サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. がみのさんのレビュー一覧

がみのさんのレビュー一覧

投稿者:がみの

6 件中 1 件~ 6 件を表示

馬術

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学園祭に向けて、断れない男八軒がオーバーワーク。
でも、今までは一人で何でもやろうとしていたのが、友だちの助けも借りられるようになる。
馬に対しても全てを任せることで信頼を得る。
八軒の成長ぶりが、とにかく見ていてすがすがしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

豚丼は

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

八軒が豚丼と名前を付けた子豚が、50キロあまりの肉になって、八軒が購入。
名前通りの豚丼にしたり、ベーコンにしたり。
自分で解体したらつらいだろうけど、他人が解体すると痛みも薄いのだろう。
設定的にちょっと甘い気もしないではないが。

相変わらず、見ていて美味しそうな展開が続く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お弁当という視点がなかなか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お弁当で、母を亡くした少女と歳の離れたいとこが心を寄り添わせていくという設定が良いですね。
続き買おうかどうか迷っています。

ちなみに、甥っ子と書いている方いらっしゃいますが、
引き取られたのは男ではなく女の子であり、また、叔母さんの娘なので、いとこになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍アシガール 6

2015/11/29 14:13

物足りない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

発売を待ち望んでいたので、
あっという間に読み終えてしまって、
何だか物足りない。
美味しい物を一気食いするような感じ。
とにかく続きが読みたい。

唯が時空転移装置を川に投げ捨ててしまうが、
ということは、帰りは装置ではなく、時空の亀裂などを利用するというオチだろうか。
そうであれば、忠清も一緒に現代に戻るのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍東京タラレバ娘(1)

2015/09/04 22:47

中年男視点だと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あの時、○○と結婚していれば、とか、○○が奥さんと別れて自分と結婚してくたら、とか、
たられば、の話を飲み屋でえんえんと語り、客の若い男からたられば女と罵倒された33歳女子3名。

作者の身近なアラサー女子たちをモデルにしているとのこと。
タラの白子やレバーが擬人化して彼女らに話しかけるシーンは「海月姫」のクララのようで、面白い。
自分たちの人生を野球やボクシングにたとえ、ベンチで観戦しながらいつでもやれると思いながら、最終回代打で三振したり、ボクシングでセコンドに立つのは主婦で、未婚女子はいつまでもリングに立ち続けるといった描写が笑える。

が、基本、女子視点なので、あまり共感できない。
男と寝たことをすぐにLINEで報告し、居酒屋で他の客がいるにも関わらず、それをネタにして騒ぐさまは、男視点からすると気持ちが悪い。
キーマンである、KEYという男のモデルが不快さを隠さないのも理解できる。

でも、今の時代、33歳でそこそこおしゃれできれいな女子だったら、引く手あまたではないのか? と思ってしまう。
多少焦るのは仕方ないとして。

ヒマだから なんとなく飲みたい時は 第1出動
仕事のグチを聞いてほしい時は 第2出動
誰かの悪口を ブチかましたい時は 第3で
緊急に男がらみの相談がある時にのみ 発令されるのが 第4出動

メールで第4出動が発令されるたびに、笑ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍高杉さん家のおべんとう 10

2015/08/23 11:40

ついに終わったか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最後まで高杉くんは高杉くんのまま。
すべてが地理学視点。
ヨーロッパで評価され、日本に帰って准教授になっても、物の感じ方は同じ。
久留里ちゃんは、成長し、あろうことか女子アナとなる。

しかし、いとこの娘で、小学校から保護者として接してきた子に、恋愛感情抱くものだろうか。
たとえその子から告白されたとしても。
女性漫画家視点という気がする。
おじさんの感覚からすると、ありえない、ちょっと拒否したくなるようなラスト。

今後の課題とさせていただきますっ

で終われば良かったのにと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示