サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. JUNさんのレビュー一覧

JUNさんのレビュー一覧

投稿者:JUN

839 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

何気ない日常

10人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TVを見て笑ったり
好きなものを楽しんだり。
そんなワニくんの日常がつまったお話。

何気なさすぎて
きっと誰にでも共感できる日常の姿。
「死まで○日」と書いてあるラストの文で
ドキリとさせられます。
私たちの寿命も日々着実に
カウントダウンしているんだと再認識。

ワニくんが本当に心優しい青年?で
惜しい子を亡くしたと切なくなります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本君の膵臓をたべたい

2017/05/14 12:40

ボーイ ミーツ ガール

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

対称的な2人。名前のない(状況によって変わる)主人公。病気で余命わずかな少女。
どうやって繋がるんだろうと思ってた。軽快な少女が振り回してるだけなんじゃないかって。

でも、ちゃんと仲良くなれた。

人と関わり合うことの大切さ。人生を懸命に生きるひたむきさ。
そういうのがギュッと詰まった作品だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本慈雨

2019/08/16 18:31

泣いた

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私と同じ名前を持つ 純子ちゃんの事件
幸知の境遇や人生
神場さんの後悔やしこり
そしてラストの 慈雨 にも。

子供を持つ親として、
自分の子だったら…と思うと
酷く胸が苦しい。

四国遍路 と 事件 がどう繋がるの?
同じ展開の繰り返しになるんじゃないの?
と読み始めた作品だったが
予想以上に構成が緻密で丁寧で
400頁を一気読みした

作中全ての人(犯人以外)が
幸せであって欲しいと思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

温かいお話

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原作を読んでいないので
恋次とルキアが幼なじみ、
ということまでしか知らなかったのですが。。

まさか結婚するとは!!
一護・織姫もそういう関係とは!!
本トにいろいろ驚いた

白哉の 祝い下手 は
微笑ましい部分もありますがw
死神皆が一丸となって
お祝いムードになれるあたり、
すごく関係もよくて温かいなと思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エマに聞かせる想い出

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

記憶をなくしたエマに、
ハウスであったこと
旅の途中であったことなど
一生懸命に伝える子供たち。

もちろんツライこともあるんだけど
その想い出全てが温かい。
読んでるうちにほんのり笑顔になれるような
素敵な想い出がぎっしり詰まってました。
見えない絆も見えない愛も、
エマたちに触れるだけで
きっと全てを信じたくなる。

今のコロナ時代に沁みました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本人間に向いてない

2020/06/27 21:29

何だこれは?!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

突然人間じゃない生き物になる。
しかもそれが部分的に人間の体を持つ
変異した生き物だとしたら。
…正直、気持ち悪いことこの上ない。

体が虫なのに人間の指が複数あって。
体が犬で顔が生前の人間のままで…等々

そんな感じで
ただのグロイだけの小説
(ホラーにもなりきれない未熟な小説)
なのかと思いきや。
人の心理もよく書けてるし、
変に現実的で現代社会をよく表している。
そしてラストに涙。
満場一致で
メフィスト賞を受賞したのがよく分かる。
よくぞ選んでくれた!

読了時の不思議なこの感情を
ぜひ味わってもらいたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本マリアビートル

2020/05/31 07:08

新幹線という密室

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

その中で起こる殺人事件のまぁ多いこと!!

電車はもちろん動いてるし
人の流れもあるわけだけど…
狭い車内ですれ違うとか!
知恵とテクニックがすごい。

切れ者業者がいっぱい出てきます。
各々の推理、考察にも大注目です。
トーマスが
サスペンスミステリーに化けるなんて
この本読むまで思わなかったよww

王子の下衆具合が最悪すぎる。
タチ悪い。
それを見抜いた木村(親)尊敬する。
抹殺してくれてありがとうww

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本虚構推理

2020/02/15 00:36

都市伝説に立ち向かう

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

虚構…作り話に立ち向かう琴子と九郎の話。
しかもそれが
人魚とくだんの肉を食べた
不死身の肉体をもつ男と、
義眼・義足をもつ
(そしておそろしく頭の切れる)
女が主役なんだからタチが悪い。

でっちあげで成立するミステリーなんて
初めて読んだ。
でも、ありもしない空論推理に
純粋に楽しめる自分がいた。

…時々下ネタが入るが、そこはご愛嬌で

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本その10文字を、僕は忘れない

2019/06/08 00:44

(о´∀`о)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

[途方もなく、彼女のことが好きだった。]
背表紙にあるこの言葉が
読んだあと更に強く胸に響く作品だった

切なくて、温かくて、眩しくて
こんな毎日いいなって
素敵だな と思える作品でした

菫も蒼も初恋で、
きっと小さなすれ違いも
たくさん出てくると思うけど。
周りの人たちに支えられながら
幸せに生きてくんだろうなって。
そんな未来が想像できて
とても気持ちよく読了できました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人との繋がり

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

胸熱…!!

力を失った一護に死神の力を譲渡する。
それは法に触れることだけど、
それでも何か!少しでも!と集まる死神たち

すごく温かくなる。いい話。

隊長、副隊長はもちろん
下っ端の皆をも巻き込んでしまう一護の人望が
とてもすごいことで素敵なことだなと思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それぞれの過去

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スイとヤヒロ。
ロゼとジュリ…そしてエンリーカ。
皆それぞれに過去はある。
それが、すごくワケありで
心苦しい部分は確かにあるけど…
腑に落ちるというか。かなり納得。

スイが龍化してないから、
ヤヒロに何か原因が?とは思ってたけど
あんな巨大な龍化は…ねぇ?
そりゃ日本滅びるよって感じ

出来損ないの兄貴のせいで、
クローンで作られたとはいえ
自分たちの妹(エンリーカ)を
殺さなければいけないロゼたち…ツライよなぁ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本鬼滅の刃 1 しあわせの花

2022/03/27 13:37

キャラを知らなくても楽しめる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に言います。
私は主要キャラ4人しか
フルネームを覚えてません。
(あとは名前と顔がうっすら一致する程度)

でも、十分楽しめます。
バカが大渋滞していて
やかましい感じはあるけど、
裏を返せば賑やかでいいなって。
鬼退治で真剣に向き合う彼らの、
つかの間の日常ばかりを集めた作品。

ほっこりする話もあれば
それぞれのしあわせを再認識する箇所もあり
丁寧に書かれていてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

横浜編

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻の23区編は配置とかわかったけど
横浜に行ったらどこをどう移動してるのか
全然分からなくなっちゃった。笑

でも、話は俄然勢いを増して面白い!

いろんな龍が出てきて、
合わせてラザルスもたくさん。
あちこち伏線もあり読みごたえアリ◎
もちろんスイを倒すという本質は
まだまだ先だけど…今後に期待!

チルカ(龍人)とアマハ(クローン)のラストは
ぜひ全てを読んだ上で味わって欲しい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ふしぎ駄菓子屋銭天堂 15

2021/05/14 21:35

ニセ紅子

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

正規商品とダミー商品が入り交じる
ふしぎな力そのままの今回。
研究所も腕を挙げたもんだ。。

本物の紅子さんか、偽物の紅子さんかは
少し読んでいけば分かる。
そして少し戻ると
確かに人物描写が微妙に違っていて、
文章の上手さに改めて負けた!と思った

研究所の思惑に
紅子さんがたどり着いたところで終わってて…
早く次が読みたくなる巻でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

予想ができるものから
予想できないものまで。
多岐に渡る短編集。

今までいろんな作品を読んできたけど
こんなオチがあったのか!と驚く展開ばかり。
ジャンプノベルスだからと
甘く見てはいけない面白さが満載でした。

切ないながらも丁寧な描写で定評のある
持崎湯葉さんが書く「2人のための10秒間」
ラストを繰り返し読みたくなる後味!
さすが!な作品でした

川鍋鹿島さん…初見の作家でしたが
いい意味での裏切りで今後も楽しみ。
乙一さんの「calling you」に似てる?
って出だしながらも、
意外な登場人物で調理されてました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

839 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。