サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 高桑弥須子さんのレビュー一覧

高桑弥須子さんのレビュー一覧

投稿者:高桑弥須子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ちいさな魔女リトラ

2001/06/19 17:37

魔女は人が困っているのを見るのが大好きなのさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 トーマはおかあさんとふたりぐらしです。ある日、おかあさんが病気になってしまいました。「そうだ、魔女にくすりを作ってもらおう。」そう思い立ったトーマは、とんがりやまの森を抜け、魔女の家にやってきました。
 小さな魔女のリトラは言います。「わしは人が困ったり悲しんだりするのを見るのが大好きだからね、くすりは作ってやらないよ。まあ、おもしろいことをしてくれたら、作ってやってもいいがね。」
 そこでトーマはでんぐりがえしをしてみせます。ところが魔女は、「フン」とほうきにのってくるりくるりと見事な宙返りを披露。では、草の葉っぱのお面は?「くだらない!」。それならばと、トーマは魔女を町の高い塔のてっぺんへ連れていき「ほら、町のなかがよく見えておもしろいよ。」「ばかばかしい!わしはいつもほうきに乗りながらいつだってみているわい!」怒りだした魔女はとつぜん!! ……というわけで、くすりは無事にトーマの手元に。
 大きな判型。遠目の利く絵。遠くから見れば、昼なお暗い森は鬱蒼と暗く、明るい野原は罌粟の花の赤が鮮やか。近くに見れば、ヘビイチゴのつぶつぶ、罌粟の繊毛まで描き込まれている。昼の景色と対照的に、夜の森は隣粉をこぼしそうな白い蛾、草陰に顔を出すひきがえる、目を光らせるフクロウたちが不気味に佇む。ひらけた残照の丘に照り映える葉裏や長い影は郷愁を誘う。
 愛すべきひねくれ者の魔女リトラ。しわが一つ増えるたびに体が小さくなると言うけれど、本当は人間に親切にするたびに、小さくなるのかもしれないよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示