海 (著)
  • 税込価格:12,100
  • 発売日:2021/12/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 数々の儀式はどこで、いかに行われたのか。江戸城御殿の空間構造と機能を、絵図や日記などの記録を駆使して再現。将軍を頂点に構成された大名・幕臣の序列から格式社会江戸を究明する。【「TRC MARC」の商品解説】

    将軍と家族が生活を営み、幕閣や諸役人が勤務する巨大な政庁・江戸城御殿。将軍宣下や年頭・月次の御礼など、数々の儀式はどの場所で、いかに行われたのか。絵図や日記などの記録を駆...

近江商人と出世払い 出世証文を読み解く (歴史文化ライブラリー)

  • 宇佐 美英機 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 出世払い慣行はいかに成立し定着したのか。出世証文を通じて出世払い慣行の実態を明らかにするとともに、この証文がなぜ近江国で多く見られるのかについて、近江商人の店法類を素材に考える。【「TRC MARC」の商品解説】

    「成功したあかつきに借金を返済する」出世払い慣行は、どのように成立し定着したのか。全国的に活動した近江商人を取り上げ、残された出世証文や商家の店法(たなほう)類など...

裁かれた絵師たち 近世初期京都画壇の裏事情

  • 五十嵐 公一 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2021/11/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 遺産相続、借金返済、詐欺…。江戸時代初期に京都画壇の絵師たちが巻き込まれた裁判を検証し、現在の感覚とは異なる法理念や刑罰の実態に迫る。そのうえで、当時の法が絵師たちの生涯と画業に与えた影響を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

    狩野甚丞の遺産相続をめぐる裁判の顛末、借金返済が滞り揚屋に留置された狩野山雪、詐欺行為で磔になった山本友我―。江戸時代初期に京都画壇の絵師たち...

室町時代公武関係の研究 オンデマンド版

  • 水野 智之 (著)
  • 税込価格:13,750
  • 発売日:2021/11/11
  • 発送可能日:要確認
  • 幕府・将軍(武家)と朝廷・天皇(公家)はいかなる関係を持って国家権力を構成していたのか、公家衆への家門安堵などの視点から解明。公家社会の政治的動向に迫り、従来の伝奏中心の公武関係研究に新たな視座を提示。【「TRC MARC」の商品解説】

    公家衆への家門安堵や公家社会の様相、武家による偏諱の授与、猶子、姻戚関係などの視角から、幕府・将軍(武家)と朝廷・天皇(公家)がどのような関...

現代語訳小右記 13 道長女の不幸

  • 倉本 一宏 (編)
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2021/10/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 摂関政治最盛期の「賢人右府」藤原実資の日記を現代語訳化。13は、万寿元年正月〜万寿2年8月を収録。小一条院女御の寛子、敦良親王妃の嬉子の相次ぐ死去で悲嘆する道長の姿を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

    道長の望月の栄華は、確実に欠け始めていた。小一条院女御の寛子、敦良親王妃の嬉子が、相次いで死去したのである。各所から情報を仕入れ、その意味を読み解こうとする実資。その先に...

江戸城 将軍家の生活 (読みなおす日本史)

  • 村井 益男 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2021/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 太田道灌が築城し、徳川家康の天下普請により完成した江戸城。中世以来6度も主を変えながら豪族館から近世城郭へ発展を遂げ、今も皇居として維持し続ける名城の800年を平易に解説する。城内の諸役所や生活も描く。〔講談社学術文庫 2008年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    太田道灌が築城し、徳川家康の天下普請により完成した江戸城。中世以来6度も主を変えつつ豪族館から近世城郭...

猫が歩いた近現代 化け猫が家族になるまで

  • 真辺 将之 (著)
  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2021/05/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 「化ける・祟る」と恐れられた猫は、いかにして今日の地位を獲得したのか。文豪に愛され、ネズミ駆除で重宝される一方、三味線や毛皮用にも使われた猫たちへのまなざしの変化を描き、人間社会に猫の歴史を位置づける。【「TRC MARC」の商品解説】

    空前の猫ブームといわれて久しい。化ける・祟るなど、江戸時代には狡猾で恐ろしいイメージだった猫は、どのように今日の地位を獲得していったのか。文...
検索結果 7,214 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。