サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. どら さんのレビュー一覧

どら さんのレビュー一覧

投稿者:どら 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本わたしが・棄てた・女

2002/03/27 13:31

映画のような作品で語られる愛

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 映画を見ているようだ。場面場面で流行歌が流れたり、道玄坂に霧雨が降ったり、戦後の東京近郊の風景が映像を見るように頭の中に入ってくる。そして歌や雨や風にのせて登場人物の微妙な心理が伝わってくる。
 ミツは容姿もいいわけでなく凡庸な娘だが、その彼女の、人の苦しみを自分の苦しみとして感じ、行動していく姿をとおして「愛」が語られているのだ。ミツのことをなんとも思わず一度犯して棄てた吉岡は、彼女のことをもう思い出すこともないといいながら、最終的には、彼の人生にしっかりと痕跡を残していることを知る。
 私はこの本で語られる「愛」に感動した。もし今自分の不運な人生をつらく思っているひとがいたら、一度読んでほしいと思う。ほんの少し救われるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示