サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くろべえさんのレビュー一覧

くろべえさんのレビュー一覧

投稿者:くろべえ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本ごはんのおとも

2015/11/13 17:52

ごはん好きのための癒しの本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

柔らかいタッチの絵と、素朴なお話、登場人物の優しさに癒されます。

『ごはんのおとも』がテーマながら、決して白飯を食らう!というノリではなく、ごはんと一緒にたべるとおいしいよね、という落ち着いた雰囲気です。『愛でる』とでもいいましょうか。

また、『ごはんのおとも』に関係なく、登場人物のさらなるお話を知りたくなってしまうような奥行きのある内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本残穢

2016/02/23 08:51

「小説」と感じられない怖さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「小説」という現実世界とは別のもの、という考えが崩されるのがこの小説の怖さだと思う。恐怖を感じる描写はごくわずか、それでも怖いと思うのは、この小説が「小説なんだ」と感じられないから。自分があたかも読むこと、知ることによって関係してしまったかのような感覚にさせられます。それが怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本肩ごしの恋人

2016/01/27 08:12

『爽やか』の一言

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不倫、家出、離婚ete…ともすれば重苦しい話題をこうも爽やかにスルスル読み進められることに驚く。
当事者である登場人物が、これらの問題から逃げずに、かといって悩み込むことも力むこともなく、等身大の自分で応じている様がまた爽やか。
内容もラストもちょっと考えると『ん??』となるほど深刻だが、不思議とスルリと飲み込めてしまうこの爽やかさに、妙に元気が出ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ジェノサイド 下

2016/02/13 21:41

エンタテイメントというより思想本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

…のように感じました。
何でもありのジョーカー的黒幕が明らかになると、話の筋がそのカードに頼りきりになる感が否めず、上巻の謎が解き明かされていくドキドキ感が薄れ、消化試合のような面があります。
だからこそ、作者が登場人物に語らせる思想がうるさく感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示