サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あでりーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

あでりーさんのレビュー一覧

投稿者:あでりー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ジョニーは戦場へ行った

2003/03/26 01:07

戦争報道が毎日されている今だからこそ、読みたい本である。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画でご存知の方の方が多いかもしれない。回想シーンがカラーで、現実はモノクロという表現。この本ではまったく違う表現ながら、むしろリアルに感じることができた。第一部「死」そして第二部「生」と分かれているが、ジョニ−の心の動きと反比例するように事態は進行していくように思える。

意識の混濁。過去の記憶。現実を認識するまでの浮き沈み。むしろ混沌とした表現だからこそ、私たちは追体験することができる。手足を失い、顔を失い、それを認識していくときの悲しみ。その合間に挿入されるのは、恋人や家族との何気ない日常のエピソード。普段の生活がいかに貴重なものだったのか。夢からさめたジョニ−は自分の身体の変化に気づき、いったんは絶望する。

だが、ジョニーはやがて足音から看護婦の訪問を感じ取り、自分なりの時間の測り方を身につけ、外界とのつながりを懸命に求めて行く。「偉い人」を目の前にして、彼が訴えたメッセージは…ぜひラストを読んでほしい。

戦争の現実は、ひとりひとりの犠牲。戦死者○名と数で語られることの真実は、ジョニーのような、ひとりの青年が身体と精神を失うことにあるのだということをつきつけてくる本。戦争報道が毎日されている今だからこそ、読みたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示