サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かわせみさんのレビュー一覧

かわせみさんのレビュー一覧

投稿者:かわせみ

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本やさしい竜の殺し方 5

2002/07/18 04:05

いちゃつき度max

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同じ誓約者として魔道王と対決するーアーカンジェルの決意とウランボルク対ラーサルグフルのドラゴンの対決。最終回。

教団に自分の存在を聖人として認めさせ、教団乗っ取りの第一段階とするというアーカンエジェルの目論見に、それを邪魔しようとするダンタリオンの策謀。そして国や教団を巻きこんで設けられたドラゴンの対決とその一部喜劇的でごく一部悲劇的な結末。そしてアーカンジェルはダンタリオンとの対決を迎えるー

最後は主人公達よりもアウロラとダンタリオンが何を語らったかの方が個人的に気になるところでした。セファイドさんのまじめ度が驚き。最後まで持ちませんでしたが。

完成度が高くてサブストーリーまで自前で作れそうな大変面白い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本やさしい竜の殺し方 4

2002/07/18 03:56

主人公より脇キャラの方が濃い…??

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

誓約した竜がいつ世界のためにまた命を求められるか。
その不安におびえるアーカンジェルはー

「失せし秘法」を残した光王をおもい、ウランボルクは憑依魔法によって光王の誓約した竜王であるアルファードに体を貸していた。「失せし秘法」は手に入れるが、アルファードに対して誓約者としての立場の苦しみを吐露してしまったアーカンジェル。自分の誓約者にアーカンジェルと同じ苦しみを負わせた、と取り乱したアルファードの暴走する力からアーカンジェルを守るためにウランボルクはとっさに憑依魔法で炎列王セファイドを呼び出すが、今度は自分に戻れなくなってしまう。心配するがどうしようもない状況に、アーカンジェルは本来の目的地である教団本部に向かう。
ダンタリオンの仕掛けた罠とアーカンジェルの存在を快く思わない教団幹部の画策によって一時窮地に陥るが、幼なじみで親友であるフェンリエッタとも再会し、アーカンジェルは統一王国よりも確固とした教団を乗っ取り、より安定した世界をつくろうという計画を画策し始める。

アーカンジェルの不安や世界を二分割したセファイドが聖王と自分の残した世界がどんな結果を生んでいるかを見て覚える感慨が戦いや策謀を背景に書かれていて切ないです。
ただセファイドのキャラクターが非常に明るいので、彼一人で全体が面白くなってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本やさしい竜の殺し方 3

2002/07/18 03:53

感動の再会編・しかも密度は更に上昇中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三年後
アーカンジェルの危機に現れたウランボルク。2人はとあるきっかけからドラゴンを犠牲にする世界の成り立ちを変える「失せし秘法」への鍵を手に入れー

アーカンジェルは人間界で統一王国を造り、世界の気の均衡が崩れないような世界をめざそうとしていた。一方ウランボルクは幻獣界でウランボルクが王であることに異議を唱えるものによって王座を巡る争いに巻きこまれていた。それを治めたところでアーカンジェルに危機が迫っていることを察知したウランボルクは、再び人間界に渡り、アーカンジェルを助ける傍ら人間界に逃げ込んだ王位を争ったドラゴン、ラーサルグフルを捕獲するために人間界へ長期滞在をすることとなる。そして、アーカンジェルが四相神教団との同盟のため教団本部のある場所へと向かう途中、ひょんな事から二つの世界の陰陽の気を消し、世界を完全に分離させるという「失せし秘法」の手がかりを掴み、それを探しに出かける。

ウランボルクが成長したせいかいちゃつきっぷりがグレードアップいたしております。ドウマとクローディアの漫才カップルも健在。しかしアーカンジェルの壊れッぷり、もとい吹っ切れようはいっそ爽快なほどです。どこまでも救われないのは魔道王ダンタリオン。要領実は悪いのでは無いでしょうかこの人、という救われなさ。ペットは変態(ウランボルク談)のラーサルグフル。いたい主従漫才も楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本やさしい竜の殺し方 2

2002/07/18 03:47

片恋成就…男同士ですが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アーカンジェルはウランボルクの献身的な愛情によって過去を克服し、ウランボルクを受け入れるようになるがー

かつて自分が聖騎士として所属していた四相神教団の上官に会い、過去の傷を再び掘り返されたアーカンジェルは危ういところでウランボルクの支えによって人格崩壊を免れる。しかし、ウランボルクは誓約によって人間界で死に、ドラゴンである自分の大量の気を人間界に補充するための贄であった。前回の統一王国の王であり、アーカンジェルの祖父という魔術師ダンタリオンは自分と誓約したドラゴンの死から立ち直れず、幻獣を召還し、世界の均衡を崩すことによって自分のドラゴンを殺した世界に復讐をしようとしていた。
そしてアーカンジェルもまたウランボルクを失おうとしていたー

アーカンジェルに対してウランボルクが注ぐ愛情が本当に純粋で、感動ものです(いや、男同士というのを差し引いても本当に)。クローディアとガイスのでこぼこカップルも可愛らしくて、実は結構悲惨な誓約に縛られた運命が進行中だというのに明るく面白い内容です。第一部感動の終幕。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本やさしい竜の殺し方 1

2002/07/18 03:38

副題が全てを表している作品です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幻獣を倒すために結成された最強のパーティー。全てはそこから始まった。
傭兵のアーカンジェルは加わった幻獣退治のためのパーティーにいた少年ウランボルクに「愛している」といわれ、拒絶するがー

陰と陽の性質を帯びた二つの世界ー幻獣界と人間界ーはもともと一つの世界であったため、どちらかで生物が大量に死に、気が失われると気のバランスが崩れ、多い方から少ない方へと生き物が吸い出される現象が起きていた。事に人間の王国間での戦は激しく、300年に一度、統一王国ができる前の大乱の時には、大量の死者が生産され、大きく気のバランスが崩れるために幻獣界から人間界へと様々な幻獣がやってくる。
それを退治するのを生業とするというウランボルクは、実は全幻獣の王であるドラゴンの王だった。もともと一つであった世界を大災厄から守るため二つに分けた竜王と聖王の間で交わされた「竜王の子孫は気のバランスを保つため、人間界へ来て運命の恋人を見つけ、世界を守る」という誓約に従って人間界にやってきたという。
幻獣を人間界に召還し、世界の混乱を招く魔術師。ウランボルクの先祖を自分の体を使って召還する憑依魔法。そしてドラゴンを縛る多くの誓約ーそれらを背景にアーカンジェルとウランボルク、そしてドウマとクローディア、ガイスの旅は進む。

ウランボルクの誓約が鍵。幼い頃の体験から愛情を受け入れられないアーカンジェル。自分の容姿にコンプレックスを持つクローディア。それを見守るドウマとガイス。それぞれの思いが見物。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示