サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. masterAさんのレビュー一覧

masterAさんのレビュー一覧

投稿者:masterA

5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍親なるもの 断崖 第2部

2015/10/18 15:10

1部と同様、良作品。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1部に比べ、世間一般の評価はやや低いようだが、こちらも、史実や諸々のネタを元とした創作であり、やや、社会派的な内容であり、その好みはあろうが、作品的には1部に劣るものでは決してない。登場人物はともかく、1部・2部を通して、「遊郭」の浮き沈み・終了が見て取れるというのも、興味深いところ。
いずれにせよ、異常な高値で中古本が取引されていた、貴重な作品の復刊・電子書籍化について、関係者に感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍親なるもの 断崖 第1部

2015/10/18 15:02

史料としても秀逸

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もちろん、漫画でありフィクションと言う建前にはなるが、史実に基づいての丁寧な創作であり、史料としても秀逸だ。もちろん、漫画としても、陰鬱な内容ではあるが、テンポのいい流れで、間違いなく良作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ニッポンの裁判

2015/02/21 15:07

密度の高い問題提起本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一部メディアの書評でも高く評価されている本。書名で、日本ではなく「ニッポン」としているとおり、現行の日本の訴訟の残念な状況を、裁判官経験が長く、現在、ロースクール教員である著者が、批判的なスタンスから事実に基づいて論述しており、非常に読み応えがある。
なお、著者も言っているが、この本は「密度の高い記述」がなされており、ある程度の司法制度についての知識がないと、読了に骨が折れるかもしれない。
いずれにせよ、著者の続刊を期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍安倍「壊憲」を撃つ

2015/10/24 22:44

小林・佐高両氏の政治問題対談集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

安倍「壊憲」を撃つ、というタイトルはなかなかインパクトがあるが、実際の内容は、憲法問題のウエイトは低く、幅広いテーマの、慶応の同窓生である小林・佐高両氏の政治問題対談集といった性格のもので、手軽に読み進められる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日めくり まいにち、眼トレ

2016/05/29 23:42

残念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日めくりで1月1サイクル、30日分30種類という構成のようだが、実態は内容が重複しており、15種類しかない。著者はテレビで有名らしいが、それだけしか価値がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示