サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 大秦のふくろうさんのレビュー一覧

大秦のふくろうさんのレビュー一覧

投稿者:大秦のふくろう

1 件中 1 件~ 1 件を表示

自分でも計算できるのがおもしろい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

早大名誉教授の足立恒雄先生が、ツイッターで

栗原将人さんの《ガウスの数論世界をゆく》(数学書房)が出版された。極めて丁寧にガウスの数論(平方剰余と4次剰余の相互法則を含む)が書かれている。「私はこの本を片手間には書きませんでした。研究論文を書くときと同じように数学する魂をこめたつもりです。数学の発見のおもしろさを伝えるためには、数学の魂がこもっていなければならないと思ったからです」と前書きにある通り渾身の力を込めて書かれた本である。いい加減なことを垂れ流している本か、そうでなければ、わかってもらわなくて結構という本が多い中で、本物をわかってもらおうという意欲があふれた良書である。

と書いているのを見て、久しぶりに数学の本を読んでみたかったこともあり、購入しました。

大学(理系です)を卒業してからずいぶん時間が経ってしまっている私だからかもしれませんが、この本は決して易しくありません。はっきり言って、想像していたより難しいです。第3章のガウス周期のところで、自分でもいろいろ計算できるということがわかり、おもしろくなりました。そして、序文にあった三角関数の不思議な式が証明できるようになりました。他にも同じような式が作れます。数学気分をいっぱいに味わえました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示