サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ティアマトさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ティアマトさんのレビュー一覧

投稿者:ティアマト

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本にごりえ・たけくらべ 改版

2015/10/10 21:55

女にしか書けない両片思い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雅文で綴られているため語られすぎることがなく、文中に描かれることのなかった余情が全編をとおしてたちのぼり、そのまま描いたら生臭さくなってしまいそうな花柳界の内側が、その外面と同じようにきれいなまま映し出されている。
女の権利云々が言われるようになってから名ばかりが大きくなって、女は弱くなったように思う。樋口一葉の描く女は幸せを掴むことが許されないうえに待つことしかできない。それなのに、本質的に現代の女よりも芯がある。でもやはりそこには弱さもり、それをさらけ出すことができずに苦しむが、「にごりえ」の結城にしろ「十三夜」の録之助にしろ、どこかでその弱さを認めてくれる男も描かれていて、読んでいて救われた。「たけくらべ」の藤本と美登利の両片思いも、女にしか描けない切なさと救われなさで、現代の恋愛小説以上に胸が締め付けられた。
弱いからこそイニシアチブを握ろうとして、強いふりをする女たち。そしてそこにプライドを持っているから、一葉の描く女はどうしようもなく哀しくてうつくしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示