サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 宅悦さんのレビュー一覧

宅悦さんのレビュー一覧

投稿者:宅悦

1 件中 1 件~ 1 件を表示

採話ではなく、体験で実話を語れる強み。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『新耳袋』シリーズで知られる現代実話怪談の第一人者・木原浩勝氏を瞠目させた才能が、自身の体験を中心に自らの筆で綴った実話怪談集である。
 文筆が本業でないためか、文章はやや軽すぎるきらいがあるが、変に美文を気取らずのびやかに記しているぶん読みやすい。それでいて、書かれている内容は、そのまま『新耳袋』などに収録されていても不思議のない、怪談好きを唸らせるような出来のものばかりだ。
 タレントが記す怪談本は闇雲に怖さを煽ったり、変に因果を追い求めたりしがちだが、しばしば理由も解らない怪異がそのまま語られている点でも、本書は一線を画している。素直に「怖い」と感じさせるものもあれば、著者の自然な感覚のまま綴った成り行きが笑いを誘うものも多数含まれているあたり、妙に説得力があるのだ。
 特徴的なのが、これだけよくできた怪談集にも拘わらず、あえて大きく採りあげているのが“小さなおじさん”の連作である点だろう。奇妙さでは突出しているとはいえ、おじさんの造型やエピソードの方向性が終始笑いを誘うものばかりなのだから、人を食っている。
 あとがきにて、共著者として名を連ねる木原氏が触れているとおり、著者の体験は木原氏の『隣之怪 蔵の中』や『九十九怪談 第一夜』にも収録されている。第三者の観点から語り直されたそれらに触れても、彼女の備える“怪談語り”としての資質の高さを窺い知ることができる。今後も活躍の期待できる新たな才能の出現に、怪談好きならばいまから触れてみることを強くお薦めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示