サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kamomeさんのレビュー一覧

kamomeさんのレビュー一覧

投稿者:kamome

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本キャプテンサンダーボルト

2015/01/11 14:23

「小説」に対する挑戦?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

合作のニュースを見て、いったいどんな「クセ」のある作品になるのだろうとわくわくしました。阿部和重も伊坂幸太郎も、一筋縄ではいかない作家です。『シンセミア』も『ピストルズ』も、『ラッシュライフ』も『重力ピエロ』も、それぞれ「ひねり」があって、その「ひねり」こそが、作品を読む醍醐味でした。
そして、この『キャプテンサンダーボルト』。読み終わった印象は、当初予想していたとは違い、驚くほど正統なエンターテイメントでした。読みながら、頭の中に映像が浮かび、それがスピーディーに展開していって、これはたしかに面白い!
けれど、すべてのページをめくったあとで、「ではこの小説には、読む前自分が期待していた『クセ』はあっただろうか」、とはたと考えました。そして、印象に残ったシーンや、伏線になっていた箇所を拾っていくうちに、その「クセ」や「ひねり」とかつて自分が認識していたものは、きっと「技術」と呼ばれるものではと思うようになりました。
合作になったことで二人の個性的な「技術」が合わさり、より普遍的で正統的な、けれど驚くほど面白い小説が生まれたのだと。そしてこれは「小説」というジャンル自体に対する挑戦のようにも感じられたのです。
二人の愛読者だった自分にとって、他では得がたい読書体験になりました。読み終えて、高揚感で胸がいっぱいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示