サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. インフォバーンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

インフォバーンさんのレビュー一覧

投稿者:インフォバーン

11 件中 1 件~ 11 件を表示

12歳で100万円ためました!発売!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

韓国の女の子が12歳で100万円をためるまでの実話が、子どもたちが楽しくわかりやすく経済について知ることができる本。

韓国で10万部を超えるベストセラーとなったこの本は、わが子をお金の使い方、儲け方のわからないおとなに育てたくない親、必読の一冊です。
子どもにお金の話をすることは悪いことではありません。むしろ、子どもたちがこれからの時代を生き抜くために、早いうちから知っておかなければならないことなのです。

巻末には、森永卓郎氏の書き下ろしコラムも収録!

■目次
この物語を読む前に
まえがき

第一章 赤ウサギとの出会い
第二章 お金、お金、お金ってなんだろう
第三章 ボロはあげるよ、新しいものをちょうだい
第四章 お金がお金をかせぐ
第五章 パパの衝撃的な宣言
第六章  勇気のある人がお金持ちになれる
第七章 インターネットのとびらを開いた「エダミのフリーマーケット」
第八章 お金は借りず、お金は貸さず
第九章 きれいなお金汚れたお金
第十章 夢をためる通帳
第十一章 ホン・エダミ、有名人になる

エダミのママに聞きました
アンケート 日本の子供のおこづかいと経済教育の現状
自分の身は自分で守らなければならない時代 森永卓郎

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若者層を中心に圧倒的な支持を受けつつ、論壇からはもっとも嫌われている論客2人がニッポンが直面する問題を徹底検証!

天皇制は破綻したのか? アメリカ追従はどこまで進む? 小泉首相のバカっぷり…、出会い系サイトの可能性…

へたれなマスコミや論壇が流布させ、牽引した、既存の論説や世論にことごとくダメ出しする過激対論集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

【巻頭言】 木村 剛
【巻頭対談】 潮匡人×木村 剛「誤報を繰り返すマスコミ体質を斬る!」

【特集】「インターネットはマスコミに勝てるか?」
2004.03.16 ブログの未来は参加者がつくる
2004.05.13 モノ書きの老婆心「匿名性」を護るために
2004.05.26 ブログはメディアになれるか?
2004.06.03 情報価値が変化する時代にブログはどういう役割を果たすか?
2004.06.10 ブログで「スター誕生」は復活するか?
2004.06.28 ネガティブ・バトルからポジティブ・コミュニケーションへ
2004.08.02 ジャーナリストなら匿名性に逃げ込まないでほしい!

【特集】「続報! こんな年金改革で満足できるか?」
2004.06.17 4991枚に上る公的年金関連のデータとプログラムが開示されます!
2004.06.21 「公的年金タスクフォース」発足!
2004.06.29 厚生労働省に対して情報公開請求第2弾を発射しました!
2004.07.05 厚生労働省との定期ミーティングを始めます!
2004.07.15 厚生労働省年金局数理課の官僚は良心的です
2004.07.20 公的年金タスクフォースの活動が朝日新聞に取り上げられました!
2004.07.26 CD-ROMでデータとプログラムがもらえるかもしれません?
2004.07.28 改革を成就するモノは何か? ケーキとネギの関係
————ブロガーから寄せられたご意見(トラックバック)

【コラム】 トラックバックって何?
年金のあるべき姿を問う─公的年金タスクフォース
【マンガでゴーログ】「セキュリティは自力本願で」
月刊!木村剛 オフライン「編集会議」

【連載】
BLOG of the Week
トラックバックランキング
木村新聞
愛用グッズ「手帳」「鞄」「ノートパソコン」を紹介!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

<巻頭言>
創刊に際して 木村剛

<巻頭対談>
宮崎哲弥X木村剛「年金問題に物申す!!」

<特集>
公的年金問題を斬る!

●公的年金早わかり
PART1 キーワードを抑えるだけでわかる公的年金制度
PART2 新年金制度のここが問題!

●ブログで斬る年金問題
2004.03.23 年金問題への大量のトラックバックに感謝する
2004.03.24 年金脱退論に対する不安に応える
2004.03.25 江角マキコも年金を払ってなかった!?
2004.03.31 公的年金改革タスクフォースに参加!しません?
2004.04.05 年金改革に関して菅直人民主党党首に期待すること
2004.04.27 年金改革の国会討論は「目くそ鼻くそ」レベル
2004.04.29 公的年金関係者よ!公開討論会に応じよ!
2004.05.11 公的年金の公開質問状に応えた政治家2人
2004.05.18 厚生労働省の世論操作に騙されるな!
2004.05.19 厚生労働省に対して情報公開を請求しました!
2004.05.20 元厚生省職員からFAXが届きました!
2004.05.25 今度は介護保険かよ!
2004.05.27 厚労省から電話がありました!
2004.05.31 「年金改革法案見直し運動」に強力な助っ人が現れました!
2004.06.07 年金脱退権と公的年金改革私案

<マンガでゴーログ>
「私にとってのblog原体験は竹中チームのときなんです」

<ブログ考察>
ブログの発祥と現在、そして今後の可能性と動向を解説 

<連載>
●BLOG OF THE WEEK
●発表!!トラックバックランキング
●木村新聞
木村剛のデスク周り大公開

創刊記念!ブロガーからのお祝いコメント&用語集
トラックバックの常連さんからいただいた祝辞の紹介、「かめはめ波」などの用語解説

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ココロの筋トレ

2004/02/20 19:29

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストレスをエネルギーに変え、強く優しいビジネスマンをつくる5つの筋トレ

上記の項目に1つでも当てはまるひとに役立つビジネス書。上司の悪口や仕事の
愚痴を言うことも、じつはあなたのビジネス力を向上させるのに不可欠だった!
本書を読めば、悩みのタネのばずだったストレスを、あなたのビジネス上のエネルギー
に変えることができます!

1.基礎トレーニング
考え方をちょっと変えるだけで、ストレスは減らすことができる
2.失敗に強くなる筋トレ
「もうダメだ」と思うときこそ、成長のチャンス
3.行動によって問題解決能力を高める筋トレ
そのストレスをエネルギーにして、まずは行動しよう
4.人間関係対策筋トレ
人間関係が原因、もしくは解決してくれる6つのストレス
5.コミュニケーション対策筋トレ
すべては、コミュニケーションのスキルアップから

著者は現役の精神科医で、日々、臨床での治験に携わりつつ、研究活動にも取り組まれています。また職場のメンタルケアに関する活動のほか、ベンチャー企業や起業家のコンサルタントとしても活躍中です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

緊急出版! 総裁選・総選挙を100倍楽しむための1冊

政治家たちが漏らしたホンネから唖然、騒然、驚愕の失言・珍言・妄言を集めました。
ブッシュ米大統領の珍言が話題になっていますが、わが国の政治家たちも負けてはいません。

誰もが知っているものから、意外と知られていない驚きの発言まで、鋭くツッコミ、びしっと解説。この1冊で、政治の「今」を完全マスターできる、これぞ決定版! 総裁選・総選挙が100倍楽しめます!

付録として【小泉ジャパン J政治家ガイド】【非公認 自由民主党ガイド】を集録。

《目次》

第一章 日本をダメにする政治家たちの一言

政治家たちが漏らしたホンネから唖然、騒然、驚愕の失言・珍言・妄言を集めました。誰もが知っているものから、意外と知られていない発言なと、これぞ決定版! 失言を7つのジセンルに分けて、それぞれにツツコミと解説を入れました。

「それを言っちゃあオシメエヨ」 開き直り・自己容認型発言
「アブねえよ!」 好戦的・挑発型発言
「偏見さん、いらっしゃい!」 独断・差別型発言
「そんなに変わるのかよ!」 転向前・態度豹変型発言
「自爆上等!」 虚偽・墓穴掘り型発言
「誰のためだよ!」 自己保身・利益誘導型発言
「だって信じてるもん」 根拠ナシ・無責任型発言


第二章 この人たちくらいは知っておこう! 有名政治家ガイド
決定! これが小泉ジャパンだ 日本代表J政治家チーム

総裁選や総選挙でキーマンとなるであろう政治家たちをサッカーにたとえて、日本代表チームとして選出し、彼ら・彼女らのアキレス腱を解鋭。若者たちの政治離れが嘆かれますが、これを読めば一発で日本の有名政治家がわかります!

第三章 抵抗勢力から革新派まで網羅する巨大政党を君は知っているか?

日本最大政党・自民党についてスラスラわかる! 誰にでも理解できる派閥の系譜、党内出世コースなと図解入りで自民党について解説! ニュースで繰り返し聞く「××派」などの派閥や、政調会長などの要職について、一発でわかります。これで総裁選・総選挙がさらに面白くなること請け合い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ニッポン問題。

2003/05/29 15:17

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書で議論される「ニッポン問題」とは

・天皇家の世継ぎは男子であるべき?
・日本の政治家にはなぜスキャンダルがつきまとう?
・ワールドカップは“ヨーロッパの縮図”か?
・構造改革はなぜうまくいかない?
・「有事法制」の指す“有事”とはなにか?
・「日本らしさ」とは何か?
・なぜアメリカ企業で不正会計疑惑が続出したか?
・日本経済が回復しないわけは?
・日本人の学力は本当に低下したか?
・「お礼エッチ」は是か非か?
・安保理決議を無視してまでアメリカが戦争したがる理由は?
・エリート教育は「悪」か?
・日朝首脳会談ではなにが語られた?
・現代の日本文学は世界水準か?
・イラク攻撃直前に「安保基本法」が提案されたのは偶然?
・北朝鮮が核兵器の開発を認めた理由は?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

当委員会は、デキる日本人であるにもかかわらず英語アレルギーに苦しむ皆さんが「英語を楽しく身につけられるように」と考え、制作しました。
● 本書は、日頃誰もが言いたくても言えず、心の中で繰り返しているであろう愚痴やツッコミ、怒りの一言を英語にして、それが使用されるであろう場面をイラストで解説したものです。
● 本書に掲載している英語のフレーズの練習方法は、
・ムカつくたびに心の中で繰り返す
・仲間同士でのメールや雑談で使う
・ムカついた相手に直接言う
などです。
● これらの場面と“賢いワルさ”を含んだフレーズは、20代〜30代の働く女性100人の声を基にしたもので、英語を使う習慣をつけ、使う楽しみを体験していただけるのが本書の大きな特徴です。
● 本書によって、英語アレルギーであった皆さんが、言いたくても言えなかったことを言ってストレスを解消し、日本人が苦手だとされている自己主張をし、“よりデキる日本人”になることを願ってやみません。
英語アレルギー対策委員会

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

がなり説法

2003/02/28 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「¥マネーの虎」でお馴染みの年商60億円を稼ぎだす男・高橋がなり。四季報史上初めて掲載されたアダルトビデオ会社を束ねるトップによる、不器用な人間でも明日から実践できる日本一簡単な成功術!

[主な内容]
一、負け犬の生き方を説く
負け犬だからできる成功への簡単な生き方指南

二、若者たちに説く
若きオピニオンリーダーとの対話

三、AV界と己を説く
AV屋、高橋がなりの栄光と怒りの軌跡

四、講演で説く
某広告代理店にて

五、元先輩に説く
対談 土屋敏男(日本テレビ 編成局編成部長)
「日本一有名な民放プロデューサー」と
「日本一のAV会社社長」の『人生どっちか勝ちか』

[著者略歴]
高橋 がなり(たかはし・がなり)
1958年神奈川県生まれ。佐川急便のドライバーを経て、テレビ制作会社に入社。テリー伊藤氏の下で『天才たけしの元気が出るテレビ』などを担当。その後、独立・起業するも失敗。95年、ソフト・オン・デマンド設立。奇抜な作品と革新的な販売戦略により業界トップに。昨年度の年商は60億円で、アダルトビデオ会社として初めて「会社四季報」に掲載される。現在は人気バラエティ『¥マネーの虎』にレギュラー出演、お茶の間からも広く支持されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

プロローグ 二つの「瀋陽事件」
・日本総領事館駆け込み事件——2002年5月、瀋陽
・北朝鮮からきた青年——1993年7月、瀋陽

第一部 隠蔽される暗部、「コッチェビ」
・闇市場(ジャンマダン)、そして浮浪児(コッチェビ)たち

第二部 ああ、哀しき者よ——汝の名は「北朝鮮の女」
・平壌出身の女が、中国の農村の男に嫁いだ理由
・男なんかに頼れない——懸命に生きる女たちの独白

第三部 40年目のSOS——元在日帰国者一家の物語
・海を渡ったサラムたち
・幻の“楽園”で
・助ける者たちの苦悩
・中国〜ロシア〜韓国 決死の大脱出
・在日帰国者、四代の彷徨

第四部 サラム——壊れる心
・中国で体験した、疑似北朝鮮社会

第五部 反・金正日体制への胎動
・揺らぎ始めた、世界最強の“情報鎖国”国家
・“酔いどれ闘士”との日々
・再び、荒廃の祖国へ

第六部 駆け込み亡命の真実
・北朝鮮難民一家 北京UHCR篭城事件
・25人の“決起”——スペイン大使館事件の衝撃

エピローグ・あとがきにかえて
・「北のサラム」を知っていますか?

<コラム・北朝鮮取材ノート>
1.「腹が減った!」——北朝鮮の食卓事情
2.「闇市場」——貧しさゆえに活況を呈するという皮肉
3.北朝鮮〜中国国境地帯 ——歴史に翻弄され続ける「嘆きの地」
4.北朝鮮の学校・教育制度
5.金正日評判記——批判は絶対タブーだが……

[著者略歴]
石丸次郎 ( いしまる・じろう )

アジアプレス・インターナショナル所属のジャーナリスト。
1962年大阪生まれ。韓国延世大学語学堂などに留学後、在日韓国・朝鮮人問題などを取材。93年より北朝鮮関連取材を始め、国内に3回、朝中国境地帯には26回、北朝鮮難民とのインタビューは400人近くに及ぶ。訳・著書に『涙で描いた祖国』(風媒社)、『北朝鮮難民』(講談社現代新書)など。テレビ報告に「北朝鮮難民の証言」(NHK・ETV特集)、「激増する北朝鮮難民孤児」(テレビ朝日・サンデープロジェクト)、英国チャンネル4、ドイツARD、フランスCanal+などで北朝鮮現地レポート。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽しんだ者勝ち

2003/02/28 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あの「プロジェクトX」に先駆けること10日、サイゾーでもまったく同じ趣旨の企画がスタートしていた。違ったのは、あちらは感動物語、こちらが爆笑物語という切り口のみ。
当代きっての人気落語家、春風亭昇太&林家たい平のコンビが引き出す、世界を相手に闘う男たちの、抱腹絶倒人生に学べ!

 [反骨者たち](一部抜粋)
モノづくりへのプライド 編
・「墨東大放談!」粋すぎる「世界的町工場」の親父が語る放蕩の美学を聴け!
/岡野雅行 岡野工業(株)代表社員
・あの名門・ライカ社の重役会議を手玉に取った男!
/中村義一 三鷹光器株式会社代表取締役会長
・「考える『会長』」〜震災から貴重な文化資産を守る、下町の技術発見!
/本間三夫 株式会社エーエス 代表取締役会長

開拓者(パイオニア)は飾らない 編
・シネコン全盛期に、伝説の名画座を復活させた映画人の情熱!
/永田稔 新文芸坐
・「メイキング・オブ・ハリウッド!」〜日本人メイクアップ・アーティストが見た「セレブ」(笑)!
/佳緒里・ナラ・ターナー メイクアップ・アーティスト
・親子3代、日印友好の懸け橋を守りつづける「インドの毒蝮三太夫」!
/G・M・ナイル ナイルレストラン店主

ビバ・オンリーワン 編
・時代に翻弄され続けた、報復絶倒の半生に隠された苦悩とは!?
/久保板観 映画看板師
・池波正太郎も感嘆した至芸、帽子木型の職人気質
/藤本洋介 福岡商店
・東京23区唯一の蔵元に、清酒産業の真髄を見た!「愛酒報国 光三の酒」
/小山光三 小山酒造株式会社 取締役社長

特別編
・林家三平の遺伝子を受け継いだ男の、超絶前座時代!「こん平流

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示