サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. JUNさんのレビュー一覧

JUNさんのレビュー一覧

投稿者:JUN

460 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

何気ない日常

8人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TVを見て笑ったり
好きなものを楽しんだり。
そんなワニくんの日常がつまったお話。

何気なさすぎて
きっと誰にでも共感できる日常の姿。
「死まで○日」と書いてあるラストの文で
ドキリとさせられます。
私たちの寿命も日々着実に
カウントダウンしているんだと再認識。

ワニくんが本当に心優しい青年?で
惜しい子を亡くしたと切なくなります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本君の膵臓をたべたい

2017/05/14 12:40

ボーイ ミーツ ガール

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

対称的な2人。名前のない(状況によって変わる)主人公。病気で余命わずかな少女。
どうやって繋がるんだろうと思ってた。軽快な少女が振り回してるだけなんじゃないかって。

でも、ちゃんと仲良くなれた。

人と関わり合うことの大切さ。人生を懸命に生きるひたむきさ。
そういうのがギュッと詰まった作品だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本虚構推理

2020/02/15 00:36

都市伝説に立ち向かう

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

虚構…作り話に立ち向かう琴子と九郎の話。
しかもそれが
人魚とくだんの肉を食べた
不死身の肉体をもつ男と、
義眼・義足をもつ
(そしておそろしく頭の切れる)
女が主役なんだからタチが悪い。

でっちあげで成立するミステリーなんて
初めて読んだ。
でも、ありもしない空論推理に
純粋に楽しめる自分がいた。

…時々下ネタが入るが、そこはご愛嬌で

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本慈雨

2019/08/16 18:31

泣いた

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私と同じ名前を持つ 純子ちゃんの事件
幸知の境遇や人生
神場さんの後悔やしこり
そしてラストの 慈雨 にも。

子供を持つ親として、
自分の子だったら…と思うと
酷く胸が苦しい。

四国遍路 と 事件 がどう繋がるの?
同じ展開の繰り返しになるんじゃないの?
と読み始めた作品だったが
予想以上に構成が緻密で丁寧で
400頁を一気読みした

作中全ての人(犯人以外)が
幸せであって欲しいと思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

志村けんという生き方

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

当時52歳。
約20年も前に書かれた本だが、
キャラクターよりも
ずいぶん真面目な人だなーという印象。
ただ、これが間違いなく
素の志村さんなんだと思う。

粋な大人、というものを
あまり理解できていない未熟者だが、
こういう人のことを言うんだろうな、と
心が温まる。

されてイヤなことをしない。
誘ったら(食事に行ったら)
相手の時間を拘束したことに
敬意を払って奢る。
当たり前のことだけど、
何て素敵な人だろう。

TVで見る志村さんの口調そのままで
とても読みやすい本でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本人間に向いてない

2020/06/27 21:29

何だこれは?!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

突然人間じゃない生き物になる。
しかもそれが部分的に人間の体を持つ
変異した生き物だとしたら。
…正直、気持ち悪いことこの上ない。

体が虫なのに人間の指が複数あって。
体が犬で顔が生前の人間のままで…等々

そんな感じで
ただのグロイだけの小説
(ホラーにもなりきれない未熟な小説)
なのかと思いきや。
人の心理もよく書けてるし、
変に現実的で現代社会をよく表している。
そしてラストに涙。
満場一致で
メフィスト賞を受賞したのがよく分かる。
よくぞ選んでくれた!

読了時の不思議なこの感情を
ぜひ味わってもらいたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エロくて可愛い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

想像以上にエロかった。笑
グラビア写真集と言っても過言ではない感じ。
水着よりもヌード多め。
洋服にこるんはほとんどいない本。

普段から鍛えているせいか無駄なお肉が一切なく
かと言って痩せすぎているわけでもなく。。
とてもスレンダーで、セクシーで、可愛くて、綺麗。

大人にこるんを、これでもか!と見せつけられました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本槇ようこ恋愛物語集

2020/03/11 07:37

強めの女の子がいっぱい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分にまっすぐ
ぐさっとくる言葉も吐くし
ちょっとギャル。笑
そんなちょっと強めの
槙先生らしい女の子がいっぱいです

悩みだってもちろんあるけど
それさえもキラキラしてるような
魅力的な姿に嬉しくなりました^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死体専属医師

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前作を読んで久しくなるが、
やはり上野先生のような人に
死後も診てもらいたい。
その一言に尽きる。

自分がどんな形で死ぬか分からないが
きちんとした法医学の人が見れば
結果など一目瞭然とのこと。
事実が闇に葬られずにいたいものだ

前作よりも
挿し絵や写真が多かったように思う。
より分かりやすくなったこの本を読んで
未来の法医学生が増えたらいいなと思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

連作短編

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

琴子の高校~大学までの追想と
事件を絡めた今作。
全てが少しずつ繋がっているが
元が短編っぽくなっているので
理屈っぽくなく楽しめる。

いやーしかし、
琴子の高校生活
(部を楽しんでいる姿)も想像つかないケド
それさえ超える異質っぷり。
こんな同級生絶対イヤだww

九郎がツンデレで
今回も萌えさせてもらいました(о´∀`о)
なんだかんだと上手くいってる2人。
素敵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編5作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長編のように理屈っぽくなく
すっきりとしていてすごく読みやすい◎
[虚構推理]の文字のごとく、
今回も琴子のでっちあげが冴えてます

ラストの九郎…
[お前は今のままでいい]って…
え、何?このラブコメ展開ww
ふいうちで萌えたww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本妄想国語辞典 1

2019/12/07 23:17

パラパラ見るのが一番いい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

娯楽ですが、辞典です。
じっくり最初から読むより
パラパラとめくったページを読む!
って形のが楽しめると思います

日本語の幅広さに気づかされます
日本語が一番難しい と
世界で言われる所以かもしれません
楽しく言葉に触れられました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本砕け散るところを見せてあげる

2019/09/29 19:02

強い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表の学校でのイジメも
裏の家庭での虐待も
そして更にその奥に隠されている事件にも
そのどれにも強力な力を感じる

そんな地獄のような日々を生きる 波璃の
清澄に出会ったあとの
立ち向かう強さも本当にすごい。
圧倒された

あらすじにある[記念碑的傑作]という言葉
それもラストにはしっくりきた。納得。
ヒーローには記念碑があってもいいよね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本その10文字を、僕は忘れない

2019/06/08 00:44

(о´∀`о)

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

[途方もなく、彼女のことが好きだった。]
背表紙にあるこの言葉が
読んだあと更に強く胸に響く作品だった

切なくて、温かくて、眩しくて
こんな毎日いいなって
素敵だな と思える作品でした

菫も蒼も初恋で、
きっと小さなすれ違いも
たくさん出てくると思うけど。
周りの人たちに支えられながら
幸せに生きてくんだろうなって。
そんな未来が想像できて
とても気持ちよく読了できました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画原作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画[バースデーワンダーランド]の原作ということで、こちらの本を読んでみました

絵は、とても時代を感じますw
でも、1981年にこんな作品があったのか!とその世界観にすごく驚きました

よく言うパラレルワールドです
今で言うところの異世界モノです
だけど、ここまで小説で色鮮やかにできるのか!と感動しました
余談。ケイトウ色、調べましたww

色を説明する言葉がすごく綺麗です
・夏のたそがれどきの黒(P87
・夕立ぶくみの夏の雲の白(P88

素敵な表現とたくさんのわくわくが詰まったこの作品を、映画だけでなくぜひ触れて欲しいと思いました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

460 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。