サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂書店
  4. 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

店舗詳細

ジュンク堂書店 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具) 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

フロアマップ[1050KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具) 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-10-13 メディアモ-ル天神地下1階~4階
電話番号

092-738-3322

営業時間

10:00~21:00

定休日

10月無休
11月無休

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 万年筆友の会
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

西鉄大牟田線 福岡(天神)駅 徒歩3分
福岡市営地下鉄空港線 天神駅 徒歩2分
福岡市営地下鉄七隈線 天神南駅 徒歩5分

店舗地図

ジュンク堂 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具) 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
提携駐車場はございません、お近くのパーキングをご利用下さい。

代引きサービス
代金引換での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

お知らせ
当店でもPontaカード、dポイントカードがご利用いただけるようになりました。
書籍のご購入200円(税抜)ごとに1ポイントがたまります。
また、ポイントでのお支払いもできます。

しかも、お会計時にhontoカードと一緒に提示していただければ、ダブルでポイントがたまります。
ポイントご利用の際は、ポイントカードをお持ちください。

店舗紹介
ジュンク堂書店福岡店は、地下1階から4階まで計2.060坪、MARUZEN文具売場(地下1階275坪)やギャラリー(地下1階25坪)も併設する、国内最大級の売り場面積と140万冊の在庫数を誇る大型複合書店です。
「ここに来れば何でも揃う」、お客様にそう言っていただけるように、ジュンク堂書店の強みである専門書をはじめ、一般書やコミック、洋書など、あらゆる書籍と文具の品揃えを充実させ、お客様に気持ちよくお買い物いただけるよう努めます。
※カフェは店内にはありませんが、ビル向い側にカフェ「シアトルズ ベスト コーヒー」があります。お買い上げ税込1万円ごとに喫茶券1枚をサービスしております。

ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 福岡店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @jnkfkok
・Twitter(洋書): @FJYousho
・LINE@: 「ジュンク堂書店 福岡店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 福岡店


店舗画像2

ジュンク堂書店 福岡店


店舗画像3

ジュンク堂書店 福岡店


店舗画像4

ジュンク堂書店 福岡店



お知らせ・イベント

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

ブルックリンの少女 (集英社文庫)ギヨーム・ミュッソ (著)

ブルックリンの少女(集英社文庫)

書店員:「ジュンク堂書店福岡店スタッフ」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)
フランスの大ベストセラーミステリー

人気小説作家ラファエルはまもなく女医のアンナと再婚する。
式を三週間後に控え二人は休暇を楽しんでいたが、けして過去を明かそうとしないアンナに対してその夜は自制がきかなかった。
なぜ打ち明けてくれないのかと激しく問い詰めた結果、観念したアンナが自分の過去だとタブレットをひらいてみせたのは、ある一枚の写真。
想像だにしなかった衝撃的な内容に、彼は絶句し、彼女のすべて受け入れるはずだった決意はいとも簡単に崩れ去ってしまう。
問い詰めなければ、知らなければ。どんなに悔いても、時はもとには戻せない。
全てを知りたいと思うのははたして愛だったのか?
不安や独占欲からではなかったからか。
その後アンナは失踪する。
この作品は失踪した彼女を捜索するなかで彼女がけして明かそうとしなかった忌むべき過去にむきあおうとする男と、そしてその過去に人生をからめとられた人々の物語である。
冒頭から一気に読者をひきこみ、衝撃的な展開から目が離せない。そしてラストの余韻。
海外ミステリに苦手意識がある方にもぜひ一読いただきたいフランスミステリーである。