サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. soprannomeさんのレビュー一覧

soprannomeさんのレビュー一覧

投稿者:soprannome

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本嵐のピクニック

2016/04/30 17:58

短編集がブレイクスルーだったかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本谷さんご本人の発言も参考になると思い、掲載します。

短編集(「嵐のピクニック」)がブレイクスルーに近くて、こんなに遊んでいい
んだって気づいてからは重く書くのはやめて、私、重く書くことが向いてない
なって思って、それから軽く軽く書くことを心がけてやったら、どんどん自分
の中でなんかしっくりくるようになって来た。
重く書こうとしてるときよりずっと(重いもの、暗いものが)うごめく気配のよ
うなものが伝わってくる。出そう出そうとすればするほどそういったものって
伝わらなくて、逆に振っちゃたことが自分の中でブレイクスルーだったかなっ
て感じ。(2016.01.29 ラジオ番組のインタビューより)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

抄訳版 失われた時を求めて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この小説に興味はあるけれど、あまりの長さに読むことをためらっている人には
この抄訳版がいいと思います。
読者の理解を助けるために、各章の前にはそこに至るまでのあらすじが書かれて
います。

訳者の鈴木道彦さんはこう言っています。
「常識を越えた長さは、多くの読者にこの大作への挑戦を諦めさせる。だが、こう
してみすみす二十世紀最高の作品を手に取ることなく終わるくらいなら、せめて
この三冊をひもといていただきたい」

この鈴木さんが書かれた『プルーストを読む』(集英社新書)を読んでみるのも良い
かもしれません。この本のはじめに「私はどんなふうに『失われた時を求めて』を
読んできたか」が述べられています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月に吠える

2017/02/14 00:38

『月に吠える』全編収録

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

岩波文庫版には私の好きな「蛙の死」が載っていない。
全集、単行本以外で全編が載っているはこの文庫だけの
ようです。
SDP Bunkoだから仕方がないけれど、女子狙いの表紙
のイメージショットで減点1。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空白を満たしなさい 下

2016/04/30 00:04

璃久が駆け寄ってくる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

抱き締めるまでは、もうあと少しだった。

この最後の文章を読み終えたあと地下街を歩いていたら、大きな書店に偶然
この作者のサイン本が並んでいた。読後の余韻が残っていたので、そこを
素通りすることが出来ず、思わずその本を手にしてしまった。笑
それはともかく、再度じっくりと読みたい本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蠅男

2017/01/06 22:24

未評価

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

乱歩の3歳下の海野十三。同時代の人といっていいだろうけど、
乱歩は古い言葉からでも物語のイメージが湧いてくる。
海野十三はこの「蠅男」や「十八時の音楽浴」の他まだ数編しか
読んでいないけど、乱歩と違ってその古い言葉に閉口してしまう事
が度々あって、物語に入っていけないんですよね。
今のところ乱歩がいかに優れていたかを再認識するきっかけになって
しまった感が大きいけど、まぁもう少し読んでみるつもりでいます。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

火星の人(上)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

火星に取り残された主人公マーク・ワトニーのログが
1ページ目から延々と80数ページも続く。
おいおい、このまま最後まで行くのかよ!?って、
思わずページをめくって確認してしまった。笑
まぁ地球側のことも(会話を中心に)書かれてはいるけど、
ワトニーのログは続く。

火星にいるんだけど、その情景が具体的に目に浮かぶような
描写は少ない。作者は火星探査機が送ってきた膨大な写真には
興味がないらしい、なんて思ってるうちに物語はワトニーを
救うため打ち上げたロケットにアクシデントが!彼の運命や如何に!?
・・・で上巻終了。くそ~、商売上手め。
ワトニーがどうなるかは知ってるけど、さっそく下巻を読み始めてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示