サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ただの人間さんのレビュー一覧

ただの人間さんのレビュー一覧

投稿者:ただの人間

141 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

憲法9条へのカタバシス

紙の本憲法9条へのカタバシス

2019/05/16 11:30

やはり占有

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

占有概念を起点に9条やそれと広く社会レベルで関連する論点を取り扱う。いかに実力、自力救済に制限をかけるかというグロチウスなどの歴史的淵源は非常に明確にされていた。さらに、実力、自力救済と社会の質との関連についても言及されていた。実力や自力救済といった問題を民事法よりは認識しやすいからか、書籍全体を通底する問題意識はローマ法案内やカタバシス(旧版)よりも捉えやすいと感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AI vs.教科書が読めない子どもたち

AIの限界、人間の現状

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

豊富なデータをもとに、一方ではAI技術の限界を、他方では日本生徒の読解力やそこから見られる課題を論じる。データを踏まえたシンギュラリティ否定論を前提に、代替不可能な領域でいかに能力を発揮していくかがこれからの人間の課題になる。読解力を鍛えるのに遅すぎることはない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

景品表示法 第5版

紙の本景品表示法 第5版

2019/05/06 21:10

調べものの起点に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

体系としては良くも悪くもシンプルだけれど、後半の資料集を含め仕事で使う際の取りかかりとしては有用な一冊。表示規制にせよ景品規制にせよ業種別規制を含めた細かな規制があるけれど、最終的な勘所は数多くの事例を見て磨いていくしかないのかな、という印象。その前提となる全体像が記載されている。ただ、実際の思考過程とは条文構造自体がやや離れていることもあり、そこは自分で補う必要があると感じた(特に景品規制)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア

経営学の現在地

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

経営学と、それと混同されがちな自己啓発の区別を行なった上で、他方で著者のバックグラウンドである経済学などと比べると歴史の浅い経営学の現状を論じる。自然言語でどこまで論じることができるのか、事実の発見をより評価すべきでないか、といった問題意識は他分野にも通じるものがあると感じられ興味深かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しいファイナンス手法 プロジェクトファイナンス/シンジケートローン/知的財産ファイナンスの仕組みと法務 第2版

よいボリューム感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

プロジェクトファイナンス、シンジケートローン、知財ファイナンスの3種類のファイナンスについて解説する。条項例を多く示しながら解説する前2者とそうでない後者といったテイストの違いはあるが、それぞれについて考慮すべき事項について学ぶことができる。特に前2者では、多数の関係者がどのような利害を持つのかという点が整理されていた。いかにとれるリスクを言語化するか、という観点での学びも多かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

労働法 第11版

紙の本労働法 第11版

2019/07/28 18:13

流れをもって理解する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

経済社会の流れ(自由国家から社会国家へ、さらに特に90年代以降のグローバル化)とそれに応じた労使関係の変化を前提に、労働法制が現在の姿にいたるまでの流れも重視しつつ解説される。就業規則や整理解雇など要件・要素をきちんと示しつつも、背景を丁寧に解説することで現時点の姿の理解が深まった。ページをめくる中でも頭に入れられる量が少しずつ増えている感覚を持った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

販売店契約の実務

紙の本販売店契約の実務

2019/07/28 18:12

日英併記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

販売店契約によく見られる条項を中心に、クロスボーダー取引も視野に入れつつ論じる。最低購入数量の違反への対応など条項ごとにありうるパターンが複数記載されており参考になる。ビジネスの観点から考えるべきことについても触れられている。条項が設けられる理由についてもかなり丁寧。海外進出についてもネットワークを駆使した概説がなされているが、結局リスクを拭いきることはできないんだろうなあという印象

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いま世界の哲学者が考えていること

問題ごとに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オーソドックスな哲学者オリエンテッドな形ではなく、現代的な展開に軽く触れたうえでAIや環境など現代的な問題ごとに哲学者の議論を論じる。具体の現象から抽象的な問題をどのように発見して結びつけていくかについては最近別のところでも気になっていたところでもあり、参考になった。人間中心主義といった根本的な価値観と具体的な問題の距離は思ったより近い(あるいはそのように論じることができる)と感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人外

紙の本人外

2019/07/28 18:10

独特

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中に複数の自我のようなものがありながら一つの個体、自我でもある人外の旅が描かれる。世界の様子も基本的には人外の主観からしか描かれず、人外の旅とその目的との関係が(人外が旅の途中で獲得していく)様々なコトバで綴られていく。わからない部分を残しつつきれいにまとまり、全体として独特の円環のような構造を持っていたなという印象

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「国境なき医師団」を見に行く

紙の本「国境なき医師団」を見に行く

2019/07/28 18:09

体験談

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

様々な地域での国境なき医師団の活動に随行して見聞したことが綴られる。日本(著者)が当たり前だと思っていることが世界では当たり前ではないんだな、ということが著者の実感とともに語られていて興味深かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

企業労働法実務入門 はじめての人事労務担当者からエキスパートへ

実務の基本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平易な言葉遣いで社保、人事などフリンジ部分を含む労働法実務の全体像を解説する。実務の基本的な動きを知るためには適した一冊という印象

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文明の衝突 下

紙の本文明の衝突 下

2019/06/30 22:56

戦争の構造分析等

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主にイスラムとそれ以外の文明という観点から、ユーゴスラビア紛争などを例に文明のフォルトラインで起こりうる戦争のあり方などを論じる。このような戦争に一次的、二次的、三次的な当事者がいるという見方は非常に説得力があると感じた。西洋人(アメリカ人)だな、というものの見方はある程度滲むものの、不必要に西洋文明を絶対視せず他の文明とどのような関係が生じうるかについて論じており、米中関係など現代に示唆的な部分も上巻に引き続き見られた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一生折れない自信のつくり方

紙の本一生折れない自信のつくり方

2019/06/30 20:45

当たり前のことを意識

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

細かな、達成可能な目標を立てる、それを達成したことを記録するなど、成功体験を重ねて自信をつけていくことの大切さ、方法を論じる。3で区切る、というのは継続にあたり参考にしたい工夫だと感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エネルギー産業の法・政策・実務

多角的に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上流から下流まで、エネルギーに関する問題を手広く取り扱う。法的なものから一次資料まで文献への言及がかなり充実していた。特に上流まわりについて通商法、契約法、競争法といった複数の視点から検討されており、生じうる問題について理解を深めることができた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

商取引法 第8版

紙の本商取引法 第8版

2019/06/30 20:40

幅広く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国内、国際売買から、保険、信託まで、商法典が関連するものからそうでないものまで幅広く取り扱う。消費者法や保険法などそれ自体で一冊の本になりうるジャンルを複数まとめており、細かい説明が省かれている部分はあるが、租税、倒産への目配りもなされているのは流石という印象。様々な分野で標準契約書式が発達していることに言及されており、実際に案件に取り組む際にはまずそれらを参照することが必要になるだろうと感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

141 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。