サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. yamatamiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

yamatamiさんのレビュー一覧

投稿者:yamatami

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本あなたに贈るX

2015/07/09 22:48

夢中で読みました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

”ソムノスフォビア”≪唾液感染症睡眠恐怖症≫

この病はキスによってのみ感染する―。
致死率100%のウイルス。

キスが禁じられた世界、近未来の物語。
憧れの先輩はなぜ死んだのか?全寮制の学園で起こった事件。甘く残酷な真実。
読後のぞくり感が半端ない青春ミステリー。

命がけで人を愛する少年少女たち。
設定が秀逸…!!というか心くすぐられるツボがかなり押さえられていてざわざわします…
「キス」が悪しきもの、汚らわしいとされたお話って初めてで、(物語の中では検閲対象にまでなっているのです…)作中の竹内先生と砂川が軽くキスするだけの場面を、妙にどきどきしながら読んでしまった…。

竹内先生と砂川の関係が切なく、愛情に溢れていてとても素敵でした。
後日譚の「夕映えの向こうに」も希望のある終わり方でとてもよかったです。

思春期の少女の心の未熟さ、特有の大人への絶望が生々しく描かれています。いろいろなものを失い、諦め、誰かを傷つけながら生きる、そんな大人に自分もなるのだという絶望。それでも成長する少女の姿が美しくはかなくも残酷に描かれているように思いました。

今日マチ子さんの表紙のイラスト、挿絵がとても世界観に合っているなぁと思いました。

久々に夢中で読んだかもです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アイネクライネナハトムジーク

2015/05/06 19:53

幸せなコラボ♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

つい最近、斉藤さんとのコラボについて知ったばかりで、読みたい~!と思っていたので単行本化はとても嬉しかったです!
伊坂さんの恋愛の話はどこかかわいらしくてくすぐったいですね。

「アイネクライネ」
「ライトヘビー」
「ドクメンタ」
「ルックスライク」
「メイクアップ」
「ナハトムジーク」

どれもおもしろかったし、あるボクサーの試合を軸に、時系列をずらしながら、少しずつ繋っていく感じ、とてもよかったです。
ウインストン小野の試合、ラウンドボーイの行動に胸が熱くなりました。
そして最後の司会者がまさかの…!

「アイネクライネ」を読んで、斉藤さんは本当に素敵な人だと思いました。しっかり作品を読まれてあの曲を作られたんだなぁとわかる言葉選びでした…!

織田の「自分が好きになったのが、この女の子で良かった」のくだり、けっこういいこと言ってるよなぁと思います(笑)

「ライトヘビー」「ドクメンタ」が特に好きです

やさしいキャラクターが多くて安心して読めました。
人と人との繋がりに、日常の小さなサプライズに、人生何が転機になるかわからないというおかしみに、読後は心があたたかくなりました。
なんだかちょっとした勇気をもらえた気分です。

斉藤さん一回100円やってほしいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ほんとうの花を見せにきた

2015/05/06 20:01

やさしく、悲しく、美しい物語。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

優しく孤独なバンブーたちに、しっかり生きろ!と言われたような気分です。

『小さな焦げた顔』
『ほんとうの花を見せにきた』
『あなたが未来の国に行く』

竹の吸血鬼バンブーをめぐる優しく悲しい物語。
ムスタァも洋治も茉莉花もとても愛しいです。

『小さな焦げた顔』
悲しくて切なくて…涙がところどころで溢れてしまってもう…
あんなに幸せな日々を送っていたのにどうしてこんな結末になってしまうの、と…
ムスタァと洋治が梗ちゃんを慈しみ、愛し、一生懸命育てる姿がほほえましいです。2人が注ぐ梗ちゃんへの愛の深さといったら!
人間の成長に感動し、「生きる」こと、「火」に憧れるバンブー。
人間は死んでしまう、だからこその、人間の価値があるということに気付けなかった梗ちゃん。
バンブーの純粋さと優しさ、人間のあさはかさ、愚かさ。
『あなたが未来の国に行く』を読むと、洋次の最後の言葉が繋がります。さらに切なく、苦しい気持ちになりました。

ムスタァと洋治の朝の日課がとても美しく描かれている一方で、その行為はバンブーという生き物の孤独さをなんとも象徴していて…吸血鬼ものってこんなに切ない要素が満載なのですね…。
自分の相棒は洋治だけと言い、孤独の道を選んだムスタァの誠実さと優しさにも心打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示