サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 夏草さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

夏草さんのレビュー一覧

投稿者:夏草

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本殺人鬼 2 逆襲篇

2002/07/28 14:55

完結はいつだろう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前作がしっくりこないままに終わったので、気になり購入した。

 この2があってこそ、前作が生きているという思う。読むなら両方を読まなければ100%この作品を楽しめないだろう。でもどうやら、まだ完結ではないらしい。まだまだ謎な部分が多く、著者が本当に伝えようとしていることがまだ書かれていない気がする。大どんでんがえしを期待して次作を待つことにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殺人鬼

2002/07/26 21:50

スプラッタ・ホラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初めて読んだスプラッタ・ホラー。懐かしい映画「13日の金曜日」を思い出さずにはいられないくらい強烈なスプラッタ・ホラーだった。登場人物は、なんのフェイントもなく、あれよあれよという間に次々と殺されていき呆然としてしまった。何よりも、殺され方の描写がリアルで気持ちが悪い。文章の巧みさに、さすが綾辻先生だと絶賛しながらも、やっぱり気持ちが悪かった。

 最後にどんでん返しというかトリックがあるわけだが、いまいち納得がいかなかった。あれでは、こじつけただけで宙ぶらりんなままな気がしてしまう。それまで徐々に高まっていた恐怖感が一気に冷めてしまい残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示