サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ManaKanaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ManaKanaさんのレビュー一覧

投稿者:ManaKana

2 件中 1 件~ 2 件を表示

週末鉄道紀行

2009/07/11 16:43

どこか郷愁誘う文章とサラリーマンならではの鉄道の旅

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サラリーマンのための鉄道紀行と銘打たれたこの本ですが、仕事の合間のわずかな時間や週末を使って鉄道で旅する様子が描かれています。どこか郷愁を誘う表紙や文章、細部までこだわった描写は読み応えがありました。

失踪者と間違われて?職務質問されたり、会社帰りにふらりと海が見える路線に出かけたり、夜行明けの二日酔いのまま出勤したり、少ないお小遣いを浮かすために、3泊3日で東京から稚内まで普通列車だけで旅をしたり、サラリーマンならでは悲哀というか、そういう部分は読んでいて面白かったですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本第一阿房列車

2009/07/11 16:49

ガンコなおじいさん、でも楽しい

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

近代文学史には必ず出てくる百間先生も、自らの趣味のことでは活き活きととしいる感じがします。苦虫をかみつぶしたような顔でも、実は列車に乗っている時はうれしかったんだなあと実感。
文章の凄さは当然として、笑える部分が随所に盛り込まれているのがとても楽しい。また戦後間もない日本の姿を垣間見られるのもいいですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示