サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 住之江さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

住之江さんのレビュー一覧

投稿者:住之江

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本人質 イラク人質事件の噓と実

2004/09/01 21:06

郡山総一郎、沈黙を破って大いに愚痴る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たとえると、冬の雪山に危ないって言うのに入っていった人がいて、救出のためにいろんな人が動いて、心配して、帰ってきて怒られた人の話です。
でも雪山に行ったのは目的があったのです。
雪山に生まれた子どもたちは、そこがどんなに危なくても、そこで暮らすしかない。
助けたいと思ったり、そういう子どもたちがいることを写真に撮りたいと思ったりする人が、どうしてあんなにも怒られなきゃいけないのかな、と思うわけです。
たとえに出した雪山と、戦争じゃあわけが違うってつっこみが入るかもしれませんが。

この本がなければ、郡山さんのことを、テレビで見て「態度の悪い兄ちゃんだな」くらいにしか思わなかったでしょう。
前書きにも書いてあるように、「言われっぱなしの俺にも言わせてくれ」という内容ですが、吉岡さんもいるので、随所随所でウロコが落ちることも言ってます。
郡山さんの人生は、波乱万丈でおもしろいので、「自己責任」に関心がある人もない人も読んでほしいです。
星4つは、郡山さんの写真がないこと。
捕まってたうえ、カメラも撮られたんなら、写真もなかろうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示