サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 凛々さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

凛々さんのレビュー一覧

投稿者:凛々

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本男流文学論

2002/09/23 00:31

男の子の視線。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は当時「フェミニズム批評」が浸透していなかった時代(とは言ってもたかだか10年程前のコトなのだけれども)に投げられた石のようなものだと思います。
当時は未だ私は小学生。「女の子は今頭が良くてもだんだん男の子に抜かされるんだ」なんて言葉にも傷つくこと無く「何歳に結婚するか」と無邪気に占いにせいを出してるようなジェンダーの壁にぶち当たることない子供という世界にいました。
ジェンダーというものに気づかされるのは「不躾な視線」。
なんて女の子らしくない、女の癖に、生意気…女の子は素直が一番…etc。その不躾な視線とは何だったの?
この本にはその視線の所在がおしゃべり形式でするどくえぐられていました。そうだ私に向けられていた視線にはこういうものがあった!
かつて何だか厭だ!と思いながら書かされた読書感想文の題目の面々…その厭の所在が座談会形式で綴られていました。
それに気がついてしまうことは、余計な生きずらさを背負ってしまう事なのかもしれません。不躾な視線をそのままに享受して「可愛い女」になる方が楽やもしれませんが、私はこの本ですっきりすると同時に少し勇気を貰えました。
確かに綿密な検証には向かない形式のおしゃべり形式で食い足りないものも感じますが、面白くてわかりやすいおすすめの本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示