サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. cocoさんのレビュー一覧

cocoさんのレビュー一覧

投稿者:coco

684 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

このあとどうしちゃおう

紙の本このあとどうしちゃおう

2017/01/20 11:55

「生」と「死」へのやさしいまなざし

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おじいちゃんのエンディングノートのタイトルがすでに洒落てます。
「死」へゆっくりと確実に向かいつつ、死後の家族のことを考え、天国や地獄のことを楽しく空想する。
そんな「死」へのやさしいまなざしがすてきです。

「死」について考えるとき、そもそもの「生」についても考えずにはいられないわけで。
お財布をにぎりしめてノートを買いに行く場面がきちんと描かれているのが、またすてき。

おじいちゃんがリンゴになってたり(ヨシタケさんの「りんごかもしれない」を読んでいると分かる小ネタ)、細部まで小ネタがちりばめられています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おやすみおやすみ

紙の本おやすみおやすみ

2016/12/28 19:40

ねむるすがた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

動物や虫などの眠る様子が描かれている絵本は多いですが、
こちらは絵の雰囲気が印象的でした。
ブルーグレーの紙を使用していて、夜の薄闇のような背景の中、
手書き風の灰色の文字が並ぶ、左ページ。
右ページはグラフィックのシンプルな線で描かれた生き物の眠る姿が薄闇の中に浮かぶよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんぐりころちゃん

紙の本どんぐりころちゃん

2016/12/18 20:29

かわいいどんぐり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんぐりが大好きな娘は、どんぐりが落ちていると、割れていようが虫食いだろうが構わず、夢中になって拾い集めます。
そんな娘が迷いなく手に取った絵本。
巻末に、かわいいどんぐりころちゃんのわらべうたが楽譜付きで掲載されています。
うたいながら遊ぶ、遊び方もあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そらとぶそりとねこのタビー

紙の本そらとぶそりとねこのタビー

2016/11/26 18:27

サンタと猫

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

クリスマスとタイトルに入っていませんが、クリスマスイブのサンタクロースのお話。
意外と早くホームシックにかかってしまった猫のタビー。
絵画のような雰囲気のある猫の絵が印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やさいのせなか

紙の本やさいのせなか

2016/11/19 15:21

視点を強制的に変える

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

モノクロのでこぼこ模様。
視点を強制的に変えるカラクリによって、見慣れた野菜も見慣れない模様になってしまう。

野菜は日常的に料理で触っているのに、表面なんて、ちっともよく見てなかったことに気づく。
色があれば、まだなんとかわかるかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たべたのだあれ

紙の本たべたのだあれ

2016/11/08 10:48

かわいくて楽しい隠し絵

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「かくしたの だあれ」が大好きな娘ですが、なぜかこちらはそれほど興味をもちません。
隠されているのが食べ物ばかりだから??
でも、どちらもかわいくて楽しい隠し絵の絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆきのまちかどに

紙の本ゆきのまちかどに

2016/10/18 13:42

フランシスまじ天使!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の女の子フランシスは雪の日も街角に立つオルガン弾きの存在に気が付きます。
オルガン弾きのために自分ができることは何なのか?
一所懸命考え、実行する。
大人にはできなくなってしまったことを軽々と飛び越える少女の純粋さ。
クリスマスの日だけに、天使が現れるのではないのでしょうね。
淡々としたストーリーですが、美しい絵と相まって、ラストは心を動かされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なにしてる なにしてる

紙の本なにしてる なにしてる

2016/10/10 12:04

なにしてるのかな?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

後ろを向いている、ぶうちゃんとぴょんちゃんがなにしてるか当てるクイズ形式。
絵本が逆さまだったり、ちょっととぼけた感じだけど楽しい二人。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぐりとぐらのおきゃくさま

紙の本ぐりとぐらのおきゃくさま

2016/09/21 18:24

ミステリー風味なぐりとぐら

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある冬の日。
ぐりとぐらの家に向かう足跡が。
一体、誰の足跡??
ぐりとぐらが家に入ると、まさかのおきゃくさまが・・・!
ちょっとミステリー風味なクリスマスの楽しい1日のおはなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

がまんのケーキ

紙の本がまんのケーキ

2016/08/31 23:01

がまんなんてできないよね!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもが我慢できないのは当たり前。
だから「我慢」を子どもに教えるのって、本当に難しい。
それをいとも簡単に分かりやすく説明してくれるのが、さすがはかがくいさん!
・・・そのはずなのですが、娘は美味しそうなケーキのことばかりが印象に残って、肝心の我慢の方は、サッパリです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くだものだもの

紙の本くだものだもの

2016/08/31 21:55

だって、くだものなんだもん。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

娘がくだもの大好きだったのと、アニメーション映画「頭山」で数々の映画賞を受賞した、山村浩二氏の絵に惹かれて購入しました。
狙い通り(?)娘のお気に入り絵本となり、何度も読んでとせがまれました。
ダジャレのような韻を踏んだ文章は読みやすく、暗記してしまいました。

娘が小さいうちは、”果物カタログ”のように食べたことのあるくだものを指したり、知らないくだものの話をして楽しみました。
もう少し大きくなって、ひらがなを読めるようになったら、今度は韻を踏んだ文章を楽しみながら読めるのではと考えています。

登場するくだもの達は愛嬌のある描き方をされており、リアルな表現ではありませんが、絵本の世界ならではの可愛らしさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1ちゃんいちにち へんてこかぞえうた

数字に興味をもったら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1から10までの数字たちがそれぞれ特徴ある性格のキャラクターになっている、数え歌のようなお話。
分かりやすく楽しみながら、数字に親しめます。

数字に興味をもちはじめた子なら、4を「し」「よん」などと読む、読み替えに戸惑うはず。
そういった読み替えにも配慮がされています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

空とぶ船と世界一のばか ロシアのむかしばなし 改版

むじゃきな人間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世界一のばかと呼ばれる「ばかむすこ」はむじゃきな人間なので、神さまが何もかもよいようにしてくださるお話。
都合が良すぎると言ってしまえばそれまでだけど、一見田舎者の特殊な能力をもつおじさんたちが王様の出す難問を易々と解いてしまうのが痛快。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

くった のんだ わらった ポーランド民話 世界の昔話

これ、おもしろいんですよねー!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このお話、おもしろいですよねー!

ヒバリの旦那さんとオオカミの駆け引きが、3回繰り返されます。
「きっと なんとか なるでしょう」
知恵のあるヒバリの旦那さんの活躍が頼もしいです!

行ったことはありませんが昔のポーランドののどかな風景を想わせる、佐々木さんの絵もお話に合っていて素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かようびのよる

紙の本かようびのよる

2017/03/15 14:07

カエルとひみつと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

デヴィッド・ウィーズナーの文字のない、絵だけの絵本は数冊読みましたが、これまた面白い!
奇想天外ファンタジックな出来事が”火曜日の夜”なら起こるかも、と思わせる
魅力的な絵と画面構成が印象的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

684 件中 1 件~ 15 件を表示