サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. yukiちゃんさんのレビュー一覧

yukiちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:yukiちゃん

216 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

これは新しい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ホットイフとタイムトラベルを組み合わせた、全く新しい時間テーマの傑作だと思う。

多くの時間者でタブーとされる自分との出会いどころか、50人の自分と一緒にバレエを踊るなんざ、とんでも作家の考えることだろうが、この作家さんは従来のSF読みの予想の遥か斜め上を飛び越えた、ぶっ飛び話を届けてくれてます。

女性同士の恋愛が普通になっている時代設定やタイムトラベルが、ある年を境に不可能になるというのがまたミステリアスでよろしい。
いつかその理由を本にしてほしい。
他にも色々、新機軸が出てきますが、そこはぜひ自分で読んで「う~ん」とうなり声を上げてほしい。
SFのはまだまだこんなセンスオブワンダーがゴロゴロしてるんです。

小説をじっくり読み込むタイプの人にお薦めの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たまらんっ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやあ、ホントに、海夢の可愛いことったら、娘にしたい!
海夢パパの放任ぶりには、???だったけど、こんなに可愛い娘なら、何でも好きにさせてやりたいって、分かるなあ、同じ娘を持つ親として。

それにしても、ごじょー君の衣装選びで見せた海夢のセンスのなさったら、ホントにホントに可愛いの千倍くらい行ってるわ。
花火の時の髪形も色っぽくてステキ。下駄のエピソードもホントにキュートです。

ああ、早く次号のコミックスが出ないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早く続きが読みたい!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ほんとに可愛いマンガです。
60目前のおっさんがドはまりしてしまいました。

海夢と新菜のちょいボケカップルが何とも微笑ましくて、次の刊が待ち遠しい。

新キャラも出てきて、今後の展開が気になって仕方ない。(^0^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可愛いんです!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久々に面白い漫画に出会った。

ネットで見かけて気になったので購入してみたが、「やった、こりゃ拾いもんだ!」と嬉しくなった。

絵柄も綺麗。登場人物の性格付けも申し分ない。ちょいとエッチな演出もお約束。
サクッと読めて、次の巻が読みたくなる。

かわいらしいカップルの誕生を喜んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本星系出雲の兵站−遠征− 5

2020/10/31 16:19

ついに終わってしまったか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

途中から烏丸指令に全部持ってかれてしまった感のあるシリーズだが、終わるとなれば寂しい限り。
個人的には、朽綱八重とクーリア迫水の二人がお気に入りのキャラなので、もっと活躍して欲しかった。
でもまあ、舞台が宇宙となれば、二人の立位置からしてそれま無理な話。分かってはいるんですよ。

古代地球からの植民船とガイナスとの因縁や、異性生物学の下りなど、つくづくよく考えられた話だと思う。
この理屈っぽいパートが大好きです。

林先生、奥さんと猫へのサービスが終わったら、またこちらの世界に戻ってきてくださいね。それも近い将来にお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本天才感染症 上

2020/09/22 22:09

これはひょっとすると、傑作かも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

菌が人を操るってなあ、藤崎慎吾の「蛍女」とかあったよな。
最近では柴田勝家の「ヒト夜の永い夢」にもあったよな。

でもここまで人間を支配しようなんて菌はいなかったよな。

なんか、この小説、いいかもよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本星系出雲の兵站−遠征− 1

2019/08/31 11:40

次が待ち遠しいが、終わるのがもったいない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ますます好調な兵站SF。

今作の笑いのツボは、「巨大ロボットに、一刀両断」させるところ。
烏丸少将のモデルは、悪公家に扮した、成田三樹夫さんで決まりでしょう。(^_^)
部下の名前が三条ということからも、それがうかがえます。

心に残った言葉は、「軍役のパラドックス」。
言われてみれば、艦隊決戦の方が膠着状態より安上がり~つまり、戦費は時間が勝負ということか。
何にせよ、この小説はためになります。

宇宙船ノイエ・プラネットが「はやぶさ」に重なって、胸が熱くなったり、「人類の99%が五賢帝を知らない」とか、小ネタも満載で、ページをめくる手を休めるのがもどかしいくらい。

シリーズ全体の見通しはまだですが、終わってしまうのが今からつらい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読めます

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何このカバー、きっしょー!
 こいつ、誰? 何者なん?  忍者?

 そう思って読み始めた結果、あまりの面白さに、「早く下巻に行きたい。」「途中端折ってしまおうか。」と思ったくらいにテンポ良く話が進んだ。

 何のため戦いを仕掛けてくるのかさっぱり分からん異星人。彼我の戦力差は歴然としているのに、ハンデ戦にしてまで戦うその根性が気に食わんが、必死こいて抗う地球人の健気さに涙が止まらない。
 
 個人的には、地球の女性大統領が、どこかの国のなり損なった人にオーバーラップして仕方なかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本時をとめた少女

2017/03/08 20:55

とにかく読みなさい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジュディス・メリルで「タンポポ娘」に触れ、宇宙鯨でヤングの虜になったおっちゃんからの遺言だと思ってください。

 とにかく、ヤングを読みなさい。

 おっちゃんのお薦めは「真鍮の都」。
 創元版を読んだときは、「ええ話やなあ。」で終わったのだが、その後「宰相の二番目の娘」が出て、やっぱりこっちがええわと思っていたところに、この本が出た。

 今、日本人に大切なのは、ヤングを読み、共感し、心の奥深くに刻み込む事だと思う。アメリカに生まれ、日本が育ててた作家、ロバート・F・ヤング。
 今の若い連中に、ぜひ読んでもらいたい一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしいな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校・大学時代に読みふけったA子たん。
 コミックスはけっこう持っているが、研究本みたいのは初めて買った。
 実は、読者プレゼントのミニバッグ、未だに持って使ってるんだよね。

 ちなみにうちの嫁さんは、「陸奥A子って大嫌い。」派なもんで、こっそり読んでます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早く、次の皿を出せ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何、このカバー、ガールズパンツァー?
 
 圧倒的な戦力を持つ異星人の前に、地球人類はそのコロニーを一蹴された。何だ、この粛正者みたいな奴らは?(姿・形が分かっているだけに粛正者よりコワイ)さて、この地球にアリサカケイイチはいるのか?

 出てくるガジェットの面白さ、話のテンポの良さ、登場人物の格好良さ、どれをとっても一流のエンタテインメント。
 早くシリーズの他の作品を読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ノノノ・ワールドエンド

2016/05/20 22:09

やられました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何の気なしに読んでみたのだが、こりゃ傑作じゃという結論に達しました。

 私にとって傑作かどうかは、他人に勧められるかどうかという線引きがあるのだが、本書は他人に勧められる基準に達している。

 ノノと加連の、痛いくらいのシンパシーは、分かる人にしか分からない。例えてみれば陸奥A子のマンガの良さが分かる人にしか分からない。というくらいの難解なものなのだが、(ちなみに、我が妻には分からないらしい)ガンダム世代のアムロとララアのシンパシーが分かる人には分かるだろう。というくらいんの難しさ。

 何にしても、他人に勧められる位の水準に達している作品であることに間違いはありません。
 この夏、世界の終わりを経験したい若者にはお勧めの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本翼を持つ少女 上

2016/05/18 21:51

こんな本を待っていた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

SF入門のためには最適な1冊!
 ビブリア古書堂では満足できなかった人は(SFファン)、この本を読んで古典的SFの名作の数々を読んで欲しい。
 特に早川SFシリーズのファンの人には必読の1冊である。

 私が感動したのは、武部本一郎に触れられていたこと。
 「火星のプリンセス」の表紙絵のデジャー・ソリスに魅入られ、火星シリーズをコンプリートした私にとって、武部画伯の紹介は、何とも愛情あふれた素晴らしいものに思われた。
 できれば、真鍋博先生にも触れて欲しかったところである。

 若い世代の活字離れが叫ばれている昨今、ビブリオバトルの楽しみと共に、本を読む喜びを少しでも分かって欲しい。そんな山本弘の心の叫びが聞こえてくる1冊である。
 この本を、この夏の読書感想文の課題図書として取り上げてくれる学校が1校でも多く出てくることを願ってやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本深紅の碑文 上

2016/05/07 12:54

ワクワクが止まらない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何故だろう?
 地球文明の終わりを書いている小説のはずなのに、ワクワク感が止まらない。 このテーマの小説は、世界がどんな終わり方をするのかが大きな問題だが、そこんところは前作の「華竜の宮」で終わってるので興味半減のはずなのに、なぜか、早く次のページをめくりたくてしようがなかった。

 登場人物のほとんどが真面目で、真剣で、他人の事ばかり考えている。そんな不思議なカテゴリーだけの小説は、本当なら堅苦しくて、重苦しくて、世k無に堪えないものになるはずなのに、上田さんの手になると、どうしようもないスペクタクルに胸が震えてしまう。
 私なんか、会社の朝のスピーチで、お薦め本として、この小説を紹介しちゃったくらいです。

 もちろん、前作(できれば、シリーズ含めて)と一緒に読むべきでしょうが、ボリュームと作品世界のインパクトが大きすぎて、少し間を開けて読んだ方がいいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここ何年か、会う人ごとに「スワロウテイル」という本の面白さを説いてきた。マンガじゃないぞ!小説だぞ!
 揚羽という少女(?)がいかに健気で、強くて、儚くて、愛らしいか…。
 相手は例外もなく、決まって「ふんふん」と興味のかけらも見せずに頷くばかり。それでも、この人工妖精の魅力を伝えたくて、次の話が読みたくて、密かに籐真千歳にエールを送り続けてきた。このレビューは彼女へのラブコールだと思っている。

 とにかく、揚羽の魅力に押し流されつつ、物語にぐいぐいと引き込まれていく高揚感。胸に迫り来るいとおしさ。
 これで終わりかと思うと、本当に切なくなってくる。またいつか、短編でもショート・ショートでもよいので、揚羽の日常のかけらでも覗いてみたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

216 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。