サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

店舗詳細

ジュンク堂書店 名古屋店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 名古屋店 名古屋店

フロアマップ[626KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 名古屋店 名古屋店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9 堀内ビル1階
電話番号

052-589-6321

営業時間

10:00~21:00

定休日

8月無休
9月無休

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

JR/名鉄名古屋本線/近鉄名古屋線/地下鉄東山線/地下鉄桜通線 名古屋駅 徒歩6分
ユニモール地下街 6番出口すぐ

店舗地図

Google Mapで詳しく見る

備考

駐車場情報
(1)堀内ビル地階駐車場(8:00~21:00) 100円/30分
(2)ユニモール駐車場(7:00~23:00/240台) 320円/30分

駐車サービス
(30分無料駐車券をご用意しております)

ジュンク堂書店名古屋店にて
3,000円以上お買い上げで … 1枚
5,000円以上お買い上げで … 2枚
20,000円以上お買い上げで … 4枚
※図書カード・QUOカード・hontoギフトカードのお買い上げ、
各種検定・講座の受付のお支払いは駐車サービス対象外となっております。

堀内ビル駐車場入口はビル北側にございます。入口の道は一方通行となっておりますので
名駅からお越しの際は当店を通り過ぎ、ファミリーマートで左折、すぐ次の角を左折して
お入り下さい。

ユニモール駐車場案内

代引きサービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

お知らせ
当店でもPontaカード、dポイントカードがご利用いただけるようになりました。
書籍のご購入200円(税抜)ごとに1ポイントがたまります。
また、ポイントでのお支払いもできます。

しかも、お会計時にhontoカードと一緒に提示していただければ、ダブルでポイントがたまります。
ポイントご利用の際は、ポイントカードをお持ちください。

店舗紹介
ジュンク堂書店名古屋店は名古屋駅から徒歩6分。雨の日も濡れずに、ユニモール地下街からもお越しいただけます。
売り場面積は300坪とコンパクトですが、雑誌・実用書・文庫・文芸・学参・児童書・語学・洋書・芸術書・楽譜と、フルラインナップで、名駅地区唯一のジュンク堂書店として
特に社会科学書、自然科学書、人文書の専門書を重視した品揃えをしております。

ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 名古屋店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @junku_nagoyaten
・LINE@: 「ジュンク堂書店 名古屋店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 名古屋店


店舗画像2

ジュンク堂書店 名古屋店


お知らせ・イベント

名古屋店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

名古屋店の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法 ゴールデン・クリシュナ (著)

さよなら、インタフェース 脱「画面」の思考法

ジュンク堂書店 名古屋店店員

書店員:「ジュンク堂書店名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|名古屋店
ノーインタフェースを目指せ!


今の時代を支えているといっても過言ではないUIについて、これからはノーインタフェースを目指すべきだと著者は訴える。本書は、これからの時代に発信できるシステムを創っていくためのアイデア書ともいえる新しいかたちのインタフェースの書籍である。画面の中の世界だけでなく、広い視野でのデザインの捉え方を提案してくれる。たとえば、毎週決まった番組を見るとき、リモコンを押すよりも、画面をスワイプさせるよりも、テレビが自動的にその番組に切り替わるようにすれば、音声入力さえも不要になるといったアイデアを提唱するのが、これからのインタフェースの在り方だという。こういった具合に日常生活のひとつひとつの行動について、インタフェースと繋げて考えてみると、次世代ツールのアイデアがもう浮かんでくるではないか。インタフェースに無知な私でも、思わずあっと驚いてしまったほどである。インタフェースに関わるひとはもちろん、興味があるひとにもワクワクが止まらない読み応えのある一冊である。翻訳本としても、全く堅苦しくなく、著者の軽妙な語り口が絶妙である。難しい言葉はほとんどなく、わたしたちが日常で耳にするネット用語を用いて、すごく読みやすいものに仕上がっている。